小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 無償の愛

<<   作成日時 : 2011/10/18 10:35   >>

トラックバック 0 / コメント 8

見えないものを理解することは難しい。
「百聞は一見にしかず」という。確かにそういうことは多い。

それにしても、この世の中「見てみないふりをして通りすぎる人」が増えた。
聞いても聞こえないふりをしている人も多い。
「見ざる、言わざる、聞かざる」と言うことなのか・・・・・・。

人はついに猿になってしまったのだ・・・・。いいことか悪いことか小光子的には明解だが・・・。

また、この世には少しだけ聞き、よくも確かめないで、「百の理解と千の経験」があるように振舞う人も多い。
悲しいかな、その愚かさは多くの人に簡単に見抜かれて、無言の軽蔑を被る「裸の王様」へとなってゆく。

こんな風に考えると、シエークスピアが「人生は動き回る影法師、哀れな役者」とマクベスに語らせたのは、スバラシイ人生の比喩である。

2011年9月は2人の孫と姪孫(てっそん)・・・姪の子供が愛でたく誕生した。
小光子の子は2人しか居ないのに5人目の孫、そして1人目の姪孫だ。

画像


画像


産まれることの期待に待機し、産まれてからの世話でカミサンは自発的に、そして自動的に動員された。
しかし、お産などというものは予定は未定。こちらのスケジュールなど決められたものではない・・・。
カミサンに助けてもらいながら寝たきりの母を介護している小光子は、なんとも自分の行動を自分で決められない長い期間が続いたのだ。

そして、この秋晴れのように、内孫の「新大」(あらた)、外孫の「葵」、が誕生した後、カミサンの長いお勤めも終了したのだった。

シメシメと、小光子はたった1日、母の介護を無罪放免になったカミサンにお願いして、「久しぶりの淡路島」に釣りに行こうと、準備万端であったのは昨日まで・・・・・・・・。

しかし、しかし、しかしなのだ・・・・・。
カミサンは前日に発熱をして寝込んでしまった・・・・・・・(小光子のタクラミは脆くもオジャン)

勿論、こんなことを新大・葵は知ろう筈もない。
そして、小光子達はこの齢になって、人は自分の知らないところで、多くの「美しい無償の愛」をうけて生きてきた、といことを再確認した。

「可愛い」としか言いようのない赤ん坊をみて、多くの「無償の愛」と言う言葉が、心に沁みるものとなったのである。

そして小光子には、「人間は存在構造上自由であり、したがって常に未来への選択へと強いられており、それ故自由は重荷となる」というサルトルの考え方がピッタリあてはまるような気がする此の頃だ・・・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
台風、孫たちの到来が何回も釣行を阻止してしまったようですね。ゴメンネ。

ただ、ゆらゆらゆれる釣り糸もしっかり竿と結ばれていなければお魚は釣れません。たくさんのものに縛られている小光子さん。いつかとっても大きいモンスター魚がかかったとき、きっと糸か切れないようにかみさまが采配してくれるはずよ。
彩の風
2011/10/18 12:39
いやいや彩風さん、ありがとう。
でも、あきらかに縛られているものは少なくなりましたから、ただのヨッパライになり、言ったことも、やったことも無責任に忘れてしまう日々でございます

フフフフ、またまた最近タックルは協力になってしまい、お魚さんが食いついてくる確率を減らすような、退屈な「釣り」に向っています。
小光子
2011/10/18 21:03
釣りの機会を減らしてしまったようで申し訳ない。
ただ、いつでも行けるよりも何かに縛られながら、
たまに行ける方が行けた時の喜びが増すということで、
ご容赦頂きたい。
自由な時よりも何かと縛りが多い今の方が、
何事も前よりも楽しめると感じる今日この頃。
家族が増えるのは素晴らしいことですが、
責任もその分、増えます。
子が親を大人にしてくれるというのが、
よくわかります。
奥様の具合はいかがですか?
お大事に。
KUNI
2011/10/20 12:44
♪こんにちは。
猿年ですが、見て 聞いて コメント!?
百の趣味と、千の・・・の裸のシニアからみても、
多くの お孫さんに囲まれ すばらしい人生ですね。
イクメン、イクジジ・・・
こちらも やっと年末に 初孫予定で、
なにかと 勉強になります。
最後の 猿トル・・・ 自由閑人に重荷にも!?
奥様は 小澤家のモンスターかも、お大事に。
EGA
2011/10/21 12:10
KUNIさん、めずらしい人がここにやってきました。
小光子の戯言など読んでくれるのは素直に嬉しいばかりだ。

責任と言うのは、結局はその人間の感受性の問題だろうな
同じ境遇に置かれていても、大きな差があるのは、同じ人間なのに誠に不思議なことだ。
だから世の中、オモシロイのかも知れないが・・・・・奥様は小光子に風邪をうつして治癒しつつあります
小光子
2011/10/21 18:28
そうですか。Egaさんも初孫ですか。
「猿トル」はなかなかシャレいて面白いじゃないですか。
小光子
2011/10/21 18:33
久しぶりの淡路島が… 阻止されてしまったようですね!(笑)こちら毎週のように出撃しているのに、大した釣果も無く… ただ、足の痛みに耐えながら釣り糸を垂れている私…(^_^;) これも考え物ですね!
11/20(日)に徳島伊座利で「ZNC」秋の大会を行います!スケジュールが合いそうなら是非参加して下さいね!


kouji
2011/10/26 21:37
Koujiさん、ありがとうございます。
徳島、近いのですが、小光子はまだ一度も徳島の地を踏んだことがないのです。不思議なくらいです。
11/20その頃には、足は完治しているでしょうね。

どこでも行きたがりの小光子ですが、日曜、家を空けるのが、なんとも困難な小光子なんです
小光子
2011/10/30 15:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
無償の愛 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる