小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 蟻島観光旅行(春の海の恐怖)

<<   作成日時 : 2009/03/07 23:10   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 和歌山県中紀では、2月頃、磯からフカセで真鯛が釣れる。
最近不調が続くサコドンの起死回生を念じて、この6日、小光子達は蟻島へ行った。
ここは、四国は徳島の東端と、南北に伸びる紀伊半島の中ごろが最も西に張り出したところの間に、紀伊水道を形成し、その和歌山側には由良港がある。
水深のある湾であることを利用して大型の船舶の造船・修理の会社があるため、大きな船が入ってくる。

蟻島は、その湾を出た外海の紀伊水道の西側にあり、蟻の形をした島だ。
釣りの最中に、入港してきた潜水艦が眼前に浮上してきて、我ながら驚いたことがある。また、ここで小光子はフカセ釣りで初めてウミネコを釣ったこともある。自慢にもなんにもならないが・・・。

 天気予報は「弱雨のち曇り」、「風力2から3」。
時期的には少し遅いが、9時くらいから磯上がりで4時までやれたら何とか釣果を得られるか、と思い、京都を5時に出た。雨は、なにやら「弱雨」とは言えないような感じではあるが、昼から良くなるならいいか、と少し多い目にオキアミを仕入れた。渡船場に着き、雨の中でウエアーを着込んで船に乗り、昼から風裏になるであろう真鯛・チヌ狙いの場所に降ろしてもらった。
餌を溶かす間に仕掛けを作り、潮を確かめて釣り座を決めた。撒き餌もできた。雨は依然厳しいが、潮は・・・?「ううん、ナカナカいい感じ・・」、「いけるかも・・・」。
しかし、時折大きな波がやってきて、大きなサラシをつくる。本来、そんな大きなサラシが出来ない真鯛、チヌ狙いの場所なのに・・・・・・!・?

海が荒れだした。殆どの波頭が白く砕けだすと、当初の予想に反して右横から吹く風が強くなってきた。
糸がフケる。仕方なくかなりボリュ〜ムのあるウキに交換し2BとBのガン球を打ち、沈めて糸ふけに対抗しようとした。しかし、風は益々勢いを増し、道糸は舞い上がる。
クソ!それならと釣り座を出来る限り下に移動し、穂先を可能な限りに下げて、水面に浸かるくらいにもっていき、糸ふけをさせまいとするが、さらに横殴りの風は竿を弓のようにしならせ、仕掛を落ち着かせることが出来ないのだ。

そんな事をしている間に風はさらに強くなり、波頭の白波は飛沫となって吹き上げ、上からも下からも水蒸気のように煙る水攻めに会う2人となってしまった。

 昼から雨はあがっても、この分だと風はさらに強くなるはずだ。まだ準備が出来て釣り始めて30分ほど過ぎた頃だったが(磯にあがって1時間)、さらに風が吹くと、撤収時、渡船にまだ不慣れなサコドンに危険が及ぶ、と思い、残念だが迎えを頼んだ。自然にはギブアップだ。
比較的早く迎えの船が着てくれたが、たくさんの餌が残っており荷物が多い。足場の良く無い磯にまっすぐ立つと、体が風でふらつく中、やっとの思いで船に乗り込み、磯場から撤収した。

まあ、長い磯経験で、渡礁後1時間で止めたことは初めての経験だ。

「春の海」、天気予報はよく外れる。
結局、風力3だった筈の風は、結果風力6の公表になったが、あの場所ではもっと吹いていたかも知れない。
なんとも残念を通り越して、帰ってサッパリしていた小光子だが、起死回生のサコドンはこの日もボウズ、勿論、小光子もお付き合いをする事になってしまった。
サコドン、ボウズ記録の樹立ができそうです。

結果、「サコドンの蟻島観光旅行」は終了となったが、まさに蟻島の洗礼を受けることになったのでした。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
蟻島釣行お疲れ様でした。
渡礁後1時間で撤収とは…(~_~;)
ちょと残念でしたね!
まぁ…安全第一ですから、仕方ありませんね!
「蟻島」地図で見付けましたよ!
こんなところにも島があるんですね。
私達の知らない釣り場がまだまだたくさん有るんですね〜!
kouji
2009/03/08 09:46
 koujiさん、魚の「さ」も感じずに帰ったのは久しぶりです。しかし、春の海は危ないですから。
 「知らない釣り場」、そうでしょ?
私の旅行好きの友人は日本の全ての都道府県を踏破し、今は世界を楽しんでいます。
しかし、小光子はもっとミクロです。
条件が許せば、日本の著名な磯釣り場を全て釣破したいですね。
「小光子の夢」と申しましょうか・・・
バカな夢でしょ!自慢にも何にもならない・・・
小光子
2009/03/08 19:24
小光子さん(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

蟻島残念でしたね、宮城は梅がほころび始め、3月に入って寒い日が続いてましたが、今日は気温12度、暖かくなって来ましたがシーズンは遠いデス。

この、ストレスを吹き飛ばしてくれるような釣行記待ってますネ!
クロ菊
2009/03/09 18:38
クロ菊さん、こんばんは!
しばれる東北の冬、釣り人冬眠なんて、溜まっているでしょうね。小光子はもう年なんでたまりませんが。
たぶん、クロ菊さんは海ネコを釣ったことは無いでしょう?フカセの竿でタコ揚げ状態ですよ!
小光子
2009/03/09 19:19
翌日の8日には、sakaponも紀東・三浦に渡磯していました。春先のお天気と海のご機嫌は、中々噛み合わないですねぇ。やっぱり、ホーム・夢の白浜が一番とも思います。今度サコドンさんとご一緒にリベンジ釣行してくださ〜い。
sakapon67
2009/03/10 22:05
小光子さん、みなさんこんばんは〜。

先ずはご無事で何よりです!何よりも撤退の勇気が磯では大事なんですね。

いよいよもうすぐ、私も釣りに行きます。行き先は仲間のリクエストもあって、若狭は常神半島辺りになりそうです。
さて、海のご機嫌やいかに!?
中川
2009/03/11 00:06
最近、天気予報がよく当たるなって思っていましたが、海の近くは別なんですね。
お二人とも、お着替えは持ってらしたのかしら?そのまま帰ったら風邪をひいてしまいます。
あとくれぐれも波にさらわれないように気をつけてくださいませ。
彩風
2009/03/11 08:47
sakaponさんこんばんは。この6日の天気はひどかったですよ。春はどうも天気運に恵まれない小光子です。
小光子
2009/03/11 18:53
中川さん、こんばんは。
常神岬ですか。6年ほど前、長松さんに宿泊して、御神島のクログリで亡くなった弟と2日やりましたが、狙いのチヌには合えなかった思い出があります。しかし、いいとこですね。あの場所は好きなんですが、こちらからは遠いですね。頑張ってきてください。
小光子
2009/03/11 19:01
彩風さん、お久しぶり。
サコドンさん、まだ、渡船の乗り降りに慣れがないので、あの荒れた海では危険を感じましたね。
磯釣りがやれるのも、「もう10年か」と思うと、なんか信じられないような気がします。
小光子
2009/03/11 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
蟻島観光旅行(春の海の恐怖) 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる