小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 大文字の夜

<<   作成日時 : 2007/08/16 21:00   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像

いつものように、3人での夕食の時間だった。
送り火が灯って、食事を途中に2階へ上がった。
いつもように、「大の字」が輝き、はかなく消えていった。
生きている人と、亡くなった人の言葉のない会話がある時だ・・・・・・・。

月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大文字の送り火、TVライブで観ておりました。
日中、連日の酷暑なのにこの瞬間、心なしか夏が去って行くという気がしました。当地でも姫島のキツネ踊りに長洲の精霊送り…夏の終わりは、はかない。
summer breeze
2007/08/17 09:11
summer breezeさんこんにちは。
またもや、世界的株安が進行し、円が高騰していますね。何も生み出さない人達が上手にお金儲けをしているような気がします。
小光子
2007/08/18 09:02
大文字焼き、映像の世界でしか見たことがありません。
お盆の送り火と言うことですが、京都の夏の風物詩ですよね。
大の字以外にも、鳥居とかその他の、文字もあると聞き及んでいますが、どんな文字なんでしょう??
わが街でも16日の夜は、清流佐波川で精霊流しが行われました。
川面をゆらゆらと流れぬく蝋燭の明かりが、黄泉の国に向かっているようで不思議な感覚に捉われました。
お迎えが近くなった年齢で感じることなんでしょうかね〜。
ひろじぃ
2007/08/18 21:15
毎年のこと・・ですが、何故か見送る・・までは、おとなしくしています。
sakapon67
2007/08/19 22:02
ひろじいさん今晩は!
博学のひろじいさんだからご存知だと思いますが。
最も西にあるのが鳥居、次に西で最北の舟型、左大文字、妙法、最も東の大文字と言う事になります。そして、反時計回り、つまり東から順に点火されます。現在小光子の住んでいる位置は西南の丘なので、鳥居は見えません。町の電気はかなり消えますが、それでもそこそこ点いており、残念な気持ちになってしまいます。これは私の想像ですが、全部御所の方向を向いているように思います。
小光子
2007/08/19 22:27
それじゃ、サカポンさんは今頃は疲れて帰ってきて、討ち死にしている頃かな・・・・?
小光子
2007/08/19 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
大文字の夜 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる