小光子の散歩道20200411

「移動制限」。必要な事態です。
ビジネスの世界から逸脱した小光子は、現役の人と比べれば、特別なことをしなくても十分に移動制限している状態にあるとは思いますが、通常時と違う意識を持つことが必要でしょう。
とはいうものの、足腰の筋力低下が著しい小光子は、4月11日、今年初めて「小光子の散歩道」+α、計8km弱をブラ散歩しました。

まずは、家を出て西に、急な坂道を歩くと美しいため池があります。
この時期、小光子が勝手に名付けた「桜滝」が観られます。

桜滝1.JPG
その筈であったのですがこれは過去の画像(2007年」4月)で、今日は同じ角度から、桜滝はどこにも見られません。
どうしたことか、何らかの理由で朽ち果てたに違いありません。正に「栄枯盛衰」を絵にかいたようです。
DSC_0739.JPG

残念な思いを胸に、端正な竹林を抜けると、京都の西山を借景にした大きな通りに出ます。
桜はすでに終盤を迎えていますが、なだらかな山肌に綿花を置いたように存在感を示しています。
DSC_0741.JPG

今日はいつもよりも少し多めに歩く予定で、テニスコートを通り抜けてその先の角を曲がり、河原に降りて、土手を下るコースを歩きました。
DSC_0745.JPG

桜は花びらを沢山散らしてはいますが、今日は土曜日、普通なら多くの花見客がある筈です。しかし、流石に日本人は善良です。
イベントが行われる場所でも、少数の家族連れが、春の陽と戯れているだけです。
そして、若い2人の女性が散る花の下で、三味線の練習をしていたのが、印象的でした。その音色までがキャンバスに描かれているようで、小光子にとっては、今日の素晴らしいイベントになりました。


                                      2020年4月11日 小光子記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • kouji

    ブラ散歩良いですね!(笑)
    それにしてもコロナの猛威でとんでもない事になってしまいました。ここまで酷い事になろうとは想像していませんでしたが、今は現実を受け止め冷静に対処せねばなりませんね。出来る限り他人との接触を避けて、ひっそりと嵐が過ぎるのを待つ事にします。せっかくの磯釣りシーズンなのに… 残念でなりません…。。
    2020年04月11日 23:16
  • 小光子

    そうですね。
    和歌山県の田辺の知り合いも、親戚が濃厚接触者になり自宅待機になっています。
    身近に迫ってきたように感じます。
    しかし、移動制限下ではありますが、白浜も毎月10日以上居住している場所なので、そこまで移動することは許してもらいます。
    2020年04月12日 10:11