小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜マダイはいずこに・・・

<<   作成日時 : 2012/04/20 16:34   >>

トラックバック 0 / コメント 4

桜は散ってしまったというのに、今年はいまだ桜マダイの姿を見ていない。

山口県の見島では、それはそれで良かったのであるが、なんとも不甲斐ない釣果となり、「今年の桜マダイはこれで終わりか?」と言っていた。
にもかかわらず、舌の根も乾かぬうちに、そして、磯靴も乾かぬうちに、小光子は、和歌山は大引きに出かけたのである。

「よく行くわね!」・・・・とチクリ。
仕方がないね、そう言われても・・・・。

画像



2012年4月19日
いつものように、8:30の弁当船に、一人乗っての遅がけの渡礁である。

磯は平日というのにマダイ狙いの客で満員。
〇〇という小さな磯が空いていた。
小光子の釣りの時間帯だと、潮の低い時間を釣るので、波も静かなことだし、あげてもらうことにした。。

しかし、大潮というのに、潮は殆ど動いていない。
少しマキエをすると、ボラが乱舞する。
「やれやれ、潮が動くまでチヌでも狙うか?」っと、試行錯誤するが、餌が落ちるまでに巨ボラが何度でもかかってくる。

画像
(66cmボラを筆頭に)

また見島の二の舞になるのだろうか・・・・・・?と嫌な予感がする。
ボラばかり釣っていると道具が傷むので、仕掛けを沖に沈め、底層近くをトレースするも、ガシラばかり。
そしてボラが居なくなると、今度は最悪の「子サバだ・・・」。コイツには閉口してしまう。

何とか潮が動いてくれないだろうか・・・・。
納竿は16:00である。
そして時間は15:20。焦り顕わにふと右の海面を見ると、流れが見える。
チヌ仕掛けを入れてみると、沖へ向って早く流れる。

よしシメタ。あわてて竿も仕掛けも交換し、マキエを流れの際に撒く。
ウキに板錘を貼って流れに中に沈める。
案の定、直ぐにアタリがあるが、チャリコ。
「お前さんではないのだよ」
時間が無いのだ。マキエを多い目に撒いて仕掛けを入れていく。ラインは7・80mは出ているか・・・?
その時「コンコン」としたアタリだ。
ヨ〜ッシ、想定どおりだ。
あわせた。とてもいい感じ。たぶん50オーバーのマダイかと思われる。
そして慎重に取り込んだのは、このヒトだった。

画像
(41cmクチブト)

早い潮の流れに逆らって巻き上げていたので、実際のお魚さんよりは、重く感じたのである。

「ああ残念、しかし時間がない」
グレにはナイフを入れただけでそのままにしておいて、すぐに打ち返しをする。
またチャリコ。
大きなガシラ。そこで、15:50にあいなり、時間切れ。

画像
(27cm頭に5匹)

またも桜マダイは不発に終わったのである。
この潮(パターン)で、あと1時間あれば「絶対に桜マダイが釣れる」と思った小光子だが、そうはいかないのが世の定めなのか、後ろ髪を引かれながら迎えの船に乗ったのであった。

この日は晴れから曇り。波も小さい。大潮。
絶好のマダイ日和なのであるが、1級磯の面々も、殆どが釣果が無かったようだ。
どうもこのところ、小光子が行くと潮に嫌われるのだ・・。

桜が散ると、近辺は竹の秋を向かえ、名産のタケノコのシーズンだ。
これに目の無い小光子。買えば高価なのだが、ご近所から、結構頂くのだ。

画像


画像
(この刺身は校長先生の藪産)重なったもらい物は、こちらに軍配があがった。

しかして、竹の子と若芽のおつゆ、若竹煮、タケノコの刺身、ガシラの刺身、グレの刺身、モロコの飴炊きでぬる燗酒となり、桜マダイは釣れなくとも「至福の小光子」、春の1日であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
桜マダイはゲットならずとも、美味い肴に大満足ですね!
良く肥えたグレ、美味そうです!ガシラの刺身も美味いですからね〜!(o^-’)b
kouji
2012/04/20 22:26
koujiさん、そうなんですよ。
このグレ、まだ沢山卵を持っていましたよ。行き遅れ、というか、晩熟のグレちゃんです。
さほど遠くなかったら調理済みの竹の子を食べてもらえるのに・・・・
小光子
2012/04/21 14:36
ガシラもグレも本当においしそう!!!

送ってもらった筍も本当においしくて、フクチャンと「おいしいね。」を連発して食べたよ。
今年は筍ご飯が本当に上手に炊けてもうとろけそうでした。
お刺身も会社の先輩にわざわざ食べにきてもらったり、ご近所の2軒に持って行ったりしましたがとても好評でした。ありがとう。
彩風
2012/04/25 17:47
彩風さん、今年の竹の子は「遅れている」と言われていましたが、出れば一せいに出たようで、小光子家ではご近所・知り合い・友人、と沢山頂きました。その中で、塚原のものが京都のブランドでは最高級のようですが、もらったものは全て良質のもので甲乙付け難いものでした。
小光子は毎日食べても飽きていません。
そして、贈答用のものを除いては、まだ一度も購入していない状況です。幸せなことです。
また釣った魚との相性は抜群ですね
小光子
2012/04/30 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜マダイはいずこに・・・ 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる