小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘタクソの極み

<<   作成日時 : 2008/10/04 01:26   >>

トラックバック 0 / コメント 16

今日こそは、南紀のモンスターを成敗するぞ!
朝から重労働を済ませ、やはり、3時半に磯に着いた。
昨日よりも海は静か。余りの凪にいつもは殆ど入れないところに釣り座を構えて、撒餌をした。
蜂の巣を巣を突っついたような海のなか、偏向グラス越しに凝視しても、めぼしいお魚さんは居ない。
木っ端グレが大きい針にうるさいくらいかかってくる。
ふ〜む〜・・・、磯に腰掛けて空を仰ぎ、海の彼方に視力を喪失して、冷静さを取り戻そうとする小光子。
10分ほどそうしていたかな、そして、とにかく散歩することにした。
そのうちに、作晩やっていた場所にサラシが出来始めた。
小光子、早速道具をその場所に移動し、昨日のリベンジを始めたのであった。
書けば、本当に長くなる。
結論を言う。小光子はヘタ。「ヘタクソ」です。
モンスターは義理堅く、2晩はすっぽぬかしはしませんでした。
とにかく日が暮れてから、お魚さんの活性があがり、いろいろ、ドンドン釣れる。しかし、小さい・・・。

8時を過ぎてから、小物を釣りながら、巨ボラ6匹の合間に、5回のモンスターがやってきたのである。
4号ハリスが鋭利に切れる=2回、4号ラインのハリスと直結電車結び部が,道糸側で2回、サカポンさんに教えてもらったダイワの新製品、メタルライン2号のチモト切れ。これは4号ハリスが鋭利に切れるため、尾長を想定して結び変えたものだ。何回もボラがかかって、コーテングがはがれていが中のメタル部は綺麗なので、そのままやっていたからだろうか・・・。とにかく、今日のモンスターはスピードが速く、激しい。
しかし、4号ハリス切れ以外の3回は、かなりモンスターに近づいていたと思う。しかし、しかし、ここのモンスターは本当に楽しませてくれる。
ただ、フカセの場合4号道糸使用はもう限界に近い。それ以上あげると釣りにくくてしょうがない。それが結び目の道糸部でブレイクする。さて、コレをどうするか・・・だ?

最近、ちと遊びすぎ、かなり疲れているにも関わらず、気がつけば10時になっていたので、已む無く納竿とした。
モンスター退治は、またも持ち越しになった。
ヘタクソの負け惜しみのようだが、長い間、いい夢をみられ、小光子はしあわせだなあ〜・・・。
コンドコソ・・・・!
ちなみにこの日の魚種は凄い。まずモンスター5回。木っ端グレ、グレ(口太)、チヌ、チャリコ、イサキ、タマミ、ガシラ、巨ボラ6匹、ニザダイ53cm?43cmそして、極めつけは夜9時40分にシマアジが食いついてくる。小光子はいまだかつてこんな時間にシマアジを釣ったことがない。極めつけの不良だ。他、オヤピッチャ、ベラ、南ハタンポ、モンスター以外は小光子が全て本日釣り上げた魚だ。それに釣り上げていない魚で昼間(4時頃)だが、デカイ鮫が磯近くまでやってきた。今日はエサになりそうなサコドンは居ないよ!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいですね。潮に関係ない? 大潮に合わせて白浜へ月2回行くと聞いていたんですが?毎週のように。先週高野山に行ってきましたが、白浜はまだその倍先。これだけ釣れると疲れよりも元気になりますね。テニスも忘れないように。
EGA
2008/10/04 09:23
今回はサコドン抜きでしたか
それにしても、モンスターと何回も楽しめてハッピーでしたね、さぞや無念でしょうが
チャレンジが続くのも良いんでは!
洛西のシン
2008/10/04 18:10
EGAさん、その前に飲み会なんかもあり、どっと疲れましたよ。
でも、一人でやれる遊びで釣ほど楽しいものはありませんね。勿論、それは私が釣が好きだからに他なりませんが・・・。
小光子
2008/10/04 19:17
shinさん、余りに急だったので、今回は誘いませんでした。でも、楽しかったですよ!
小光子
2008/10/04 19:19
こんばんは。
4号ハリスがぶち切られるとは…想像がつきません(~_~;)
私達のような柔なタックルでは全く歯が立たないでしょうね!
モンスター退治頑張って下さいね!(o^-’)b

kouji
2008/10/04 21:25
koujiさん、こんにちは!
そうでしょ、バカみたいなタックルでやっているんです!
比較的小光子は太仕掛なんですが、それでも日本海でのチヌ釣なら、道糸2.5号にハリス1.5から2号までなんです。それが、南紀のいかにも釣れ無さそうなこの地磯ではエスカレートしてこんな仕掛けになっていしまいました。もっと太くしたいのですが、フカセでは操作しずらくて道糸4号以上はやらないだけなんですよ。しかし、尾長もいますから、ハリスは4、5、6号を結ぶものですから道糸側でやられます・・・
小光子
2008/10/05 15:45
よっし!!自分の身体を餌にサメを釣るぞ!!
転職して忙しいはずのさこドン。しかし釣がしたくて仕方ないため、月末に行くことにした…。
モンスター退治任せとけ!!なんて言ったものの本当に大丈夫か!?
輪島さこドン
2008/10/06 09:12
サコドンさん、結論です。南紀のモンスターは非常識です。
軽い竿、操作し易い道糸、食い込みの良い細ハリス、がフカセ釣りの常識です。しかし、モンスターが非常識なので、フカセの常識を持ってしては、あの場所では「捕れない」、という事かな。
 そう考えると、もともと非常識な人間が非常識な道具でやっているサコドンのほうが、早くモンスターを退治するかも知れませんね!
小光子
2008/10/06 10:38
小光子さん 
これだけ仰山釣られても、モンスター君の悠々遁走に・・気持がひっかりますね〜、でも、様々の戦略を懲らして彼との戦いが続く限り、氏の釣りロマンは続くんでしょうね〜。
sakapon67
2008/10/06 20:22
sakaponさん、おいでやす。
そうなんですよ、「ヘタな故、楽しい」なんて、開き直っています。
ちなみに、その日は教えてもらったメタルライン2号を持っていきましたので、2回の鋭利なハリス切れの後、コレを結びました。途端、巨ボラが3回もかかってしまい、少し弱っていたのか、根ズレも無いのにメタルが切れてしまいました。チモトから2cmほど上でした。
小光子
2008/10/06 22:09
小光子さん、こんばんは!
なんとも夢のある釣り場と、その夢のあるステージをしゃぶり尽くすような小光子さんの楽しみ方には、毎回感心します。(^^;
しかし、まあ、凄い場所なんですねぇ〜南紀って。私は暫く関西に住んでましたから分かるんですが、京都から南紀まで通うってのは凄いバイタリティですよ!それにもまして南紀の魅力が勝るんでしょうね。
こちらでも、去年まで波止のモンスターと遊んでいました。あのたっぴしゃんをして3年掛けさせたヤツは2号の竿を満月にひん曲げる○○でした。その波止も今は開発のために立入禁止となって大型工事船が入っています。
夢は追いかけているうちが華なのかもしれません。南紀のモンスターよ永遠なれ!
こっちのモンスターの正体は、第四回勝手にチヌダービーの釣行記『夏合宿!遅れてきた銀鱗!』をご参照くださいまし。
muroken
2008/10/07 00:45
小光子さんコンニチハー♪

モンスター?正体見たいです。
楽しみにしてますね〜
クロ菊
2008/10/07 17:06
murokenさん、こんにちは。
『夏合宿!遅れてきた銀鱗!』を見ましたよ。タッピさんがチヌ釣に行くのはその場所かな?たしか、波止といっていたから・・。でも、もう入れないんですよね?
 murokenさん、そうなんですよ。技術は無くても、熱意があればいつかは幸運の女神は微笑んでくれますよ。
小光子
2008/10/07 18:09
クロ菊さん、小光子が言うばかりでナカナカ釣り上げないものだから、もう「南紀のモンスター」は大人気になってしまいましたよ!
決してわざと逃がしているわけではないんですけどね、なんとなく、釣り上げない方が幸せな気がしてきましたよ・・・・!?
小光子
2008/10/07 18:14
いや〜それにしても南紀のモンスターは
強敵ですね。
ダイワのメタルラインでも太刀打ちできませんでしたか!?
後は石鯛用のワイヤーしかないかもしれませんね。
グレ次郎
2008/10/08 10:36
グレ次郎さん、今晩は!
ダイワのメタルラインは何故切れたのかわかりませんが、4号道糸が単なる引っ張り合いで切れるのは、ちょっと頭が痛いですね。過去にも何回かあるのですが、それ以上となると、風、ラインの重さとウキの関係、そして竿のガイドの大きさ等、でまともに釣が出来ないのですよね?
フフフ、イシダイのワイヤーがたくさんありますから、やってみますかね・・・・?しかし、重すぎて仕掛けが立ってしまい、食わないような気もしませんか?
そして、今度小光子が行くまで、モンスターが待っていてくれるでしょうか?それが問題です・・・。
小光子
2008/10/08 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘタクソの極み 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる