小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 春のめぐみ

<<   作成日時 : 2010/04/13 18:23   >>

トラックバック 0 / コメント 10

花は散ってしまった。
と嘆くことはない、この辺りでは「竹の子」が旬となる。
凛とした竹林が背後にあると、それだけでも涼しげでいいもんだが、これまた「旨い」とくるから、こたえられない。
しかし、この竹林も、農家の高齢化が進み、放置されてしまっているところが多くなっている。
それは、竹林を見ただけで一目瞭然、美味しい竹の子が採れるのは美しい竹林である。
「暗い密林」のものは旨くないのだ。

画像

手入れさえすれば、柔らかくて、アクの少ない竹の子が採れる環境があるのに、誠に惜しいことだが、竹の子の旬だけで、一年間家族を飯わすことはできない・・・。それが現実だ。

とか言って、以前、竹の子掘り用の独特のツルハシをもち、「ヨ〜シ、オレが!」と友人の藪に行った小光子だが、力に任せてやりすぎて、腰痛になった苦い経験がある。
そんなことをしなくても、この時期になると、いつも買わなくていいくらい、たくさん頂くことになるのに。
地元の強みであり、本当に幸せなことだ。
ただ、後先を考えずに、なんでも「やりたガリ」のバカな小光子がここに居る。

勿論、これも頂いたものだが、美味しいところを少し紹介する。

画像


画像
色白で、上品なところだ。

画像


それでもまあ、竹の子だけではもの寂しい。

ということで、春の海の幸、「のぼり鰹」を和歌山は周参見(すさみ)から取り寄せて、旬を楽しんだ。


画像
(朝捕れたものが翌朝10時京都着)

この時期の鰹は、秋のもどり鰹のうまさとはまた違い、さわやかな軽い酸味とモチモチ感がなんともいえない。
ただ、このモチモチ感は新鮮でなければ味わえないし、さわやかな軽い酸味も24時間以内というとこであろう。
まあ、上記はギリギリということだった。

やはりホンマモンはその地でなければ、ということだろう・・・・・
日本人に生まれて良かった。
これでもう小光子は「幸せだなぁ〜・・・」ということ単純な男である・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。

旬というのは食べ物に限らず良いですよね。

宮古の今は・・・って、よく分からないのが残念です。
カンナ
2010/04/13 20:58
こんばんは。
旬の食材は素晴らしいですね〜!
私も竹の子は大好きですョ!会社の上司から毎年頂いています!今年も一昨日に頂きましたが… 未だに料理出来ていません(~_~;) せっかくの竹の子が… 竹になってしまいます!(笑)
のぼり鰹?初めて知りました!勉強になります。一度食べてみたいです!(o^-’)b

kouji
2010/04/13 23:58
カンナさん、こんばんは!
「この時期にしか・・・」と感じることによって、「慈しみ」が生まれるのかもしれませんね。
まあ、釣魚にも旬がありますよね。
この時期、こちらは磯からの「桜真鯛」がほぼ終わり、チヌのノッコミです。
小光子
2010/04/14 21:26
Koujiさん、その竹の子の扱いは・・・

そうですか、それなら美味しいのぼり鰹は来年になるかな?「グレ・チヌ」釣りに白浜に釣りに来てくれれば小光子が御馳走しますよ!
小光子
2010/04/14 21:37
偶然かも。
家内がいつもお世話になっている 筍農家で、
以前 たけのこ掘りをさせてもらったことがありますが、だんなが 昨年亡くなり たけのこ林はホソボソとなったそうで 継ぐ人なく荒れているそうです。
毎日、たけのこ と初鰹頂いています。
EGA
2010/04/15 11:37
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
たけのこいいですね〜!たけのこの刺身はまだ食べたことがありません><

カツオのタタキは大好きです。
報告まで・・・

クロ菊
2010/04/15 21:05
Egaさんもこの取り合わせが好みですか。
いいですね!
小光子
2010/04/17 18:16
クロ菊さん、おばんです。
この竹の子の食べ方はこの辺りでしかしないのではないですか?まず、アクと繊維質が極少ない竹の子が無いとだめですから・・・。
もどり鰹はタタキ、のぼり鰹は刺身の方が小光子は好みです。お酒とあいますね
つい飲みすぎます。
小光子
2010/04/17 18:22
竹の子は、京都に来てから、毎年楽しみにしてるんですヨ〜。
地元北九州も竹の子名産地なのですが、
家からは遠い所に筍山があるので、機会がなかったのです。
幸せなシーズン到来ですっ
シュンメ
2010/04/17 21:30
シュンメさんこんばんは!
トップの画像は小光子の散歩コースです。
今の時期、皆さん竹の子ほりに精を出しておられますよ。
小光子
2010/04/17 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
春のめぐみ 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる