小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 小光子のお勉強会

<<   作成日時 : 2013/08/14 21:43   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 そんなこんなで、小光子にも疲れが出てきた頃、モンスターに魅せられたサコドンがやってきた。
この暑さ、そして、疲れ。多分、彼がやってこなかったら、この8月の釣りはパスすることになっていたであろう小光子だが、サコドンに元気をもらって、8月の夜の磯に行くことにした。
それに小光子にはお勉強があったのだ。

画像


8月6日(火)
試したいことがあった。
この場所での釣りは2号から始まった。何年もの間に、徐々にエスカレートして、夜は8号のハリスを使うようになった。それでも食いちぎって逃げるモンスターが居る。
前回「丘の上釣法」では、もう少しで何かが採れるところであったが、やはり最後には4号ハリスを食いちぎって逃げられた。
これでは、いくらやっても小光子の技術ではこのモンスターを採ることはできない。

であれば、食いちぎれないワイヤーを使う手しかない。
以前にも、38番、39番のイシダイ釣りのワイヤーを使ってみた。長い時間は辛抱できなかったが、アタリは無かった。しかし今回は、九州の知り合いから、さらに細くて軽い42番ワイヤーを送ってもらったので、それを用意している。

釣り人は、ハリスをより細くして、魚に違和感を与えないようにと、考えるのが普通だ。
しかし、「なぜエサを食わない」のか、その理由を魚から直接聞いた人は居ない筈だ。

南紀に海中展望台なるものがある。
周囲がガラス張りになっていて、人間が階段を降りていくと海中に入って行けるようになっている。
そして、定期的にその周囲にオキアミを撒いて餌付けしているものだから、グレやチヌやその他の釣魚が沢山泳いでいるのが観察できる。
つまり通常の水族館とは逆だ。人間が囲われていて、魚は外海なので自由ということだ。
そこで、撒かれたオキアミを捕食しているグレやチヌを見ていると、どういう基準で判断しているのか、喰わないオキアミと喰うオキアミがある。また、食ったかと思うと、すぐに吐き出すものもいる。勿論、ハリスやハリはついていない。
何もついていないオキアミでも、こうだから、ハリスがついて針も埋まっているオキアミを喰うこと自体、人間にはわかっていない魚の餌食基準があるのではなかろうか。「ハリスが太いからだ」と決めつけるのは、少し、せっかちな気もする小光子である。

そういう人の思い込みを排除して、お勉強会をしてみる必要がある。
ちなみに、海中の地形や海況によるのかも知れないが、昼間でも4号ハリスで40cm以上のチヌやグレは数多く釣っている。
ただ、太いラインでは潮流や風等でフカセ釣りの操作がやりにくいという難点がある。
だから、望める最大魚の想定があるなら、それが確実に取り込める最小限の仕掛けで、他の物を排除することは合理的であろう。つまり、「ハリスが太いから喰わない」と考えるのでなく、「ターゲットとするお魚の釣りに、不要なものは、できる限り、排除する」という考え方だ。
従い小光子の場合、ホームでは昼間でも、3・4号ハリスを使うことが多い。それは昼間でも50〜60のお魚を、その浅場で取り込みたいからだ。
しかしまた小光子の場合、初めての釣り場に行ったときは、「郷に入れば郷に従え」で、その釣り場の平均的と言われる仕掛けで始めることにしている。

しかして今回、そして、次回も、たまたま喰わないのか、やはり喰わないのかを、もう少し辛抱の「お勉強会」をやらねばなるまい。
ただ、いつやってくるか解らないモンスター。そして、そのモンスターに何等かの要因でワイヤー付のエサを忌避されているとしたら、その辛抱が徒労となるのである。

ところで今回の結果は、夕方4時頃から、夜9時過ぎまでの2夜の釣り。暗くなってからの2時間余りをワイヤーで通した結果、下記の画像の中のグレ41cm1匹だけが、9時前に釣れただけで、ほとんどアタリも無く終わったのである。

ただ、「夜の9時頃、42番ワイヤーで41cmのグレが1匹だけ釣れた」という事実は実験結果としては貴重だ。

その期間、さこドンはコロダイを2匹釣り上げた。そして、何かわからないがアタリは圧倒的にさこドンが多かったようである。
他、小さな魚は明るいうちにさこドンと小光子がフロロで釣り上げたものである。
ちなみに、2日目は2人とも何も釣れなかったので、これだけでは、結果が出たとは言えないであろう。
従って小光子は、まだまだワイヤーの実験(勉強会)をやらねばならないことになる。

(思い込み=2日目の午前中、ホームの海中の地形を見てみたいといって、さこドンがかなり執拗に釣り場を潜ったので、彼の臭いが残っていたのかも知れない(笑))・・・さこドンも勉強会をしている

画像


自分で自分の釣りを益々釣れなくしているようでもあるが、次回の勉強会が楽しみになってきた小光子でもある。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
♪こんにちは。
モンスターに魅せられた サコドン、相変わらずのようで・・・。
小光子のお勉強会・・・お孫ちゃんの写真が 生徒代りに出てきたのでですが、やっぱり お魚さんのお勉強で!?

人間水族館で、モンスターに勉強されて モンスター対決が楽しみかも。
EGA
2013/08/19 10:05
Egaさん、さこドン、相変わらず若オジンぶりを発揮しています。
画像の教室は廃校を利用して、農業団体が経営しているレストランの施設で、昔そのままの教室ですよ!
孫たちが面白がって、大騒ぎです。
小光子
2013/08/19 20:22
こんにちは。

お孫さんたちの夏休み楽しそうですね。

こちらも子供たちが夏休みなので、休日は毎回遊びに釣れて出かけるので、船釣りの予定を入れないとなかなか釣りが出来ません。
勉強大事ですよね。自分が最近釣れないのはブランクよりも勉強してきた事を忘れてしまっているからかも・・・
カンナ
2013/08/20 14:05
カンナさん、そうですね。
お父さんの夏休みは、いつの間にやら子供の夏休みに染められてしまいますから大変だ
でも、人間って自分が親になった時に、そういうことを、潜在化した意識の中から蘇らせるみたいですね。
小光子
2013/08/22 08:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
小光子のお勉強会 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる