偽装問題

画像

添え木が異常に大きいイチジクの木。なんだかアンバランスなような気がするのですが、3転4起なのです。
まずは台風21号、そして24号、25号とそのたびに倒れ、添え木を強化したことによるものです。
画像


画像


葉っぱの大きいイチジクの木は、風がよく当たる場所に植えるべきではないのでしょうね!
しかし、倒れて1週間以上の放置が、3度も続いたのに、起こしてやって治療(水やり)してやれば、生き返ります。すごい生命力のある木ですね。

台風の通り道である日本列島。今年は特にひどかったように思います。
あまりにひどく汚れた日本列島を神が浄化しているのでしょうか?


秋がやってきて、何事もなかったように、今は小花が咲く庭になっています。
画像



検査データーが改ざんされた多くの免振ダンパーが、沢山の大規模建築物に使われていました。
大地震を想定すると、身の毛がよだちます。
前後しますが、三菱自動車、旭化成、神戸製鋼、東洋ゴム、東芝、三菱マテリアル、三菱アルミ、等々、記憶にあるだけで、この種の不正の枚挙にいとまがありません。
これは、表にでた会社だけではなく、日本だけでもなく、企業風土に潜在している何かに起因するものとしか思えません。

以前小光子はモノづくりしていました。

得意先から要求されてくる精度はとても厳しくて、クリアできる個所や、頑張ってもできない箇所がありました。
しかし、それでも他の国の製品と比べても、明らかに品質が高いものでした。
得意先は販売計画の時期が来ると、クリアできていない箇所は全て、「特採」、つまり特別採用にして、小光子の会社の製品を使ってくれました。
そんなことの繰り返し、つまり「厳しい要求精度」は私たちのさらなる技術の錬磨に役立ちました。
しかし、ずるい得意先の支払い時期延長に利用されたりもしました。

「厳しい要求精度」はお代官様を成立させていました。ここが今の現象の重要なところです。

また、常態化した「特採」は上層部の見えないところで蔓延して、大きな問題となることもありました。
これも「なれ合い」の一種です。

つまり、「目標精度」と「保障精度」の区別がついていないのです。いや、お代官様は、そんな議論をしたくないので、放置されていた感があります。

また、原因の一つに「法令の内容が実態に反している」なんてこともあるかも知れません。

さらにまた、社内や業界内における強い権力(圧力)なんかも原因しているのかもしれません。

しかし、小光子は思います。大メーカーのデーター改ざんなどは、現在のこの自由な社会では、容易に内部告発が発生するということが、何故、お偉いさん達には想像できないのでしょうか・・・。わからないことだらけの世の中です。

これは、もっと大きな台風で、神様から罰を受けなければならないかも知れません。


愚痴はこの辺にして、こんな社会から遠く離れてしまった小光子の最近の釣りを記録しておきます。

8月も釣りには行っているのですが、記録を怠っています。たぶん、めぼしい釣果はないのでしょう。


9月17日
ここはある波止です。特殊な環境といっていいのか眼前に沢山の魚の養殖生簀があり、自動餌やり装置がついてます。時期的なものはありますが、大グレ、真鯛、大アイゴ、等が釣れるのですが、オキアミなんかはフカセ釣りのエサにはなりません。成長促進なる何かが入っているので、どの魚も、早く大きくなると、巷の人は言っていますが、確かに大きいグレが釣れます。
真鯛は天然、養殖と混ざって釣れますが、大抵の場合、養殖の場合は、片目が無いとかの奇形です。
養殖業者が選別して、生簀外に投げるのです。

画像


画像は撮影の問題で真鯛は黒っぽいですが、実は綺麗なpinkで57cm、スカリに長いこといれておいたので、尾びれも貧相ですが天然です。もう一匹45cmの真鯛が釣れましたが片目でしたので、子孫を増やすべく放流しました。アイゴは、これも成長促進エサの加減か45cmもありました。


9月19日
この日も、ホクリンさんが来て、その釣り場に行こうというので、付き合いました。
私は画像の魚でしたが、ホクリンさんは40~45を五枚釣りました。流石です。

画像


この間も釣りには行っていますが、データー保存を怠っています。


10/4
天気はもう一つでしたが、何とか日本海の船釣りに出ることができました。
少し船酔いをしましたが、何とかヒラマサをゲットできました。
また、美味しい「ブドウイカ」もたくさん釣りました。


画像

画像



画像


10/14
まっちゃんが誘ってくれて、天神崎の磯に夜釣りに行きました。
私は、このコロダイ45cmしか釣れませんでしたが、まっちゃんは54cm?を釣りました。流石です。
やはり、コロダイの突進力は魅力ですね。
画像


10/15
久々に近くの渡船に、半夜釣りに行きました。
苦闘の末に、47cmのグレを釣りました。ここではこんな大物はめったに釣れませんので、うれしかったです。
画像


10/16
釣り友の山の家で、10人の大宴会をして、記憶を失いました。
いつものことであることと、二日酔いはあまり無いほうなので、早朝5時過ぎに、寒さのあまりに目が覚め、白浜に戻り、後片付けをして京都に帰還しました。

こういう疲れることを連続してやることは、これから避けなければなりませんね。
年齢は、やはり、うそをつきません。まあ、偽装もないでしょう・・・。
昨年から今年にかけて、私の釣り友は一人亡くなって、2人重病にかかり手術の羽目になりました・・・(泣)
そうだ、私の手首の手術を含めると3人です。







この記事へのコメント

  • kouji

    知らないうちに、結構釣りに行ってたのですね!楽しんでますね~!
    くれぐれも体を大切に… 無理をなさらない様に!(笑)
    2018年10月23日 21:09
  • 小光子

    koujiさんも、相変わらずアクティブですね。
    手首が、テニスにはかなり物足りないので、釣りしかないです。最近、年齢相応に船釣りもやっています。
    土産には事欠きませんが、やはり、「磯」ですねQ
    2018年10月24日 20:52