小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS タイトな日々の中の「日振島釣行」

<<   作成日時 : 2013/09/24 18:19   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 台風18号は京都にも大きな被害をもたらしたという。
しかし、幸運にも小高い場所に位置する小光子宅には被害は無かった。

6時間レベルとは言え、3日連続の釣りは疲れるが、この19日に京都に帰ってきたのは、お彼岸の用意があるからだ。
お墓を掃除したり、寺へ行ったり、買い物をしたり、そして、最近欠席気味のテニスグループに顔出ししなくてはならない・・・・。小光子は3時間程テニスをしたりして、また更に、疲れは重なったのだ。

20日には究極の疲れる行事が待っていた。
デパートでのショッピングの付き合いである。孫の誕生日のプレゼントやカミサンのコートを買ったりして、帰ってきたが、すぐその夜8時出発で、愛媛釣行、日振島が待っていた。

京都――>;加古川koujiさん宅ーー>愛媛宇和島へ、徹夜で朝一から、釣りである。

画像


前から来たかった日振島だ。
快速の船で約1時間突っ走り、6時20分頃には「何とかの3番」という磯に降りた。
日振の磯は、どこを見ても釣れそうな磯であるが、ベラやコッパグレ、ガシラ、キタマクラで苦戦。
9時半には、三木師匠が言っていた18番に、磯変えしてもらった。
小光子は面倒なので磯替えはあまり好まないのであるが、少しでも多くの磯を学ぶには、面倒も我慢しなくてはならない。
確かに18番は、釣れそうな磯である。
少し撒餌をしただけで、グレがわんさかと湧いてくるが、いくら探しても、大きいのは見当たらない。
色んな釣り方をして、少なくとも40オーバーをと、漁ったが、コッパグレの入れ食いである。

そして11時ころであったか、赤道直下のスコールのような雨が降ってきて、帽子の周囲から雨が滝のように流れ落ちてくると、徹夜、そして、それまでの疲れが出てきたのか、流石に何ともみじめな気持になってくる小光子であった。

南紀白浜から帰ってきて、1日後、京都から愛媛まで夜中に移動して、徹夜での釣り・・・・・。

多くの時間と、タイトな労力、そして何万円もの費用、を惜しみなく使って、こんなドシャ降りの雨に耐えている自分の愚かさが、可哀想にも情けなくなったのであるが、そんな雨では、涙も流れる隙もあるまい。

画像
                                  日振島


結局、1日目はコッパグレを3桁?釣ったか。
食べる分だけのコッパグレと三番叟を1匹キープし、さいたまの娘宅へ送ってやったが、余りの小ささに娘にバカにされた。

画像
                                 12番の右風景

画像
                                  小光子の釣り座12番左

やっと1日目が終了し、皆でスーパー銭湯、焼き肉パーテイをやって、爆睡した小光子。
気が付けば、隣に寝ているはずの釣友の姿が無かった・・・・・?

ふふふふ・・・、小光子のイビキの仕業である・・・。ゴメン!

老いたりと言えども、夜が明ければかなり元気が戻っていた。
2日目の釣り座は12番の左であった。
高い足場の狭い釣り座で、最近の小光子には苦手な場所だ。ガラに似合わずコワイのだ・・・!

右から左へ、いい潮が流れるのだが、この釣り座からは本流に撒餌は届かない。
そして、ラインを出せば仕掛けがどうしても左磯に回り込むのだ。
やはり9時半ごろ、磯替わりの船が来てくれたが、色々と釣り方を変えてやっていたし、竿も2本だして、使い分けていたこともあり、磯は変わらず、留まることにした。

結果・・・。
磯際で、三番叟4匹。ヘダイ1匹。
沖の沈め釣りで、いいサイズのイサキ2匹、位が食べる気がするものの釣果で、日振島初挑戦は、初心者の洗礼を受けた結果となった。

初めてで、解らなかったが、結局この12番は、中央がメインの釣り座、右がその次、小光子の上がった左の場合は、カゴ釣りか、フカセしかできない場合は磯際しか釣りができない場所であろう。
しかし、その日は、その磯際に、グレの姿は1匹無かったかということだ。
コッパグレすらも姿を見せなかったから・・・・。

それでも、帰った翌日は孫の誕生日で、小光子の魚を待っている奴らが居た。
2才のお誕生日が「おめでタイ」として、ヘダイの塩焼き、そして三番叟、イサキの刺身や、手巻き寿司で、家族パーテイとなり、その夜も小光子の疲れは癒えることなく増幅し、最高潮に達したのであった・・・・。
ちなみにこの子の1歳の誕生部にも、やはりヘダイが釣れて、目出度い尾頭付きの塩焼きをしてやったような気がする。

画像


画像
                                  

日振島・・・。
確かにいいグレ釣り場だ。

同行者には何かと面倒をかけたが、このままでは見過ごすことのできない小光子がここに居る。

しばし、さらば、又来るぞ!
                                                  2013.9.20-21-22-23の事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと、ひろじぃさんの分までカバーするような釣行頻度

もしかして現役時代よりハードな生活を送っているんじゃないですか
散ちゃん
2013/09/25 19:25
現役時代も、かなりハードだったけど、その場合はお金儲け行動、今は正反対の消費行動。人間やはり、±ゼロですかな?
ただ、言えることは常緑樹のような人間と、マグロのような人間があるような気がするよ。

そちらからだったら、しまなみ海道を経由して、日振島は、京都からよりも近いのではないかな・・・・?磯は場合によっては五島を超えるかもね・・・・?
小光子
2013/09/25 20:17
いただいたグレさんから針が二本出てきたよー。
うちに居ながら四国のおいしい魚が食べられるなんて最高に幸せね。ありがとう!!
いつもながらハードスケジュールだったんだね。ママの素敵なコート、見てみたいな。
彩風
2013/09/26 11:37
ゴメンね、小さくて・・・・。
他人には恥ずかしくてあげられないからね!
今度、白浜から大きいのを送るよ!
ママは今度の東北旅行に、アメリカジンのバアさんみたいに赤いコートを持って行きます?
小光子
2013/09/26 16:55
愛媛釣行お疲れ様でした!
今回はちょっぴり時期尚早な感じでしたが、次回は間違いなく言い訳できないコンディションでしょう!
釣果はともかく… 反省会をしに、愛媛に行きましょう!(笑)

kouji
2013/10/03 20:58
KOUJIさん、害人でも連れて行ってもらえますか?ヒブリの磯、研究しておきます。
小光子
2013/10/05 12:36
♪こんにちは。
テニスでも ご無沙汰です。
遅くなりましたが
お孫さん 2才のお誕生日「おめでタイ」です。
EGA
2013/10/08 11:46
本当にご無沙汰ですね。
家に居ることが少なくなり、慌ただしくなってしまいました。
小光子
2013/10/09 15:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイトな日々の中の「日振島釣行」 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる