鮎師匠

 「人生に起こることの、ほとんどすべては必然」という人もいるが、どうのような「必然」があったのか、神に聞きたくなった。 元気で、堅牢であった彼は、昨年くらいから確かに老いが見え始めた。 しかし、テニスを日課とし、6月に入れば川の様子さえよければ毎日でもアユを釣りに行く。 川にさえ入れば、「老い」など微塵も感じられない。 引き締まった体と、赤銅色の顔はこの夏も健在であった。 私にアユ…

続きを読む