小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の散歩

<<   作成日時 : 2010/12/01 18:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

11月30日(月)。天気もいい。

カミサンにしては聞き馴れない言葉、「たまにはベタなところへいこうか・・・?」ということで・・・・・・

なんとなく気合が入り出かけてみた。

ここ京都の名所「永観堂」には小光子の旧知の友のお坊さんが居たことがある。

こんにちは!
画像


画像


平日だというのに結構人が多い。それでも、土・日を想像すると、この日の幸せを感じる・・・。

瓦の上に首がある画像がオモシロイ!
紅葉づくし、保存画像版です。
画像


画像


画像


画像


庭に出ると、池の背景に東山の借景が・・・・・

画像


画像



散り際も尚美しい。人間もこうであればいいのだが・・・・・
画像


画像


画像


画像


密教を思わせる装飾
画像


そぞろ歩きの小光子たちは、東山高校の前をとおり、南禅寺も散歩

画像


画像


それから野村美術館、光雲寺の小川治兵衛さん作の庭が修復されたということで、観にいったが小光子達は山県有朋氏の無りん庵の治兵衛作庭の方が庭としては好みだ。

画像


画像


最後に、たまたま見つけた「泉屋博古館」に立寄った。
ここはあの住友財閥の15代目吉衛門こと春翠のコレクションで、中国古代の青銅器が収蔵されていました。
京都に何世代も、そしてはるか半世紀以上住んでいるのに知らなかった小光子、特に遺跡好きのカミサンには大当たりの発見でした。
小光子としても、紀元前に作られた青銅器にはとても興味深いものがありました。
ここでは、入り口しか示せないのが残念です。
画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
風邪風邪風邪のたたりで紅葉見物というものにいけなかった。
ここ数年でもっとも赤がきれいだというのに。
ただ、マンションの植え込みの落ち葉でも色とりどりに染まり、それを菜々子が集めて並べてくれたのがとてもきれいだった。

ショウコウシとママリンがこのように京の秋をレポートしてくれると私もそこに行った気分。
満足、満足。
彩風
2010/12/06 16:14
確かに、そうだったかもね。
しかし小光子達も気がついたときには、散り行く紅葉を観たのでした。
自然は優秀な芸術家だね!
小光子
2010/12/08 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の散歩 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる