小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 強風下の幸運

<<   作成日時 : 2011/12/06 18:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

磯釣りの記録を残すつもりではじめたブログにもかかわらず、なぜか最近忙しくてブログアップを怠っていた。
しかし1年前の今頃と比べると、今年は少しだが釣行回数が増えた。
昨年の今頃は、恍惚の人となっていた父に寄り添いながら、枯葉の散るのを眺めている日々を送っていた小光子であったからだ。

2011年11月23日はサコドンが先行釣行した。
彼は13時半頃入り、19時半ころまで頑張ったそうだが、30オーバーの口太1匹だったらしい。
翌日、校長先生・鮎師匠・小光子にて、昼過ぎに南風館入りした時には、刺身とグレアラと他魚の煮付けにして、馳走してくれた。

24日は4人で行軍した。潮は何とかギリギリのところで行軍路を空けてくれている。
しかし、なんとも北西の風が強いのだ。波頭が白くなっているが、この風は、大きくは紀伊半島に遮られ、比較的大波はたちにくい。近くに大きな低気圧さえなければウネリもなく釣りはできる。
小光子は「釣行可」と判断し進軍した。

磯は初心者の鮎師匠なので、「最も釣りやすく、ヒットの確率が高い場所へ入れてあげてくれ」と同行者にお願いし、サコドンは自分が「介護人」を申し出、鮎師匠の隣に入り、校長先生はいつもの定位置に入った。
となると、小光子はここに並んでは釣りをすることはできない。

風速9m/sec。高場に立つと体がふら付きそうになりながら、釣りができそうな場所をさがしに旅にでた。
偏向グラスをかけて海を見渡しながら迷うこと10分、いつもはやらないところに、いい潮目が出来ている。
おまけに、強風は背後から吹いている。
撒き餌は難なく遠投できるし仕掛けの投入も容易い。
しかし、背後から吹く風が強く、磯際には危険で立つことができない。取り込みの時には充分な注意が必要だが、そうなれば、なんともラッキーなことだ。
何度もこの辺りで釣りをしている小光子だが、一度もまともに入ったことのないポイントである。

ボイルオキアミを風に乗せて、潮目に引かれる場所に数回投げて仕掛けを投入する。
10回程打ち返したか?
毎回エサはなかったが、浮かせていたウキが消しこんだ。
しめた!
あわせた。
ナカナカいい手ごたえだ。タックルは2.5号ハリス、3号道糸に1.75号アルマだ。
結構、強気に寄せることができる。
後ろにおいてあるタモを、後ずさりしながら取り、仕方なく慎重に磯際に近づいた。
最後まで良く引くやつ。それはグレに違いない。
踏ん張っているので意外と背後の風は気にならず、一発で掬い、会心の一匹であった。

画像


口太45cmをタモに入れたまま、3人が並んでやっているところへ保管にいった。
真昼間に大きなグレは釣れない周辺なので、サコドンは驚いている。

しかし、寒の時期には釣れることを小光子は経験しているのだ。

その後、かなり手ごたえのある奴のスッポ抜けが1度あり、結構楽むことができた強風下の釣りであった。

画像



画像

他にアイゴを2匹。

上記画像の30cmグレ1匹は校長先生が捕ったものだ。

完全に暗くなってから、高場がアブナイこともあり、3人が並んでいる場所に、お茶を濁しに入った小光子。校長先生が仕掛けを直している間に、振り込んだ彼の釣りエリアでヘダイを捕ってしまった。偶然だが、誠に申し訳ないことである。

最近の傾向だが、暗くなってから磯アナゴが食ってくる。今までには無かったことだが、どうしたことであろうか・・・・・・
小光子は最後にアナちゃんを釣って、竿を仕舞うことにした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやはや大漁ですね!体高の有る美味そうなグレですね!ところで、画像のキツはどのようにして食べましたか?私は一度も食べた事が有りません。周囲でも誰も持ち帰りませんので、イマイチなのかと…(^_^;) 実際のところどうなんでしょうか?
kouji
2011/12/09 20:13
釣ったときに泥のようなものを放出しますので、「ババタレ」なんていってキライますよね。
しかし、南紀以南では寒の時期は普通に珍重されています。
60cmともなると新鮮なものは1万円以上で売りに出たりもします。
小光子も物好きだから、秋に食べてみました。2口食べて、臭くてうけつけませんでしたが、この時期ともなると、臭みがなくなり、とてもおいしいです。スキヤキ風の鍋や、普通の水炊きで、濃い目のゆずポン酢で食べるのが旨いかな。
皮と身の間部分のコリコリ感もいいですし、あの長い腸を綺麗に水洗い(内容物を出す)して、日本酒に2・30分漬けておき、私はサット鍋にとおして、ポン酢で食べます。醤油をたらし、生で食べる人もいます。
いずれにしても、好きな人はマダイよりもはるかにウマイ、といいますよ。
小光子
2011/12/10 11:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
強風下の幸運 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる