小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 沼島の「チヌ釣り」

<<   作成日時 : 2012/05/28 11:34   >>

トラックバック 0 / コメント 4

すでに時期は過ぎた感があったものの、兵庫県の釣りグループの「チヌ釣り大会」に参加してきた。
昨年は喪中期にあり参加できなかった大会である。
場所は、兵庫県は淡路島の南端に浮かぶ「沼島」、とてもチヌの魚影の濃い磯だ。

5月27日(日)
この日は、台風のウネリがあり外向きは渡礁できず、小光子はクジ引きで、最も内向きの黒崎と言う磯にあがった。
勿論、初めての場所であるが、「トロ〜」としていて、いかにも「チヌ場」という楽そうな磯である。
「時期遅し」と言えどもこの大会、一昨年は9枚釣っているので、なんとなく釣れるイメージで、磯にあがった小光子。

目標はいつも慾深くも、1匹でいいので55cmオーバー。タックルは竿1号、2.5号道糸、2号ハリス。
「ここは遠投ですよ!」というKoujiさん夫婦のご教示に従い、自重の重い「黒魂スイッチB」で攻めることにした。
しかし、嫌なやつが沢山居る・・・・・・。

動物ではなく植物だ。

この時期、この海藻「ホンダワラ」は子孫を増やす為に、根が切れて海を漂うのだ。
このような潮のところは、それがこのトロトロとした潮に乗って右へ行ったり左へ行ったりして溜まってしまう。
海面にそれが見えないところに仕掛けを入れるが、回収する毎に絡まって1号の竿をしならせる。
地磯なら歩いてこの場所を逃げるのだが、ここはどうにもならない。超遠投で沈めて、引き釣りするも磯ベラが釣れるだけで、やはりホンダワラが絡まる。磯近くでホンダワラを避けると、フグに針を食べられる。

小光子は過去にこのホンダワラが浮遊している磯で、まともな磯魚を釣ったという記憶が無い。

ただ「釣りの邪魔になる」ということだけなく、
常は魚も人間も好むこの海藻は、この根が切れて繁殖する時期だけは、種を守るために魚の嫌う成分を海へ放出して、魚を寄せ付けないのではないかとさえ、思ってしまうほどである。
いやはや、これは、こういう条件で「魚を釣ったことがない」という小光子の身勝手な邪推だろうが・・・。
なんの根拠もないのだが。

Koujiさんが、場所代わりしたければ、9時を過ぎれば船が来るので、見えたら手を挙げるように言ってくれていたので、小光子はほどなく荷物を纏めて、いつでも変われるように釣っていた。

11時?頃であったが、船が見えたので躊躇無く手をあげた。
やはり、ウネリがあり釣り場所がなく、場所代わり組は港近くの安全な防波堤に変わることになった。
Koujiさんを含め6人程が船に乗っていたが、奥様だけが、チヌをゲットしていたのは、流石である。
そして、防波堤の左右に分かれた一方のグループ、ご夫婦と小光子の3人組みは、初夏の暖かい光の中で歓談し、最終の迎えの船に乗り込むことになった。

この日も、明るい仲間達のお陰で、ゆっくりとした「いい釣り」ができた小光子。

まさに小光子のモットー「釣れるもつり、釣れぬもつりなりけり」である。

つまり小光子は見事に「ボウズ」となりました。
時期的なこともあり参加人数は21人と、一昨年と比べると、非常に少なかったのですが、それでも約1/3の人にはチヌ・グレの釣果があり、見事なものでした

今年初めての「チヌ釣り」でボウズを喰らった小光子、めずらしくこの時期にいたってチヌは1匹も釣っていない。
近頃ちょっとボウズが多いので、この辺で、反省をこめて「今年の小光子の釣り」をここでまとめておく。


                  主なお魚
1月              
@五島列島遠征   グレ46cm=>初上礁
A南紀白浜     グレ42cm

2月
B南紀白浜      グレ43cm

3月
C中紀日ノ岬      ボウズー>初上礁

4月
D中紀大引き     平スズキ70cm   
E山口県見島     ボウズー>初上礁
F中紀大引き     グレ41cm
G南紀伊古木     イズスミ40cm、グレ35cm
 *4月の3回は「桜マダイ釣り」、1回は「イシダイ釣り」なので、本命はボウズ。

5月
H南紀白浜      ヘダイ39cm、グレ35cm
I兵庫県沼島     ボウズ->初上礁

4月の本命を外した釣りを加味すると、なんともボウズの多い小光子。
これから小光子の釣りは、どうなっていくのだろうか・・・・・・・・・・・・・・・・・?

たまたまかも知れないが、このまとめで、ある傾向が出た。
10回中に初めて上がった磯が4回で、そのうち3回がボウズ。
つまりボウズは全て初めて上がった磯、という結果が出ている・・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
沼島釣行お疲れさまでした。遠方よりご参加頂きまして有難うございます。今回の大会は乗っ込みシーズンを逃がした感も有り、本当に申し訳ありません!(^_^;) 皆さん大苦戦でした。私も見事にボウズでした!(笑)仲良しメンバーでワイワイガヤガヤと催される大人の遠足みたいな感じですので、お許し下さい。
後半の波止にて小光子さんとのんびりまったりお話し出来た事が今回最大の収穫であります!有難うございました。
また次回、沼島リベンジ釣行を計画したいと思いますので是非参戦お願い致します。もう少しコンディションの良い日に行きましょう!小光子さんの釣行データからすると… 次回は青磯ホンケが良いかもですね!土曜日で計画しますので一緒にリベンジしましょう!
京都のお土産有難うございました!(o^-’)b


kouji
2012/05/29 20:38
日曜はお天気もよかったし、昨日のような雷がなくて良かったですね。
でも、ガッツリ釣る気マンマンの小光子様にとっては、残念な結果でしたが…
次は、淡路の海写真を〜。待ってまーーす。
シュンメ
2012/05/30 07:29
koujiさん、「ボウズ馴れ」している小光子。ボウズは全く気にはなりませんのでお気遣いなく。
沼島までの所要時間、エサ屋もつかめましたので、土曜ならうれしいですね。また、釣れなくても、始めての磯は楽しいので、ヤカタやグンカンなどにも上がってみたいですね。楽しみにしています。
小光子
2012/05/30 14:24
シュンメさん、小光子は、体力もお金も使って、バカなことをやっているでしょ!
 東に住んでる「竜」に嫁いだ「山の龍」と「シェエラザード」が、一向に里帰りしないので、聞いてみたら、最初は「山の龍」が気に入ったんだけど、見ているうちに「シェエラザード」も好きになってしまったらしいのです。
従い、今のところ、どちらも「囚われの身」になっています。
困ったもんです・・・・・・
小光子
2012/05/30 14:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
沼島の「チヌ釣り」 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる