小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙人と大仙人・・・その1

<<   作成日時 : 2017/07/11 12:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ご近所のおばさんが、雑草と草花が生い茂った南風館の庭のことを、「ここはおとぎの国みたいやね!」と言ったのは、褒め言葉なのか、けなし言葉なのかわからないが、それらを育んでいるカミサンは、とてもうれしそうにして、小光子達が南風館を立ち去るまで、雑草のフワフワのカバーを刈り取ることはしなかった。

多分、次に訪れる頃には、雑草でヒドイ事になっているだろうと思いながら、小光子は「おとぎの国」を後にした。

人間、歳を重ねると、万物にたいする「欲」を失ってゆくのだろう・・・。
いや、自分の本当の心の安寧のようなものを見つけてしまうと、それ以外のモノを欲しく無くなるのかも知れない。
昔は海外旅行しかり、行ったことのないところへは、寸暇を惜しんで、なけなしのお金を使ってでも、行ったものだが、この頃は、パスポートの更新もしなくなり、特にカミサンはどこかへ旅行したいと、思わなくなったようだ。

健康で暮らせる何気ない日常の出来事を楽しみ、気に入った植物の育みに目を細める・・・、まるで「仙人」といえばいいのでしょうかね・・・・?
そして、その仙人の母親が広島に暮らしている。
たった2回/年だが、慰問に行くことを欠かしたことはない。この春で104歳になり、ご自分で「息災です」と言っておられる。
まさに、仙人の親ですから、「大仙人」なのだ。

毎回、同じことだが、曾孫の写真を持って行くと、大仙人は写真を指差しながら、曾孫の名前を仙人に聞く。
仙人は大仙人に、「この子は孫のKの息子で○○。この子は孫のYの娘で、○○」と、答える。

大仙人は、「おお、カワイイね!」とか、「大きくなったね!」と、答える。

そして、一通り、写真を見終わると、また元に戻って、大仙人は、写真を指差しながら、曾孫の名前をカミサンに聞きく。

そして、「おお、カワイイね!」とか、「大きくなったね!」と答える。

だいたい、これを10回くらい繰り返すと、かなりの時間が経過し、慰問は終盤を迎えるのだ。

なんの不満も言わないし、なんの苦痛もないようだ。私達が訪問すると、ニコニコして、その辺のお菓子を食べろと、押し付けるだけで、それは20年前と変わらない。

私達は「この究極の大仙人を目指して、歳を重ねたい!」と思い、「また来るから元気でね!」と言って、お別れをすることになる。

そのあと、毎年、毎回の繰り返しだが、大仙人の慰問の後、然程積極的ではない気儘なドライブ小旅行をするのが我々のルーチンだ。

今回は仙人の希望で「足立美術館」を中心に、出雲大社、宍道湖等、島根県を楽しみ、鳥取県を経て、京都に帰るという小旅行をしたのだった。

画像

5/17〜5/192泊3日のドライブ旅行。いつも1000kmをはるかに越えて走破する。

睡眠不良を持っている小光子にとっては、最近、少しきついスケジュールになって来たが、確かに私の運転での気儘な旅行というのが、私達にとって、心地良いというのは間違いなかろう・・・。

画像
「仙人が変装して出雲大社に潜入しています」
画像

画像

画像


今回は仙人が未経験の足達美術館がメインテーマであるが、やはり、ここまできたら、日本人は神様の本家を素通りすることはできない。経路の関係上、美術館は翌日にして、久しぶりの「出雲大社」に向かった。
大社では、厳粛にも厳かに、これからの安寧を祈願して、日御碕に移動した。

小光子は「岬」が好きなのである・・・。しかし、当たり前だが、岬へ行くには幹線道路から大きく外れ、道路事情が悪く、時間と労力がかかるが、私達はどうせ暇だから、その土地の美しい景色をみたくなるのだ。
この灯台が出来た頃は日本一高い灯台であったらしい。それはともかく、確かに美しい灯台である。
画像

私も、あそこで釣りがしてみたいと思って撮影した。まことに素晴らしい海の色と磯の形である。
この日は長閑な景色であるが、荒れた日にも、また美しいのだろう・・・・。
画像

画像


一行は、ついでが比較的多い。つまりついでに、伊勢神宮が「日の本の昼を守る神」としたら、「日の本の夜を守る神」=「日沈の宮」(日御碕神社)を訪問した。夜を守るというが、とても明るい小さくまとまった神社であった。
画像

画像

                                    仙人と大仙人その2へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず精力的ですなぁ
どうせなら大山、蒜山も登っていけば良かったのに
(^_-)-☆
散ちゃん
2017/07/11 13:25
散ちゃん、お久しぶり。
偶に、Fbookをみますが元気そうですね。
ずぼらばかりしている小光子ブログを見捨てないで、ありがとうね!
膝の良くない小光子、山に登れば改善するかもね?
小光子
2017/07/11 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙人と大仙人・・・その1 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる