小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 月下美人の磯

<<   作成日時 : 2012/09/08 21:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

9月5日も、気がつけばやはり夜が明けていた。
飲酒による倦怠感と疲労で、まるで冬眠から覚めたばかりのヘビのように鈍重な小光子。
もちろんサコドンも同じだが、羊歳の彼も、ぐったりとして今にも「メエ〜」っと泣きそうだ。

それでも少し時間が経過すると、すこぶる腹が減るらしい。彼は若いのであった?

チキン出汁の「モヤシとニラの炒め物」は小光子のスペシャリテイ。
いつ食べても「マ・イ・ウ」なのだ。

いろいろ食べて腹ごしらえが済むと、特にサコドンには元気が戻り、勝手知ったる作業をサッサと事務的に行う。
最近のパターンなのだが、南風館の後片付けをして、夜釣りをした後、そのまま、日が変わった深夜に帰京するためだ。

画像


「さあ、この日は、どんな釣りをやろうか・・・・・・?」
竿をヘシ折られた場所でのイメージに脳裏を支配されていた小光子。
今夜も、月下美人の磯に立って、フカセ1本でモンスターに立ち向かうことにした。

一方サコドンは、昨夜1時間、2人で付け餌をしておいた「へら釣り場」でラクチン釣りを決めていたようだ。
若いのに、おおかた、体力の消耗を惜しむタイプである。
まあ、勿論、そのほうが小光子よりも賢いのであるが・・・・・・

まだまだ明るいうちに、サコドンが興奮気味に小光子の釣り座にやってくる。
昼間のタックルは、アルマ1.75号にダイワのメタルライン2号なのであろう?
強烈に閉めこんだモンスターはメタルハリスのチモトをぶち切って、逃走したということだ。
(フフフ、小光子はすでに実験済みである。このメタルライン、ハリスの結び目は瞬間的な力に弱い)

一方、小光子は、起こるであろうドラマに心躍らせながらも、エサトリ地獄のなかで、ただ試行錯誤を繰り返しているばかりだ。

画像


画像


画像

以上はサコドンの「ヘラ釣り場」での釣果である。
かれは、完全にスランプを脱出したようだ。

小光子は21時半を過ぎた頃、2日間、磯場に立ち続け、痛飲と寝不足と釣りの疲れもあってか、モンスター退治の気力も萎え果て、月下美人の磯を諦めることにした。

どっかと腰を降ろせる潮溜まりに移動した。
まあ、そこでなにか釣れてもチヌかヘダイといったところだが、もう体力も限界だった。

結果、現場で撮影をするまでもなく、持ち帰ったモンスターの変わり果てた姿は、このヒト達となったのであった・・・。
画像
(赤いのは、魚ではアリマセン。大して面白くない冗談です)

まあ、今回の釣りは、完全に作戦間違い、「裏目」、「失敗の巻き」に終わった小光子だ。

原因は「多情」故ではなかろうか・・・・・・・

しかし、モンスター退治はこれからの季節が楽しい。

体力の許す限り続くに違いないのであるが、2日間の釣り、痛飲と夜更かしの疲れは、3日間は引きづるようになってきている自分に、少しつらいものがある・・・・。
                                        


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
二日目の40cm口太と45cmコロダイ画像はどこへ行ったのでしょうか・・・。結局、翌日は日勤を終えて魚を解体するころには、へとへとでした。またその翌日、夜勤をして、明けで自宅に戻り、釣り道具を洗い、夕方、琵琶湖のモンスターに挑戦しましたが・・・。
さこドン
2012/09/09 09:01
アラアラ、これは失礼。
さこドン先生から頂いた画像のコピー忘れです。敬意を表して、すぐに追加しておきました。
解体作業も大変だったでしょ!
小光子
2012/09/09 10:13
なんだかハイペースで釣行されてますね!モンスター退治のシーズン到来ですね!いよいよ楽しくなってきました!
私も最近疲れが残るようになってきましたよ!アルコールの分解能力も低下してきた感じです!(^_^;)


kouji
2012/09/13 21:40
まま、ハイペースといっても2回/月ならハイペース。
1回/月なら普通といった小光子のペースですが、秋から冬にかけては、ハイペースで行きたいですね。
小光子はアルコール分解機能はあるようですが、基本、アルコールに弱いようで、最近の傾向ですが、記憶喪失が危険です・・・・
小光子
2012/09/16 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
月下美人の磯 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる