小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年春の釣り

<<   作成日時 : 2015/04/16 20:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

さてさて、釣りの方となると、この時期のこの辺りは、毎年あまり芳しくない。
またそれに輪をかけ、天気がもう一つ。辺りは雨上がりの水潮だ。
とはいえ、今回最初の釣り日、3月30日は曇り空であるが、風は微風。潮時も良い。
小光子はチヌ用と他魚用の2種類タックルを用意して、夕方のホームへ出かけたのである。

しかし、磯場が見えるところまで到着すると、昨日の波が残っているのか、海はかなり荒れ模様だ。
立ち止り、しばし様子を見ていたが、時折ウネリの大波が回り込んで来て、釣り座を洗っている。

「うーむ〜・・・・・」

潮はいいのに残念だ。取りあえず、もう少し近寄って様子を見ようと、飛び渡るところまで行ってみると、潮が上がってくると、やはり危険だ。

久々なのに仕方がない。

しかし、いいのか悪いのか、ここで引き下がらない小光子は、帰ることはないのだ。
安全な手前の「丸岩」から竿を出すことにしたのである。
通常の海況であれば、浅くて、潮が澱んでいて、魚が居ても小魚しかいない場所である。しかし、この様な海の時には偶に思わぬ魚に出くわす場所なのだ。

小光子は2種類の内の、チヌ用ではなく、「他魚用」のタックルを選んだ。
竿はレマーレY、道糸5号、ハリス4号にビッグボデイの中通しウキをセットして、遠投しやすいようにした。
丸岩から、荒れて白濁した潮の切れ目をめがけて遠投した。
底ウネリがひどく、中々仕掛けが安定しないが、1時間程釣って、初めてのアタリに手ごたえがあった。
30p半ばの尾長グレだ。小さいといえどオナガはオナガ、よく引く。
その頃から、更に海が荒れだしたので、小光子は、最後のポイント、竿1本前の岩陰に撒餌をしながらも、さらに沖を釣っていた。30分後に同サイズクチブトが釣れた。それから、と言うもの、潮は込んで来て、ポイントは遠くなり過ぎ、さらに釣りにくくなってきた。

「さあ、そろそろ出来上がりかな?」とウキ下を1ヒロ強にして、最後のポイントに仕掛けを入れた。
反応が無い時間が30分程過ぎた。
波で上下する海面に同期して、ウキも動くはずなのであるが、ウキが出て来ない。
「アタリかな」と思い、合わせてみたが、なんの手応えもなかった。岩肌ギリギリに仕掛けをいれているので、磯に擦れていたのだろうか・・・?と思いがら、2・3回、投入を繰り返した時、今度は間違いなくビッグボデイのウキが入ったのだ。

「ガシッツ」と合わせた。「やったぁ〜、思い通りだ」。

奴はそんなに早くはないが、かなり手強い。
この場所で、ひるんで糸を出せば、間違いなく根ズレで、おさらばだ!
小光子は強いタックルに任せて、がっちりと溜めている。
「ヨオーシ、観念しろ・・・・」
しかし奴は強い泳ぎで、磯に沿って、サコドンの定位置の「ヘラ釣り場」に向かって遁走する・・・。
「行かしてなるものか」、と腕力にモノを言わせて、竿を絞った・・。

「ギィ〜ン」という糸鳴りに興奮した小光子。その直後にラインブレイクであったのだ。

4号ハリスのサルカン下の結び目で、切れている。
ということは、奴はそれから暫く、1ヒロ強の髭を付けて、泳ぎ回るののであろうか。
勝者として魚社会に君臨するかも知れない・・・?

残念であったが、とても満足した小光子は、2匹のグレを持って、南風館に帰宅した。
この日の画像は、何故か無い。

それからの釣りは、やはり天気には1日だけ許され、渡船に行った。
渡船でも、いつもの弁当船釣行、沢山釣れる場所には入れない。
4月1日エイプリルフールの日であった。

画像


そして、悪天候が続き、夕方29番でチヌを狙ってみたが、それも完全な沈没で終わった。

帰還前日に、仕方なく河口での釣りとなった。
雨上がり後2日目の濁った河口に、チヌ狙いで出かけた小光子。
狙い通り、チヌ、キビレ、グレの順で釣れたのは、想定内の釣果であった・・・・・・。

まな板は46cmなので、どれも美味しいサイズである。

画像



                              春の釣りの終わり・・・・4月7日京都帰還

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今春は雨模様の天気が多いですね。魚は食べるのが専門の小生からみると、魚の春味を十分堪能されたようで羨ましい。
夏野微風
2015/04/17 22:35
1ヒロ強の髭を付けた強者…、勲章みたいなもんですね!4号をぶっちぎるとは…(^_^;)
ところで、サンノジは美味いのですか?
kouji
2015/04/18 06:57
夏野微風さん、こんばんは!
春の魚は、確かに美味しいものが多いです。
しかし、年々、紀伊半島で獲れる「上りカツオ」が少なくなっているのが気がかりです。
今年も「もちガツオ」に、まだ、ありつけていません
小光子
2015/04/18 21:19
koujiさん、今日は残念でしたね!
魚って、手も指も無いのに、どうしてあの針を外すのでしょうね?偶に針を付けた魚を釣ることがありますが・・・・。

サンノジの身自体は、美味しいと思いますよ。
しかし、小光子の場合、あの臭いが大の苦手です。
ただ、これを好む人が居るので、45cmを超すと、持ち帰ることがあります。
小光子
2015/04/18 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年春の釣り 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる