小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 近くで遠かった日本の庭

<<   作成日時 : 2014/05/19 20:57   >>

トラックバック 0 / コメント 4

名神高速道路「京都南インター」の東にある神社。
数えても到底数えきれない位その前を通ったり、待ち合わせをしたりしながらも、この歳になるまで、その庭には、一度もは入ったことがなかった無粋者でした。

5月11日(日)、カミサンが、また思い付きで、「城南宮」に行ってみないかという・・・?
勿論彼女も未経験なのだが、きっと、新聞か雑誌でその庭を知ったのであろう。

小光子としても、天気はいい。やりかけた陶芸も、あわててやるモノでもない。
城南宮なら日曜日でも、混雑は大したことではないだろうと、二つ返事で行動することにした。

画像


画像


画像


曲水の宴でしたか、いにしえの日本の貴族の人達は、この小さな流れに佇んで「歌会」をしたそうですよ。
春もすばらしいでしょう。そして藤棚の紫は消えてしまったようですが、やはり、この初夏の新緑のカバーの庭も、見事です。
画像


平安から始まり、最後は室町か江戸期の枯山水で出口に向かう、大きな城南宮の庭を、恥ずかしながら初めて探検した小光子でした。

画像


しかし、この素晴らしい庭を持つこの神社の辺りは、あの戊辰戦争の地理的な中心になったところと察すると、それは偶然かも知れないが、この日の平穏をもたらした日本人を、あらためて愛でたくなった小光子でした。
                                                      2014年5月11日のこと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
城南宮といえば、淡路島のテニスの方たちとの待ち合わせ場所だったよね?おはぎやさんかなんかがあったかな?
なんとなく覚えています。
ほんと、美しいお庭だね。京都は様々なところに絶景が隠れていて素晴らしい文化の町だね。
彩風
2014/05/19 21:07
あれは「おせきもち」だよ。
お餅の周りに粒あんこを巻いた、単純な団子というか・・・。
しかし。それが、かなり旨いんだな。忘れたかな?
小光子は赤福よりもスキかな?
確かに日本の庭はいいな!っと、最近、おもうようになった。庭づくりにも、自然を征服しようとしたところが無く、自然を敬慕して造っているような気がするからね。
小光子
2014/05/19 22:45
♪こんにちは。

おお、行ってますが 初めて!?。
近くで遠かった日本の庭ですな。
曲水の宴にしか 行きませんが・・・、
いにしえの 日本の奇族? 小光子殿も 優雅になりましたなあ。
EGA
2014/05/25 14:15
Egaさん。小光子は「華美に流れる」のは好みませんので、優雅にはなりたくありませんが・・・・(笑)
しかし、小粋なのは、いいですね!
小光子
2014/05/25 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
近くで遠かった日本の庭 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる