小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS アナノウミでの釣り

<<   作成日時 : 2014/06/14 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 老いたりと言えども、テラさんとの前日の釣りは不完全燃焼だった。
そして、この日は6月の6日、7日には帰京の予定となると、まだまだ心残りな小光子だった。

近くの渡船、市江では連日イサキが爆釣で、ワンサの賑わいなのである。

へそ曲がりの小光子の場合、偶々30センチを超えるイサキが釣れると、旨いがゆえに至極上機嫌になるのだが、一人で数十匹も釣れる人が居る時期の為、1日に3桁の人数の釣り人が押し寄せている釣り場には行きたくなかったのだ。

しかし、このまま京都に帰るわけにはいかず、仕方なく16時からの半夜釣りに出かけたのである。
止めておけば、いいのにね・・・!

親切な渡船屋の跡継ぎの息子さんに電話して、「イサキは釣りたくない。今夜はタマミ、又はコロダイ狙いだから、適切な磯に・・・」と、頼んでおいた。
勿論、渡船屋としては、楽なリクエストである。大勢の客が2桁も釣れる旬の魚、イサキが釣れる場所を競争して要望する時期だから、小光子の言うような場所を所望する人など居ないのだ。

降りた場所は「アナノウミ」。入り江が奥の洞窟になっており、打ち寄せた波が、サクソホーンから出てくるような刺激的な音を出す磯だ。

先端に出ると、いいサラシができていて、イサキもグレも釣れそうである。
しかし、小光子のこの日は、イサキを釣るなら違う磯をリクエストしているわけだから、そんな誘惑には負けないつもりでいる。

少し入り込んだ、16時半の光では、底が見える浅場の釣り座に着いたのである。
勿論、そんな場所では、この時期、エサトリの猛攻を避けられない。
しかし、めげずめげず、撒餌をし、「必ず奴はやってくる」と信じて、打ち返す小光子。

17時にもならなかったか、いきなり2号のアテンダーUをひったくった奴が居た・・。
「ヨシッ」と小光子は安全なところに奴を誘導して取り込んだ。

この魚を釣りに来たのではないのだが、ここのイサキとしては大物、43cmであった。

この時間でもハリスは4号であった。あくまでも小光子は60オーバーのタマミをこの浅場で確保することを想定しているからだ。決して、イサキやグレではないのだ。

18時半を過ぎて陽が陰り、海の底が見えなくなったころ、小光子はハリスをさらに5号に結び変えた・・・。

普通、大したものが釣れないなら、ハリスを細く落とす人が多い。

しかし、この場合、小光子は反対なのだ。まさに、思い入れの何ものでもないバカモノである。


磯あがりは22時である。
21時半になってもタマミはやってこず、諦めかけたころ、磯際でナイトモンスターが、何やらモジモジとしている。
兎に角も、竿で聞いてみた。何か居るようなので、咄嗟に「バシッ」と合わせてみた・・・・。

しかしタマミではない。

画像


画像
         左クリック拡大可

最後に釣れたのは、42cmのグレで、タマミではなかった。
やはりハリスが太いせいか、居食いしていたのかもしれない・・・・。

後で解ったことだが

この日、5十数匹もイサキを釣った人がいた。しかし、小光子は一匹だけで、たまたま釣れた43cmのイサキは最長寸であった。

そして、おまけに最後に釣れた口太グレも、やはり最長寸で、磯を後にした小光子だったのだ。

その結果、南風館に帰ったのは23時少し前であったが、この時期の釣りたてのイサキだけでもカミサンに食べさせたく、刺身と塩焼きにして、強制的に食べさせた我儘な小光子が居た・・・・。
食べるにはステキな魚、イサキである・・・・。
カミサンも今までに食した中で、最も美味しいイサキだと、眠くて疲れた目を瞬かせて、魚を愛でたのである。

そして翌日、小光子はl心置きなく、京都へ帰ったのだ・・・・・。
                                                 2014.06.06の事 終わり


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
釣りって本当にHardですねえ。A Hard day's night!
summer breeze
2014/06/15 13:12
summer breezeさん、こんにちは!
「楽しいことは、疲れる!」と言うのが小光子の口癖です。
きっと博士には、そんなセオリーは無いのでしょうね・・・・?
小光子
2014/06/15 18:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
アナノウミでの釣り 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる