小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 嵌った波止釣り(旅は道連れ)

<<   作成日時 : 2013/09/17 00:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 さこドンがやってきて2晩、ホームでの釣りをした。
さしたる釣果も無く、帰って行ったが、今回は半端な釣果よりも、計り知れない価値あるロマンを連れて帰ったであろう・・・・・・・。

そして、「毒田カーマ夫妻」がやってきて、また2晩、互いの物忘れ論議を酒の肴に親交を深めた。

その翌日に台風18号がやってきて、9月16日になってそれも去って行った。
ご無沙汰しているテニスに小光子だけ行こうかな、とカミサンに相談したが、「釣りに行こう!」というカミサンの意見を尊重して、2時半を過ぎてから出かけた小光子であった。

突然、台風が置き忘れた突風が吹くものの、釣りはできるレベルであった。

画像


画像


まっ茶茶のひどい水潮であったが、小光子は身勝手な屁理屈を練って、「あそこならひょっとすると」っと、初めての波止に行くことにした。

3時を過ぎて初めて仕掛けを投入したが、16時になって、かなりいいサイズのメッキが釣れ、チヌなどが竿を絞った。

撒き餌が効いてきたのか突然ウキが消込、17時頃、45cmのチヌが釣れた。

「なんや、今日はイケルやん・・・・

17時半を過ぎて、いきなり消し込んだうウキに合わせると、強い引き味だ。主導権をとられないように、1.5のオンリーワンモデルを振ったが、あえなく道糸側でラインブレイク・・・。
小光子のタックルは、3号道糸。2.5号ハリスだった。50〜60か・・・・?

もう、やめようか?と思っていた時間だったが、これで小光子にもスイッチが入ってしまった。
「なんや、居るやんか」と、小光子は持ち合わせの道具で、4号道糸3号ハリスにして、釣りを再開した。
カミサンも小光子のバラシをみて、俄然やる気だ。残りエサでやっていたが、予備の1.5kgのオキアミを溶かして、釣り再開。

やはりモンスターはいなかったが、結果は添付画像のようであった。
(52cmコロダイ頭に45cmコロ・チヌ、その他)
画像


カミサンも竿をたてられない洗礼に2度会い、それなりに夢を描いたであろう。
2回目のバラシは、かなりの時間、耐えていた。手助けしないで最後まで戦わせようと傍観していたが、やはり無理であった。たぶん相手はチヌではなかったのであろう。

しかし、この日の小光子はいつもより大変だった。
波止なので足下は楽チンだが、チャリコや、ゴンズイや、根掛かりや、ライントラブル、ETC。自分の釣りはそっちのけで、大忙しなのである。とくにゴンズイが多発したので、厄介であったのだ。

もしもの話だが、一人でやっていたら、この日の釣果は2倍はあったかも知れない。いや、逆に、釣れ過ぎ感で、もっと早く退散していただろうから、かえって釣果は少なかったということも考えられる・・・・。

「旅は道ずれ、世は情け」という・・・。

まだまだカミサンとの長い旅は続きそうなので、もう少し、手が掛からないようにボチボチと調教したいものだ・・・・・
                 2013、9、16日台風18号通過翌日の波止釣り

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
♪こんにちは。
ご無沙汰テニスに・・・、
カミサンも「釣りに行こう!」ですか!?
「釣りは道ずれ、カミサンには情け」・・・。
カミサン台風で、ますます 釣りも楽しそうですなあ。
EGA
2013/09/19 12:10
Egaさん、私も膝痛でテニスはご無沙汰です。
ただ、釣りだけは、やりたい気持ちが体を休めたい気持ちに勝ってしまって、また疲れています・・・。
小光子
2013/09/19 19:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
嵌った波止釣り(旅は道連れ) 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる