小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 退職お祝い(4月7日)

<<   作成日時 : 2009/04/13 21:40   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 春爛漫、入学式の頃ではあるが、同時に卒業式の頃でもある。
長い年月を重ねて、共に喜び、、共に辛酸を舐めた縁深き人が、年上だが、この度、小光子に遅れて退職した。

4月7日は友引、小光子の家の慶事に、ご夫妻がお祝いを持って来てくれた。
そして、小光子は「退職のお祝い」をしたいと思い、昼食をご馳走することにした。
男として「仕事という役目」を立派に終えた、目出度い退職であるから・・・。

京都、今は東の方の祇園等の料理店が良く知られているが、「京都着倒れ」と言うように、長い着物文化の流れの中で、西の方の生産の「西陣」から、少し東へ行った販売の「室町」、と着物に携わる地域に、京の食文化を培ってきた質の良い料理店が、今も数は少ないが残っている。
この辺りの料理屋さんは、色濃く京都の食文化を残していると思うのだが、派手な宣伝をしない為に、あまり知られていないようにも思う。

この度訪れたところは、一昔前まで、着物問屋の町として栄えた「室町の旦那衆のお気に入りでは・・・」、と思われるような「木乃婦」という店だ。


画像

結構大きい店構えなのに、観光客ならば、必ず料理屋とは解らなくて通り過ぎてしまうような店構えだ。京都独特の細長い店の奥には、このような座敷がある。



画像

つい最近までは、きっと単なる座敷であったろうに、30cm程、床を落とし、座の低い椅子を置いて、和室の風情を壊さず、かつ、正座しなくて良いように工夫して改装してある。


この日は、昼間なので、ミニ会席にこの店の特徴的な一品「フカひれとゴマ豆腐の鍋」を追加してもらった料理をお願いしておいた。




画像

(桜八寸)
会席には必ず最初に出てくる。料理人の美的センスを問われる・・。




画像

(お造り)
小光子は釣り人、釣りたてのあのコリコリした感触の刺身が好きだが、色からしてはっきりわかる天然マダイの刺身は、ちょうどいい加減のネカシ具合だ。




画像

(お椀)
この「しんじょうのお椀」は驚きだ。とてもシンプルで庶民的。だのに、関東の人なら、「さ湯の椀」かと思うくらいの味加減である。
この地域、やはり本格派の椀である。
最近の京料理の店では、老舗でも一般向けするように、もう少し味が濃い。
勿論、小光子はどちらも好きであるが・・。




画像

(揚げ物)
揚げ加減頃良し



画像なし
(炊き合)



画像

(フカひれとゴマ豆腐の鍋)
小光子は酒飲みのクセに少し「甘口」、勿論人間も甘いが、もう少し甘味があるほうが好みだ。



画像ナシ
(蒸し物)



画像ナシ
〔水物)
現代風に、日本文化を濃く出しながら、美しくつくってある。
小光子、いつもの事だが食事も終盤になると、お酒と超仲良しになってしまって、撮影の仕事を忘れてしまう。バカは何年経っても治らない・・・・。
画像を残せなかったのは残念だった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが小光子さん。風情ある京料理でのおもてなし。
小光子の家の慶事、昨日のテニスのとき聞いたお話だと思います。お祝い特にできませんが、おめでとうございます。
おもてなしは勝手ですが、ブログで頂きます。
EGA
2009/04/14 08:36
アラマー!奇遇ですね!
小生も同じ場所で11日、親族の慶事をやってたんですよ。私達は二階でした、写真からだと一階ですね。
洛西のシン
2009/04/14 18:16
egaさん、おいでやす。
私のブログでおもてなしができるなら、お安い御用。しかし、egaさんのように、キチンと料理の撮影が出来ないのはいい加減な小光子の特徴です。全部撮影できたら、もっといいおもてなしが出来たのに・・・。
小光子
2009/04/14 18:47
 シンさん、同じ京都の空気を吸っているとはいえ、ホントニ奇遇ですね。
シンさんところも、誠におめでとうございます。
 私の方は目出度いというよりも、アンなのでいいのか?と心許なく思うばかりですが、まあ、これも、まともな教育が出来なかった自分の所為、と思うと、愚息を責めてばかりはいられませんね!
小光子
2009/04/14 18:53
楽しいひと時と、美味しい食事をごちそうになりました、家内共々お礼申し上げます、
退職で一区切りつきました、通過点と感じております、
今後ともご指導よろしくお願いいたします。
ヤマさん
2009/04/16 09:27
いやあ、ヤマさん、来て下さったのですね。「通過点」ですか・・・、本当にそうですね。
私達は皆「死に向かって生きている」と理を捏ねてみると、紛れも無く通過点です。
仕事では見逃していた事を楽しみにながら、生(行)きましょうよ・・・・!
 指導だなんて・・・、今まで横行闊歩でやってきた雑な小光子こそ、よろしくお願いしますよ。
小光子
2009/04/16 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
退職お祝い(4月7日) 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる