小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の小旅行@

<<   作成日時 : 2015/10/11 12:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

9/29 出発 立山信州側泊
9/30 信州小諸泊
10/1 静岡拍
10/2 帰京

立山や黒部ダムを見たことがない、と以前から聞いていたので、思い立って小旅行をした。
もともと、スケジュールは上記の2日後であったのだが、メインの立山観光の日に、天候悪化の予報があり、急遽予定を前倒しにして、出かけたのである。
今回は近場といえば近場なので、マイカーでの旅行なので、日程が変更しやすいこともあった。

画像


9/29(京都-安曇野-扇沢)
信州側扇沢くろよんロイヤルホテルに向かう途中安曇野に立ち寄り、歩いてみた。
ワサビ田が黒いネットで覆われていて、ワサビの葉の色が楽しめなかったのは3十数年前とは違っていたが、途中の高い山々の稜線はやはり変わらず、壮観であった。

また、その頃にはまだ出来ていなかった「いわさきちひろ美術館」に行ってみた。

冷涼な自然の中に、ひっそりと佇み、一帯は動くものすべてをスローモーション画像のようにしてしてしまう空間を造り出していた。
時間の許す限り、美術館を楽しみ、館を出る時に、たった一人の受付の若い女性が無言で会釈をしてくれた。
小光子は思わず振り返って、彼女をみてしまった。入館する時には気が付いていなかったのだが、薄化粧ながらも、極めて美しい女性だったのだ。
カミサンに「わざわざ振り返って、見るなんて・・・」と冷やかされたが、カミサンは入館時から彼女の美しさに気が付いていたらしく、いわさきちひろ美術館で、小光子の心が洗脳されたために、美しい子に見えたわけではなかったようだ。
近年、あれほど美しい女の子を見たことがない・・・。ここへ訪れて良かった。
絵だけではなく、本物も干渉することができたからだ。

画像

画像


画像


画像


画像
画像


画像


画像


9/30(黒部ダム-立山-小諸)
黒部ダムに最も近いホテルだと思い予約したくろよんロイヤルホテル。
とても古い感のするホテルであったが、ロケーションも温泉も、食事も美味しかったと思う。
後で知ったことだが、黒部ダム建設中に、このホテルの敷地内に基地があり、ホテルができてからはダム視察団の迎賓につかわれたということなので、古いはずである。。
画像


運よく、ダムは私達を歓迎してくれて、虹がかかった。
画像


私はダムは3度目、立山は2度目(4十数年前)だった。その頃立山はまだ、夏に雪渓が触れられる高度まで、マイカーで入山できたが、現在はマイカーは扇沢までしか行けない。
関電のトロリーバス、ロープウエイ、等で、高度2,450m付近(室堂)まで行けるが、それ以上は登山でしか、不可能だ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


                                              秋の小旅行Aへ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
落下する水の上にほんのりとかかる虹〜自然が奏でるハーモニーを心ゆくまで楽しまれた旅のようですね。旅情、誘われます。
夏野微風
2015/10/12 13:15
この年になったからできる旅でした。
天気を伺って出発したのですからね。
自然は素敵です。
小光子
2015/10/12 20:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の小旅行@ 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる