小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS モンスター遭遇

<<   作成日時 : 2012/12/03 20:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
(小光子の根掛かり奮闘画像)

 京都の紅葉も盛期を過ぎた頃、南紀のモンスターもそろそろ冬ごもりをしないかと気が焦り、今月は3度目の南紀通いと忙しい。

画像


11月29日(木)
14時過ぎに、通い馴れた磯に着いた。
ヘラ釣り場は、このアタリで最も楽に釣りができて、モンスター遭遇の確率も高いと思われるのだが、さこドンは、生まれた時から決まっていたかのようにヘラ釣り場に、鮎師匠は、最近良い目をしているその左に陣取った。
決して悪いことばかりでは無いが、二人は何かにつけ「虜」になりやすい性格なのかもしれない。

しかし、潮が低い時、こちら向きは、それ以外にいい場所が無い。波が少ない時は尚他の場所はダメである。
ゆえに、3人釣行時は、小光子だけ、暗くなって潮が高くなるまでは、周囲の磯へ放浪の旅に出ることが多いのだ。

従い、タックルの用意は磯に着いてから、その日の状況に配慮して行う。
一方2人は、あらかじめセットした仕掛けで、せっせと先に釣り始める、というのがいつものパターンなのだ。

この日は、波は小さいが、北西の風は多少吹いている。
昨年の冬、北西の風を背に、少し遠投してグレをよく釣った場所を覗いてみた。
潮の色は良し。しかし、潮時が早く、極めて浅い。波気が少なく、魚はこの入り江に入っていないと思われた・・・。

小光子はこの場所は見過ごし、表の南端の広がるサラシの横の少し淀んだ磯際で、グレを狙うことにした。
この場所は昼間のグレネライの場所で、40オーバーの口太なら何度も釣っている。
そして拡散するサラシの中では、なぜか30以下の尾長だが、よく掛かってくる。
しかし、釣りムラがある場所だ。

最初は刺し餌が残ってきたが、ベラ、ガシラ、などが釣れ始める。
多分、まったく人が入っていないような状況だ。

「やはりダメかな・・?」と思っていた頃、少し沈めていたウキが、海中へ消えた。
「バシッ」と強く合わせた。
ドンと乗った手ごたえは、充分に重たい。
「ヨーッシ、負けるか!」っと、両手で竿を持って、磯から離すように、強引に竿を立てる。
アテンダー2.25号、4号道糸、4号ハリス。タックルはかなり強い。
胴の柔らかいアテンダーの穂先はリールのスクリユーシートの付近まで曲がっている。
「シメタ!」、奴は磯から離れ、左向きに磯に沿って釣っていた小光子は、沖に正対してやり取りできている。

「コレは採れるぞ!」。

小光子は巻いて、また竿を絞った。

やがてウキが見え、魚体が現われた。

なんと、立派なグレである。

「ヨシヨシ、これは小光子の記録更新だ。おとなしくしろよ・・・・・・!」

小光子は少し後ずさりし、置いてあるタモに手を掛けた。
その時、奴は反転し、また強烈に潜った。
左手一本で竿尻を下腹に当て、グイっと堪えた時、スパッと、軽くなった・・・・。

・・・・・・・、あれだけのグレは滅多に掛かるものではない。
仕掛けを回収したら、針のチモトの巻き目途中で切れたのであろうか、ハリスの先端がバネのようにカールした状態である。尾長か口太かは確認できなかったが、あのシーンで、ハリスのあの場所が切れるのは、限りなく尾長グレの50超えであったろう・・・・。魚体は裕に50を超えていたのだ。

あまりの残念さに、しばし放心して座り込んだ小光子であった。

「・・・たら、」なんて言うのは、女々しい男の言うことであろうが、あと3mmでも、浅く掛かっていたら・・・・、とかえすがえすも悔やまれる。針はzeek尾長6号であった。
なんとも痛恨のバラシとはこのことである。

時間を見たら16時半を過ぎて、陽は西に傾いていた・・・。

その後は、無数のイサキの子供達の猛襲に会い、嫌気がさして、その場を後にしたのである・・・。
                                                      (続く・・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
惜しい!悔やまれますね!
やっとモンスターの顔が見れたのに、あと少しの所で残念ですね!正体が見れただけに悔しさ倍増!(笑)
ってことは、モンスター退治はまだまだ続きますね!良かった良かった!!(笑)

kouji
2012/12/09 20:33
koujiさん、姿を見せるまでいった大物の取り逃がしは、まさに悔しいですね。
 しかし、尾長は48cmしか釣ったことはないですが、それをゆうに超える今回のものでも、引きの強さも、重さも、後の2発はゼンゼン違います。今回のは、まだまだこちらに余裕がありましたから・・・・!
小光子
2012/12/10 17:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンスター遭遇 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる