小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜子のお宮参り

<<   作成日時 : 2010/01/24 22:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 2009年の10月10日、身重の娘が体調不良のために里帰りをしてきた。
2ヵ月ほどはほとんど寝たり起きたりで、あまり動けなかった娘は、12月23日に、めでたく次女を出産した。
その子は「桜子」というレトロな名を両親から授かり、今小光子の隣でやすらかに眠っている。

かれこれ3.5ヶ月京都で養生したた娘、長女の菜々子、毎週末、埼玉から新幹線で京都にやって来た桜子の父、そんな新たな絆を創造してやっと生まれた「桜子」は名古屋のおじいちゃん、おばあちゃん、おばさんをも呼び寄せてしまって、京都で「お宮参り」を終えることになったのだ。

画像


画像


画像



桜子と母の為に、身近な人たちのそれぞれの愛が集まった。何度も京都に来てくれたことが物語っている。
そして桜子を肴に、久しぶりにこのメンバーで楽しく食事会をした。

画像


画像


画像



身重になってから、子供の出産、育児、にいたるまでを見ていると、人間というのは一人では生きられない。
「本能で固められた特殊な絆で、身近な人の多くの加護を受けて育つのだ」と、還暦にして、あらためて痛感したバカな小光子だ。
つまり、生まれる時は母と繋がっていて、ただ生まれただけで多く人の慈しみの心を集め、そしてそれが故に育つ。
なんとも単純で、多くの人が共有できる美しいことではないだろうか。

食事も美味しかったが、何よりもみんなの喜びが一致していることがすばらしく、それが、間違いなく桜子の将来を幸せにするだろうと思った「小光子の心」だ・・・・・・。

昨日も今日も、真冬の柔らかい陽が昇り、果てしなく青空が広がっていた・・・。

画像



明日、彼女達は自分達の塒(ねじろ)に帰る。

そして、3.5ヶ月ぶりに、小光子の家に静寂がやって来る。

みんな同じだろうが、ホッとすると同時にちょっとした寂しさがある・・・・・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3人目のお孫さんが生まれていたんだ。
モンスターに気をとられ、ウッカリ。
遅れましたが もうお宮参り 桜子ちゃん おめでとう。
昨年は 結婚や、お孫さん誕生でお忙しいところ、
テニスほかいろいろお世話になりっぱなしですが、
「小光子の心」でよろしく。 
EGA
2010/01/25 11:20
 egaさん、昨日、竜巻は東の空に去っていき、カミサンをさらっていきました。お陰で静寂を取り戻しましたが、小光子は今日から主婦とヘルパーになりました・・・
小光子
2010/01/26 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜子のお宮参り 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる