小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 炎天下のテニスと鮎釣り

<<   作成日時 : 2008/07/23 16:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

アツイですね〜。
9時半から11時まで、テニス特訓、その足で車を運転しながら握り飯を食べ、川へ・・・。
画像
美しい「山と川」でしょ?
へへへへへ、単純な名前です。京都は丹波の山中、「美山川」と言うんです。

泳ぎに行ったんじゃないですよ!

例のアレ、「鮎釣り」です。
厚手のウエットスーツ、この時期暑いですね・・・・!。

おまけにテニスでまだ体が火照っている。
小光子、思わず腰まで川へ入り込み、流れに身を預けて鮎を泳がせます。
「う〜ん、気持ちいい・・」、「鮎釣りはこれだからいいなァ〜・・・」
と、喜んでいるのも束の間、首から長い紐で携帯電話を吊り下げているのを思い出しました。

時すでに遅し・・・。携帯電話はおへその辺りの水の中で泳いでました。鮎釣りと携帯はどうも相性が悪い。まだ5回しか行っていないのに、これで2台目です。

で、鮎は釣れない・・・。オトリもヘロヘロ。
しかし、熱い、アツイ。
小光子、携帯オシャカで、ついに頭にきて竿を置き、コンデジを取り出した。
わかるでしょ、このアングル。どれだけ浸かっているか?
画像


ああ、これでさっぱりした。やっと体の火照りが治まったようだ。

しかし、オトリがダウンしたので、まだ、頑張っている師匠の釣りを見学することにした。

「炎天下、鮎釣る人と、釣り見る人」・・・・、と一句できました。
この熱いのに釣りする馬鹿がいる。その馬鹿に輪をかけた、釣りを見るオオバカが居る。という一句でした・・・・。

釣果はあの状態で流石は師匠、20cmをゆうに越すのを一匹かけたが、それ一つで終わり。
小光子は師匠からその一匹の大きな鮎を貰い、ダウンしたオトリ鮎を持ち帰り、焼いて食べました。惨めです。

これで今年入門した小光子、2勝3敗です。鮎釣りも、ヘタですぅ〜・・・・・・。

クーラーの効いた部屋で涼しげな花を見ながら、反省しきりの小光子でした。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オバンデ〜ス!

涼しそうな川の中、携帯をダメにしたのは痛いですね〜
私も昔中学生の頃、近くの広瀬川に鮎釣りに行ってました、当時こちらではガラ掛けが主流で釣行前に仕掛をいくつも作った覚えがあります、けっこう釣ったもんでしたアハ! あのころ、良くブヨに刺されました。
今は、ほとんどがおとり鮎での釣みたいですね。

鮎の塩焼き大好きです、焼く前の鮎の香りが素晴しいですね。
クロ菊
2008/07/23 22:22
彩の風はおっちょこちょいでかつてトイレに携帯を2回落とし、2台ともだめにしました。
で、いまは防水携帯です。
ショウコウシさんにも超お勧めします。

それと、変った花。
名前はなんですか、セツリンコ様。
彩風
2008/07/24 23:32
クロ菊さんも鮎好きですか・・・!
「ガラ掛け」ですか?たぶん、引っ掛けるのかな・・・・?
鮎釣り、今年入門しましたが、「面白い」には違いありませんが、やはり、磯の魅力には負けますね。
小光子
2008/07/25 09:57
彩風さん、そうです。防水タイプが良かったのですが先日買いかえたところで、今変えると不経済なんだよな!花は「朝鮮あざみ」(アーテイー・チョーク)というらしいんです。このガクの部分は食べられるとのことですよ。「あぜみち」で買いました。
小光子
2008/07/25 16:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
炎天下のテニスと鮎釣り 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる