小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 経済社会の根本にあるもの!

<<   作成日時 : 2013/05/04 21:27   >>

トラックバック 0 / コメント 8

半日帰京を延期して、4月26日(金)夕方京都に帰ってきた小光子。

4月28日(日)は淡路島は沼島で、兵庫県の釣りクラブのチヌ釣り大会に参加することになっていました。

そのためには、翌日27日の日が変わって夜中1時30分には自宅を出発です。
まあ、とにかく、まともな釣りとなると、眠る時間が極端に制限された上に、長時間の集中が要求されるので、この歳になると、効きますね。それに、沼島往復は約400km。そして白浜も同じ位の距離です。
高速道路の長距離運転も、神経を興奮状態にしているのでしょうね。
疲れているのに、いい眠りができない小光子です。

まあ、釣りをしない人は「そこまでしてやらなくてもいいのに・・」と思うのは、間違いないでしょうが、何事も「生き方」の問題として、片付いてしまいます。

夜中3時半にマクドを食べながら大会ルールの説明。
画像


その後港に移動して、くじ引き。
小光子はやはり2番船のトップで、6時過ぎに乗船でした。

画像


今までに3度しか、この沼島には訪れていません。

1度目:チヌ8・9匹・・・・青磯ホンケ
2度目:ボウズ・・・・黒崎ーー>波止
3度目:ボウズ・・・・ヤカタ−ー>岸の見(10分程)ーー>ヒトツバエ

そして、今回2番船のトップで上礁するくじを引いた小光子は、青磯のハナレを言われました。
「上がりますか?」と聞かれたのだけれど、経験の無い磯の方がはるかに多いので、今はどの磯でも知りたい。とにかくOKです。
満潮時少し前だったので、僅かな足場しかありませんが、潮が引けば余裕かと・・・・・。

画像


小光子、意気揚々で用意をしています。
遠目から見ると、この磯はこんな感じで、左が小光子。向かって右が、小光子が沼島1度目に上がった青磯ホンケです。
画像


最初は全く様子が分からないので、全誘導で仕掛けを投入です。
何の反応も無い状態が少し続きましたが、しばらくしてラインがユルク走ります。
「バシッツ」と合わせました。しかし何の手ごたえもありません。
同じことが、もう一度続きましたので、仕掛けを半誘導に変更し、3ヒロ強にしました。
すると、ゆっくりウキがしもります。
「バシッツ」・・・・?
また、素針です。

うう〜ん。ひょっとしたらアイツ・・・・?

今度は柔らかく竿を引いてみました。
「グルグルグルルルル」。やはりでした。
上がってきた奴は、いい型のアジでした。

それから4・5匹、同じく美味しそうなアジが釣れるのです。
この日はチヌ釣り大会なのでアジを釣っている場合ではなく、キープするのは面倒なので、すべてリリースしていました。しかし、持ってきたライブウェルをセットすれば、活かせて保つことはできるかと、海水を汲んでセットし、それから、5匹程、いい型のアジを釣りましたか・・・・・。

そして、いつしかアジは釣れなくなり、エサが残って来ましたので、少し注意はしていましたところ、また、ゆるりと、ウキがしもるアタリがあります。
同じように、ゆっくりと竿を引いてみました。
ところが今度は、「グングン」と竿を締めこみます。
「やっと来やがったな!」と、急いで取り込みにかかりました。
かなりいい手ごたえです。こういう時は、絶対にひるんではいけないので、強引に竿を立てて、浮かせて弱らせようと、リールを巻いたとき、「スポッツ」と重みが無くなりました。仕掛けを取り込んでみると、針は付いてます。

「またアジだ」と思って、合わせを入れていませんでしたから、多分、硬いチヌの顎に遮られて、シッカリと針が刺さっていなかったのだと思います。

それから10分程してか、10時は過ぎていたかと思います。
磯変わりを聞く船がやってきましたが、バラシた直後の小光子。これからだと思い、磯変わりを断って、ハナレに居座ったのです。

その間に、koujiさんご夫妻の奥様の方は
画像

何時もの事のようですが、カッコいいですね!7枚の釣果です。


一方koujiさんは、さらにカッコいいです。
画像

でも3枚の釣果でした。よくあることのようですが奥様の勝利ということです。
磯は小光子が3回目の最後に上がったヒトツバエではなかったでしょうか・・・・?

しかし、彼等は沼島の主なんでしょう。どのような条件でも何とか釣果を上げられるのが、流石というものです。
磯の熟知とともに、その場所に対処する引き出しが多いのではと思います。

一方、小光子はそれから色々やっても、苦戦。時間の経過とともにエサ取りもいなくなってしまいました。
しかし、隣の「青磯のホンケ」は絶好調。

何度、竿を伸されて仕掛けを切られても、いい型のチヌを何度も取り込んでいます。
1人で7匹、49cmを上限に、2人で二ケタ、釣ったようです。

2便目の迎えは14時と聞いていました。
13時になり、またボウズかとあきらめムードの小光子。
力なく残りの撒餌を撒いていたとき、左手に持った竿に「グン」とアタリがありました。
「えええ・・、意外」と思い、取り込んだチヌは、恥ずかしながら、38.5cmだったか・・?

