小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS ついでの釣り

<<   作成日時 : 2014/05/10 21:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 春は忙しい位が丁度いい。

力強く繁茂している南風館のモッコウバラを観に行かなければ、とカミサンが焦っていた。

小光子にとって今回は、いつもと違う白浜滞在。なぜかというと、釣りが主体ではないからだ。
家族や親戚が集合することになっていた。

2014年4月30日夜に南風館に着いた。

ジキタリスは元気だが、カミサンが楽しみにしていたモッコウバラは、最も美しい姿を、お世話をしていた人に見てもらえずに、萎んでいたのだった・・・。また1年待たなければならない・・・・・。
画像
(門柱の左が真っ白い花をソメイヨシノのようにイッパイ咲かせるモッコウバラ)

一方小光子は、お客さんが来る前日に、いいお魚を釣りたいと、ここのところご無沙汰しているホームに行ったのは、翌日、5月1日の16時を過ぎたころであった。「様子見」と言うところである・・・・。

海況は釣れるパターンであったが、コッパやベラやガシラなどで時間が過ぎてゆく・・・・。

陽が陰って、サングラスから通常のめがねに変えての、一投目であった。

ウキがなやましくシモっている・・・・。
バシッツと合わせてみた。

おおっつ!、これはナカナカ。
「ギュイーン」「ギュイーン」と糸鳴りがする。

「これは、たまらんね!」

いったい、なんの魚だろう・・・・・。
同調子のアテンダー1.5号に2.5号ハリスだが、引っ張り合いで切られたらそれまでのこと、小光子は強引に竿を立てた。やつは、かなり抵抗したが、やがて力尽きて上がってきた。

画像


この魚は、小光子にとっては少し落胆したものであったが、最近絶不調なので、その釣り味の楽しさに、贅沢は言えないのである。アイゴとしては最大魚と言えよう。

ここで、普通面倒なことであるが、来るべくモンスターの為に、タックルをアテンダーU2号、五号ラインの5号ハリスに交換した。この時期のこのタックル交換は無謀とも思える行為。本人は勿論、ボウズ覚悟である。

まあまあ「ついでの釣り」。今夜は「20時には釣りを止めて帰る」と言って出てきたので、気が焦る小光子であるが、やはり何事も起こらず、「跡片付けをして帰るか・・・?」と思った瞬間の一投であった。

磯際でケミホタルが根掛かりしたようにシモッた。

「バシッ」と合わせた。
奴は驚いたように、瞬時に沖へ走った。
「シメタ」。小光子のタックルは万全だ。かわすことなど、全く不要なのだ。
竿尻を腹に当てて、強引に奴を浮かす。
ナカナカ楽しませてくれて、そして御用となった時には、19時50分を過ぎていた。

夕方終盤の潮からして、まだ、釣りを続ければ、更に釣果はあったかも知れないが、時間も時間、初日はこれでお開きとした小光子であった。

モンスターはやってこなかったが、「足るを知る」ということだろうか・・・・・、これで十分だ。
タックルを交換していなければ、この磯では、小光子には釣り上げることができないサイズであろう。
してやったりである。

画像

磯場では6マルに見えた、久々のコロダイ56cm、怪力の持ち主であった。

しかし客は4日に来る。
その時まで、この魚を保存しておいて食べることなど、意味が希薄だ。
小光子は、翌日こどもたち家族が集まるという、ご近所友人に、調理済みで進呈することにした、

とても喜んでもらって嬉しかった釣り師、「小光子」であった・・・・。
                                                      2014.5.1の事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
♪こんばんは。
ついでの釣りで、久々のコロダイ56cm ナイス!でしたな。
力強く繁茂している南風館のモッコウバラ・・・、
先週もロマンテニス・長田さんから、ロマンテニス5人で、南風館に行きたいから 早く!と言われております。
長田さんの植えた ユズはもう・・・とは言っておりますが、
春は忙しい位が丁度いい・・・に甘えて ご訪問 ご都合 丁度いいときがありましたら よろしくです。
EGA
2014/05/12 21:19
これから、どんどん調子を上げていきましょう!!
シュンメ
2014/05/13 18:08
Egaさん、了解です。
小光子
2014/05/14 13:40
シュンメさん。
これから、いけそうですよ!
小光子
2014/05/14 13:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついでの釣り 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる