小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の贈り物

<<   作成日時 : 2010/11/26 21:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

和歌山白浜に頻繁に行くようになってから、お付き合いができた友人がいます。
彼はかなりのレベルの陶芸家です。
しかし、芸術はやはり必ずしも富をもたらすものではないです!。

そんな彼、小光子が一方的に命名した「ヤマトステルノミコトソウスケ」さんですが、自分で採った「小鹿の肉」を送ってきました。
彼は、たぶん日々暮らす現金に窮しているだろうに、獅子肉、モズク蟹、等々、イロイロと自分の生活から身近に得られる、オイシイと思うものを、送ってくれるのです。
まあ、そんな贈り物は内容がなんであれ美味しいのですが、感情的な評価で無く、客観的にまずいものなど一度も無かったように思います。勿論、防腐剤、化学調味料等など、皆無のおいしい食料品ですからね。

この鹿肉も毛皮付き、内臓付きでなくて、小光子にとっては救われたのですが、、この骨をどのように処分すべきか、少し苦慮しました。
画像


小光子は過去に3度、2回は料理屋さんで「刺身」、1回はプライベートで焼肉で食べましたが、とても硬く、ダメだったので、シチュウにしました。勿論、小光子の料理の出来がよかった?ので、美味しかったのですが、今回は贈り人の勧めで「薄切り焼肉」にしました。
なんともヘルシーで、牛・豚・羊、そして獅子等、そんな独特の臭いがなく、固体が若かったのか、硬くもなく味わいがありました。
画像


さあ、冷凍保存した鹿肉を今度はどんな料理で食べてやろうかな・・・・?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
冷凍したってことは・・・・。
高まる期待

by 娘夫婦
彩風
2010/11/30 11:29
期待はいいけどノロウィルスを持ち込まないで
お肉に目覚めた菜々子にはもっとおいしいやつをご馳走して、ゴマをスラなくては・・・・!
小光子
2010/11/30 18:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の贈り物 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる