能力を持ち合わせた人達

太平洋に面しながら、駆けあがってくる強い南風から家を守るために、周りは樹木に覆われたままにしているので、家の一階から、海は見えない。
しかし、庭の隅に、遠くに磯が見える部分が1ケ所だけ作ってある。
いつもそこから海を眺める習慣のある小光子は、異変に気が付いた。

画像


画像の矢印の先に、2人が釣りをしているのが見える。
小光子は、まだまだ強い体を持っていた十数年前、その磯の近くまで、釣り場探しに歩いたことがある。

異変とは、2人が居る場所は、陸続きではないのである。勿論、小舟を使っても磯に降りることは困難であろう。
後は、泳いで磯を渡るか・・・。しかし、この寒の時期、それも考えにくい。
疑問に思いながら、京都に帰る道すがら、近くの展望台に上がって、眺めてみた。

画像


謎は解けた。独立した磯の手前に長いアルミ梯子が置いてあるのが見える・・・・・。

しかし、ツワモノが居るもんだ。何も持たないで、その場所まで行くのにも、強い気力と体力を要するにも関わらず、重い釣り具と長い梯子を運び、それを離れた磯に渡し、曲芸まがいのことをやってから、釣りをしているのである。なんとも、この執念には頭が下がる。

日本は資本主義の国でもある。
生活するには、まずはお金を稼がなければならない。
この釣り人の仕事を知る由もないが、この気力と体力をもって仕事をすれば、いい仕事ができると思う小光子だ。ただ人間というのは不思議な生き物で、持ち合わせた能力を、どの方向にも発揮できるとは限らない。
だから、オモシロイのだ・・・・。

反対に小光子の場合、釣りの素養という能力が乏しいにも関わらず、釣りが好きで、そこに長い時間と金銭を注ぎ込んでいることは確かである。矛盾があるのは解かっているのだが、たぶん体が動かなくなるまでやめることはないであろう。
この2月の釣りも、ボウズが続き散々であったが、同じ穴の中のムジナと共に、楽しい釣りができたのである。

矛盾・不思議といえば、世界を代表する極悪人2人が仲良さげに握手をして、2人でメシを食っていることが報道された。何人もの人を拉致して監禁したり、実兄を殺したりしたら、普通はそれだけで極悪人、監獄行だ。
そのような男と、「信じている」とかなんとか言って握手をしている男は、やはり同類としか言いようがない。国民の為でもなく、国の為でもなく、己が手柄の為に、詭弁ばかり使って、堂々として自分を押し付ける男が、鼻持ちならない2月の終わりである。
なぜ、あの人たちに、大勢の人たちが旗を振るのか不思議で、矛盾があるのだ。
なし崩し的に核保有を許してはならない。
お祭りで騒ぎではなく、静かに冷静に、話し合いを続けて欲しいものだ。

2/17
潮時と天候の加減で、あまり行けなかったホームの地磯での釣りは、ヘダイのオンパレード。

画像


2/21
この日も強風とウネリで、どちらかといえば好みではない磯にしか上がれなかったが、23~37cmのグレがたくさん釣れた。

画像


2/22
翌日、風がやんだので、もう一度同じ渡船店に行ったが、客は超満員。
この日も午前中は無名磯になってしまったが、活性高く、小さめのグレがたくさん釣れた。
昼から、私の好きな磯が空いたので、磯変わりさせてくれたのだが、状況は一変。まったく活性がない。
この磯の好きな理由は、右冲へ流れるのぼり潮に乗せて沖で食わす、スケールの大きさがあるからだ。
そういう潮があるときは、大抵の場合、いいグレが釣れるのだが、この日は全くエサが残ったままで反応無なのである。仕方なく、手前のエサ取りが居るところを狙って仕掛けを入れると、強い引き味の魚が連発した。
画像

犯人はこやつである。50cm弱のニザダイの3連発。腕がだるくなり、一休みして、ハリスを1.75から2号に変更。
食わなくてもいいから、半ヒロ、棚を浅くして再挑戦。またもや強烈な引きだが、あえなくハリス切れ。それから何やかやと苦闘したが、さらにハリスのチモト切れが2回続き、ギブアップした。
引き味とハリスの切れ方から、きっと大きなイスズミの仕業であろう。

私の好きな磯には、この日グレは不在であったが、それなりに釣りを楽しんだ小光子は、2月の釣りを終了することにした。

今年の寒グレの終期は早く訪れるのであろうか・・・・・・・

                                                      2019.2.28  小光子

この記事へのコメント

  • kouji

    お久しぶりです!お元気ですか?
    しばらく更新がなかったので…
    といっても私も同じなんですが…(笑)
    まさか入院されていたとは思いもしませんでした。いつも元気な小光子さんに何があったのでしょうか?
    5月にはリハビリ兼ねて沼島でのんびり竿出ししましょうね!
    2019年04月17日 22:11
  • 小光子

    長らく放置している間に、サイトの雰囲気が変わりましたね!
    今まで、内臓疾患は全く無かったのですが70歳を目前にして、「上皮性肝膿瘍」という奇病を患い、あの世の入り口だけ、見てきました。
    現在は、釣りにも、テニスも始めましたが、以前のようには、まだまだです。
    2019年07月11日 11:32