小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅かった花見

<<   作成日時 : 2015/04/16 20:38   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 3月の下旬には、南風館の桜が満開になる。
昨年のデータでは3月28日が満開だった。
小光子達は今年もあの華々しさに出会いたいと、その時期に南風館への移動を計画していたが、3月中旬に確かめた限りでは、この年の開花は「遅い」とカミサンは言う。

一方、28日.29日は和歌山の山村から、例の「大和捨命荘介」さんが、姫を伴って京都に花見に来ることになっていた。

従い、私達の花見はその前にするか、後にするかと言うことであったが、なんでも「遅い」ことを好むカミサンは後者を選んだ。

荘介さん達は、辰巳橋界隈、平安神宮周辺を遊歩し、そこに小光子が車で合流した。
醍醐寺の花を見て、「竹林庵」に宿泊。夜はいつものように深酒となったが、翌朝は早朝から、小光子と「竹の道」を散歩、ユックリと朝食をし、十輪寺、善峯寺を経由して、大山崎山荘を観光。
14時頃、大阪へ帰っていった。
終始、ご機嫌で、老いた荘介さんが若き日を語り、いい花見となったことであろう。

そして小光子達は、その日の3月29日に、急いで和歌山に向かった・・・。

「満開」の期待を寄せていたが、敢え無く、散りゆく桜を眺める今年の「南風館の花見」となったのである。

画像


これもまた一つの風情ではあるが、悔しいので、以下で昨年の満開の桜を思い出しておこう・・・。

画像


画像


しかし、花は桜だけが花では無い。
小光子は「花より魚」と無粋者であるが、カミサンがここに居つくようになってから、雑草までが活き活きとして、美しくなってきた。桜は散り行く頃であるが、キラキラと輝く彼女達が、私達を迎えてくれたのだ。

画像


画像


画像


画像


                                                2015.3.28〜  春の釣りへと続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
桜はいつも急いで去っていく。今年も、しづ心なく花の散るらむだなあ。また美しく咲いておくれ。来年も見たいから…と祈ってしまいます。
夏野微風
2015/04/17 22:17
色とりどりの花の向こうに
新しい彼女が

南風館には、やっぱり赤がお似合いですね
散ちゃん
2015/04/18 08:54
夏野微風さん、こんにちは!
なにやらいつも春は慌ただしく、ユックリと南風館の花を楽しむことができません。他の花に浮気ばかりするからですよね!
小光子
2015/04/18 10:40
散ちゃん、こんばんは!
新しい嫁さんは、英国から迎えました。
私に馴染んでくれるかどうかわかりませんが、すでに3000km弱の走行となりました。
釣りの方はサッパリです
小光子
2015/04/18 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅かった花見 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる