小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 下心

<<   作成日時 : 2011/05/25 19:12   >>

トラックバック 0 / コメント 8

「シュッポ、シュッポ、ビービー」
「うわ〜、キレイナお花畑でしゅね・・・・・」

画像


5月21日(土)はカミサン大ファンの「枚方パークのバラ園」は見頃だったのです。

切符を2枚買って、1枚をカミサンに渡したときはさすがに苦笑い。
よくも還暦を過ぎて久しい2人が、コッパズカシクも、子供も連れないで遊園地の汽車に乗るもんですね!
楽して沢山のバラが観られるという功利的な小光子の軽い思惑だったのですが、それはマッタク見当違い。彼女は一種づつ、葉っぱまで手で触って、「じっくり観る」というくらい、バラにご執心だったのです。

そろそろ6月に入ると小光子も「モンスター退治」で家を空けることが多くなる。
そうなると、寝たきりの母をその間、カミサンに頼まなくてはならない。
その為には、そんな恥ずかしいことでも、だるくて疲れることでも、厭わない小光子。
まあ、「下心」があるわけですな!

というわけでお昼になりました。
画像


家族連れは、お母さんがこの日の為に腕を振るった、花々しいお弁当を楽しそうに食べています。

一方、小光子は、昨夜の残り物のブリ大根、竹の子の山椒煮、富田のトマト、etcと、無骨な手で握ったおにぎり。誠に「カワイ気」の無い、茶いろ〜いお弁当ですが、これも涙ぐましい「下心」の産物なのです・・。

でもブリ大根は天然ブリのカマで作ったもの。竹の子の山椒煮は京都大原野の竹の子と我が家の山椒。和歌山は富田川の流域でとれたトマト、と吟味された食材で、おいしいんです・・・。

画像


そしてそれから延々と、思う存分・・・・・の、大サービスをさせてもらいました。
ほんの一部ですが、綺麗どころを・・・・・(左クリックで綺麗な画像になります)

画像
アシュラム


画像
カトリーヌドヌーブ


画像
クリストファーストン


画像
ゴールドバ-ニー


画像
ザーダークレデー


画像
シャルルドゴール

画像
ソフイーローズ


画像
パーマネント ウエーブ


画像
バレンシア


画像
ブラザーカドフィール


画像
フランシス ブレーズ



画像
マチルダ


画像
モリニュー



画像
ル ドウテ



まだまだありますが、キリがないので、日本美人で絞めます。

画像
近衛



画像
円山



画像
たそがれ


これだけ大サービスしたので、次回の釣行では、きっと、お魚さん釣りの女神が小光子に微笑みかけてくれるでしょう・・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
枚方パークのバラ園、綺麗ですね。そんな素敵なバラ園が近くにあって、毎度羨ましい。
お手製と思われる、『材料は素晴らしい』弁当の画像にmurokenは思わず涙しました。『下心』の色って茶色だったんですね。勉強になります。
小光子先輩の山の神も、さぞや満足されて気持ちよく『モンスター退治』に送りだしてくださるでしょう。
しっかし、山の神のご機嫌を伺っても、海の神には通用しませんね!
murokenが尊敬してやまぬ小光子先輩。モンスターは自力で釣りましょうねん!うひひ(^0^)
muroken
2011/05/28 22:15
ははは・・・
下心デート!
下心手づくり弁当!
下心バラの花!
下心も モンスター!
若く 楽しいですなあ。
梅雨時でテニスが出来ず こちらもブログ遊び中です。
EGA
2011/05/29 11:45
素晴らしい! すバラしい! 愛妻。
羨ましい。
カマメシ
2011/05/29 16:53
考えてみれば、最近murokenさんは「海の神」より「山の神」にご執心のようですね。殿は、ついでに「海の神」にお通りになるような・・・?

ワカッタドゥ〜
釣れない原因は、「海の神」の嫉妬なんだ・・・
小光子
2011/05/30 09:14
Egaさん、下心を広辞苑で引いてみると@義に(心の底で考えていること「本心」)とあり、2義に(かねてのたくらみ。特に悪だくみ)とあります。この下心の羅列はどちらも含まれているんですよね!
Egaさんはどちらの下心も・・・・?
小光子
2011/05/30 09:31
カマメシさん、バラをシャレましたね。「愛妻」っていう名のバラがあるのか、調べてみます
小光子
2011/05/30 09:41
モンスター退治のために、何かと前準備が必要ですね!(笑)この時点から釣りが始まってるのかもしれませんね!(笑)上手く釣れましたか?
kouji
2011/05/31 22:46
その通りです。釣りは思わぬ時点から始まって続いています。
「釣りは心なり、心は釣りなり。それ故に釣りは楽しく、また、釣りのある人生は楽しい」と、ある釣具屋さんが書いていましたが、その通りです。

まずは、丘釣りの方は上手くいき、明日出陣です。
小光子
2011/06/01 17:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
下心 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる