小光子の散歩道20200411

「移動制限」。必要な事態です。 ビジネスの世界から逸脱した小光子は、現役の人と比べれば、特別なことをしなくても十分に移動制限している状態にあるとは思いますが、通常時と違う意識を持つことが必要でしょう。 とはいうものの、足腰の筋力低下が著しい小光子は、4月11日、今年初めて「小光子の散歩道」+α、計8km弱をブラ散歩しました。 まずは、家を出て西に、急な坂道を歩くと美しいため池があります…

続きを読む

グローバル化への警笛―>密やかな花見

フェイスブックを使うようになってから、ブログ更新が少なくなったのか、単に文章を書くのが億劫になったのか、自身でも良くわかないのだが、小光子がブログを休んでいる間に、世の中は大きく動いた。 2020年の東京オリンピックの機運が盛り上がってきたかと思いきや、中国の内陸部で発生したといわれている「流行り風邪」が世界を震撼させ、巨大な資金と労力をかけてきたオリンピックまで潰してしまった。 考…

続きを読む

予測できない日常

運気の変わり目なのか、○○歳を目前にして、今まで経験しなかったことがよく起こる。 死神の気配を感じたこともあったが、「まだ生きよ!」と言うことなのか、きっとこれで復活できたのであろう。 どのような人でも人間である以上、一秒先の事でも予測なんてできないということだけは痛切に分かった。 まあ、遅すぎるといえばそうかもしれない。 内臓の奇病が発覚し、約20日間の入院生活を余儀なくされたが、小光…

続きを読む