小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 三姉妹の夏休み・・・・ナナコの波止釣り

<<   作成日時 : 2013/08/13 16:13   >>

トラックバック 0 / コメント 10

「気が進まない」「気が進まない」

この時期、南紀に行くのは気が進まない!

夏休み中の南紀白浜近辺の道路は、大阪は梅田駅構内のような人混み。
いつもは静かな白い砂浜に、若い人達が群れている。
小魚も群れるから、それは生物の習性であろうか・・・。

他方、昼間の磯は、天と地からの両面焼きだ。小光子にとって、この時期の白浜は良いことはないのである。

しかし、今年からこいつ達がやってくるから仕方がない・・・!

画像


8月1日〜8日の、少し長期の滞在予定。

釣り人にとっては、釣りができない釣りをすることほど、残酷なことはない。
その昔、ビジネス上のお客さんに、「磯釣りに行きたい」と言われ、お連れしたことがある。
少しは経験があっての事、と思っていたのが小光子の誤算だった。
「手取り・足取り・機嫌とり」。加えて自分は海を目の前にして、釣りはできない。
人参を前にして、食べることが許されない、可哀想な子ウサギだったのだ。
おまけに、渡船代等々、釣り関連は経費計上に無理があるものが多く、自腹とくりゃ、「泣きっ面にハチ」と、いうもんだ。

今回は、それに似た「接待釣り」もやらされるようだ。

まずは、その前に・・・・

画像

ここで、準備体操をさされたり。

画像


磯遊びに連れて行ったり。

偶然だが、ウミガメが産卵し、卵が埋まっている場所があった。家にヒイジイジが残したウミガメの剥製があるのだが、まだ、ピンとこないようだ。

画像


また、こいつらは、炎天下の磯遊びも、飽きもせずいつまでもやり続ける。
最近流行りの熱中症にならないのだろうか?
採るごとに、「ジイジ、これ食べられる?」と聞く。
多分、食べられるけど、ハゼの仲間は沢山居すぎて判別も付きにくい。
しかし、採った小海老、ハゼ、カニは持ち帰り、寄せ揚げして、どう猛に食らう。
なんともワイルドな奴等だ。

究極は、京都にいる時から約束さされていた釣り遊び。
園児は自宅待機で、パパも一緒にナナコとサビキをやったが、あまり釣れない。
日没前になった頃、やむなくフカセの仕掛けを作って、投入した。まもなく何かがウキを消し込ませた。合わせを入れると、結構走る魚だ。しっかり掛かっている。
小光子はナナコに竿を渡し、ナナコは懸命にリールを巻いた。
勢いよく釣り上げられた魚はシオ(カンパチの子)であった。
この日の夜は、勿論、これも刺身として食卓にあがったのである。

画像


画像


あじをしめたナナコは、パパが白浜から出勤していった次の日も、妹達のお昼寝タイムの最中に抜け出し、小光子と別の波止にサビキをもって出勤した。
こうして寝ていると、「天使」そのものであるが、現実の世に戻ってくると悪魔に変身する。
画像


画像

この日はサビキの針にオキアミを付けると、チャリコやコッパグレが良く釣れた。

ナナコは上機嫌で夢中で釣っている。

しばらくナナコのサビキ釣りを見ながら、釣った魚を外したりエサを付けたりしていると、時折、潮が速くなって出て行っている海域を見つけた。
あの潮を釣ったら、ひょっとするとマシな魚が釣れるかも知れないと思い、小光子は予備の「ドタ竿」に「ガチャリール」をつけて、フカセの仕掛けを作り、その場所に移動。投げ込んでその竿をナナコに持たせた。
さらに、撒餌の代わりに、サビキ釣りの「アミ」を手前に撒いた。

小光子はナナコの持っていた竿のサビキ釣りの5本の針に、オキアミをユックリとつけていた。
五個目のオキアミを付けようとしたとき、ナナコが竿を左沖に引っ張られている。
「がんばれ!引っ張れ!」っと檄を飛ばす小光子だが、明らかに小学1年生には無理があるようだ。
小光子はナナコと選手交代し、右左に暴れまわるスピードランナーに対峙し、まもなく観念させた。
奴がグッタリしたところで、ナナコに、タモで掬わせた。

画像


奴の正体は「ソウダカツオ」であった。

画像


そしてその夜も、奴らは微塵の疲れを見せず、自分達のリボンやゴムを、小光子の薄くなった髪の毛を引っ張り、巻き付けて、「変なオジサンごっこ」をして遊ぶのだ。
人をオモチャにしやがる・・・・!

画像


画像


画像


小光子はこれで、この夏の彼女達への責任を、ほとんど果たせた気分になって、美味しい酒に酔ったのであった。
さあ、あと何年、この子達はこのような破顔を見せてくれるのだろうか・・・・。
彼女たちが、それを忘れそうになった時に、この記録が残っていれば小光子も冥利に尽きるというものだ。
                                                                                                                        三姉妹の夏休み

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
小光子様
浸かって、採って、釣って遊び、
真っ黒な、リトル・小光子になったナナコでした。
また、とても美味しいものを食べさせてもらい一回り以上成長した子供たち。桜子も葵も明るい日差しに様々な虫達に洗礼を受けしっかり夏を感じ取ったはずです。
ありがとうございました。
彩風
2013/08/13 16:43
お疲れ様でした、13日の夜椿地磯に夜釣り行ってきましたイサギがパラパラたいした釣果はありませんでした(*_*) 
まっちゃん
2013/08/14 08:32
彩風さん、貴女は大変だけど、子供の成長はまぶしいものですね。
今は肉体労働が必要でしょうけど、大きくなって、「しら〜」っとしてきたら、きっと精神労働に変わるのでしょうね・・・。
小光子
2013/08/14 09:21
まっちゃんさん、お久しぶり。
仕事の方は少し余裕ができましたか?
あの椿の地磯(六角のホテル付近)にも、何度も行ってみたのですが、車を駐車するところが解らず、磯に入ったことはありません。
8月はもう白浜へ行きませんが、9月には行きます。
また、滞在期間を連絡しますので、タイミングが合えば、釣りに行きましょう・・・。
小光子
2013/08/14 09:29
♪こんにちは。
三姉妹の夏休み ナナコの波止釣り・・・
いちばん楽しんだのは 小光子爺さんだったのです。
ナナコちゃんも ツリガールにはまって、みんな爺ちゃん子ですなあ。
おもちゃ爺ちゃんの 満願、感心です。

うちも初孫が帰ってきましたが、入れ違いでなにも出来ずしまいでした。
EGA
2013/08/14 11:11
お疲れ様です、釣り場は6角マンションより少し向こうになります、路上駐車ですが
(-_-;)
また機会があればお教えします(^^)
まっちゃん
2013/08/14 13:43
Egaさんは、やはり賢い。
しかし、「入れ違い」を許してもらえるんですね?
ナナコの狩猟欲は相当なもんです・・・。
小光子
2013/08/14 21:50
表情と言っている事が
これだけ違う人も珍しい
散ちゃん
2013/08/16 11:17
散ちゃん、こんにちは
今日はお盆のお休みというところかな?
散ちゃんにも、ナナコの釣り運を分けてあげましょうか
小光子
2013/08/16 17:26
まっちゃんさん、こんばんは!
あの辺りは、クエも釣れるところがあるようですね。
9月第2週目くらいは、滞在しようかな〜・・・
小光子
2013/08/16 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
三姉妹の夏休み・・・・ナナコの波止釣り 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる