光のどけき・・・

秋雨のような春雨の一日だった。

手首が痛くなって、テニスすることを諦めたのが昨年の9月2日。
その後、医者探しに病院通い。そして手術をした。

術後2ケ月と10日程だが、重い荷物を持てなかったり、釣りで、勢いよく撒餌が出来なかったり、不自由であるが、何とか釣りは出来るようになった。しかし、ラケットは振るだけで痛い。
テニスはできないでいる状態が、かれこれ7ケ月以上も続いている。
肩、上腕、腕、の筋肉は著しく落ち、握力も昨年の1/2だ。
勿論今、リバビリを頑張っているところだが、推測するに、元のようなテニスができるようにはならないような気がする。

今までできていたことが、できなくなることは、とても寂しい。
しかし皆、いずれ呼吸すらできなくなり、「あの世」に行くのだから、この歳になって改めて寂しがることはない筈だ。
身近にいた長生きの両親をおくって久しくなると、実感としてそれが解る。

また、何かが出来なくなることに因って、あらたに何かが出来るようになることもある。

人間の「美しい花」にしか興味が無かった頃。

借金を返すのに、お尻に火が付いたように、駈けずり回っていた頃。

もっといい会社にしたく、リスクを顧みず、設備投資に賭けていた頃。

そして、業種柄、先が見え始めて、終わりを模索していた頃。

それらの頃を振り返ってみれば、自然の美しさや、花の命を感じることなど微塵も無かった私だった。
我がブログの題名「小光子の心」にも、失ったモノの後に、新しく得るものがあることがわかる。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


                                                 2018.03.29~04.04

この記事へのコメント

  • kouji

    今までできていたことが、できなくなること…
    私は近くのものが見えなくなりました!(^^;)
    老いには逆らえませんね!(笑)
    2018年04月09日 19:58
  • 小光子

    近くは若い人達に頑張って処理してもらい、koujiさんは深慮遠謀の役どころでは・・・・?
    しかし、針だけはいくつになっても結べるでしょ
    2018年04月10日 08:56
  • シュンメ

    まだまだですよ〜、と言うのは簡単なんですけれど、そんなものではないのでしょうね。とりあえず、長岡京のお店?もしくはワイン屋に行きましょうー。
    2018年04月13日 09:48
  • 小光子

    シュンメさん! 
    暇つぶしに忙しい小光子です。(意味不明でしょ?)
    昨日、今日と淡路島南は沼島で釣りの予定だったのですが、天候の加減で、本日日帰りになりました。

    人間程、非合理な生き物はないですね。

    夜中1時半に起きて往復400km走り、高級魚数匹を買うことのできる3倍もの経費を使って、ボウズ(釣果なし)。
    大谷選手と同じく、訳の分からないのが人間ですね
    だから人間はステキなのかな?多分、AIにはまねできないでしょう・・。
    チャンスをつくって、できるだけ早くお誘いしたいですね
    2018年04月13日 20:35