しかし、それからもアタリは続かず、13時半になったので、片付けて、船を待ちました。
ライブウェルには、チヌ1匹とアシ5゙匹が泳いでいるだけです。情けない気持ちで眺めていた小光子でしたが、14時を十分に過ぎても迎えの船はやってきません。
釣り客が多くて、一旦港に帰った様子はわかっていたのですが、結局迎えに来たのは15時をゆうにまわってからでした。海水ばかり入って中味のない重いライブウェルは見っともないので、水を抜いて、魚を〆て待っていた小光子は、アジがいたまないか、気が気ではありませんでした。
磯でボーっとして、船を1時間45分も待ったことになります。

画像


結果は26人中16位というところで、お粗末な釣果に、白い帽子の商品に慰められた小光子だったのです。

ここで釣りをすると、帰りはいつものこと、西宮付近で渋滞に会い、190kmを4時間ほどかけて、我が家に辿り着いた次第です。

それで、1日おいて30日、天候不順でテニス参加が3人になり、シャカリキに3時間、テニスの練習をやり続け、腰痛が再発して現在に至ります。

山を登って遭難し、救助隊に面倒をかける人。
ヨットに乗って、漂流する人。
酒を飲んで、酔いつぶれてしまう人。
彫刻や絵に、投資目的ではなく多額の金を使う人。
お金も無いのに高価な洋服や宝飾品を買う人。
骨董品を買いあさる人。
園芸が高じて、山一つ買ってしまう人。
騙されているとわかっていながら、男性や女性にお金を使う人。
等々、興味の無い人からみれば、バカの骨頂ですね。

でも、人間というものは、そんな意味のないものに喜びを抱ける不思議な生物なんじゃないかと思います。

経済的に無意味なことをする人が根本に在って、今の経済社会が成り立っているような気がする小光子が、腰の痛みを抱えて、自己弁護しています。
                                                        2013.05.04

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
テニス、釣りかなり精力的に行ってますね、白浜や富田の磯もいいですけど、田辺にテニスに来たついでに天神崎で釣りもいいですよ、今はチヌも釣れてますし、昨日は 70オーバーの真鯛も出たみたいです。
まっちゃん
2013/05/06 13:48
まっちゃんさん、こんにちは!
天神崎は矢口潜水のところを海側に入ってゆき、トイレもあるところの防波堤なら、カミサンが釣りをしたい時に2・3度行ったことがあります。
磯へ降りて行ったことはありません。余りに釣り場が広範囲にあるようで、どこへ行けば良いのかさっぱりわからないのです。また、良ければ、その辺まで行きますので、教えて下さい。
へっぽこ釣り師ですから、場所は荒れることはありませんから・・・。
小光子
2013/05/06 16:36
また来られた時は教えて下さい。

天神崎周辺は全体的に磯が低いので、大潮満潮時はほとんど沈んでしまいます。
何ヶ所はなんとか出来る場所がありますので、またお教えします。
まっちゃん
2013/05/06 18:34
沼島大会お疲れ様でした!往復400kmの長距離ドライブもご苦労様でした!
腰痛再発ですか?(^_^;)ちょうどマクドでお話していた、年に何度かのやつですね!私の腰痛がうつってしまいましたか?私もいまだに完治せず、困ったものです。

沼島の磯、近いうちにリベンジに行きましょう!


kouji
2013/05/06 18:38
まっちゃんさん、明日から一週間ほど白浜にいるでしょう。よければ、このブログの「メッセージを送る」から入って、連絡手段を送信下さい。
小光子
2013/05/07 18:06
koujiさん、腰痛に苦戦していましたが、本日、3時間テニスをしてきました。サーブ・ボレー共に絶好調でした。
明日から、白浜滞在ですが、どれ位釣りができるかな・・・?
沼島、「行きますよ」。
まだまだ、知らない磯がイッパイあるので、探究しなければなりません。釣果はそれからですから・・・!
小光子
2013/05/07 18:12
先日はお疲れ様でした!帰り道の渋滞表示がすごかったので無事帰り着かれてなによりです。
自分も日々酒を飲んでは酔い倒して、騙されまくっていると分かりながら女性にお金を遣い、買った方が断然安い魚にセッセと高価な餌をばら撒き、やれ愛媛や高知やと枯渇資源の化石燃料を垂れ流し続けています(笑)
やはり人間の業の深さの中に経済活動が保たれているのが良く分かります。無意味な事に意味を見出してこれからも無駄遣いに励みたいと思います(笑)
のぐお
2013/05/08 09:23
のぐおさん、貴方のような方がおられたら世界は平和で、永遠だと思います。
私人生、時間が無くなってきましたが、のぐおさんに負けないように、バカをやり遂げたいとおもいます。
小光子
2013/05/08 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
経済社会の根本にあるもの! 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる