小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 7人のテニスメン in NARUSAWA(その1)

<<   作成日時 : 2009/08/31 17:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 少ないチャンスに出かけては、釣りばかりしている小光子、何にそそられたのか、今回は意外にもテニスラケットを持って新幹線に乗った。
やはり、富士山を望める「イージス館」に秋風を探したかったのか・・・・・。

行き先はテニス仲間の「イージス艦長」が昨年購入した山梨県鳴沢村の別荘である。
いつの間にか、この仲間で行くことが、断固として決められていたようで、小光子は、ただただ、賑やかしのお役目をあずかり、同行させてもらったのだ。

断固とした人は誰なのか・・・・、
その人はたぶん、体躯は小ぶりな女性だが、悩み大きな教頭先生なのだろう?
この先生、ホントは富豪なのに、自分が借金苦で病んでいる人のように見られる事を、悩んでいらっしゃる・・・。
ま、それはどうでもいいが、いつも素晴しい実行力と決断力で、皆を楽しませてくれることに、敬意を払わねばなるまい。
本当にありがとう。

 昔、出張時に、車窓から北天の蒼穹に白い帽子を被った富士山を、運よく望んだことは何度かある。
その姿は、実物以外のもので昔から日本人の意識の中にに深く入り込んでしまっているためか、その美貌に一定の感嘆があったのだが・・・・・・。

「新富士の駅」に下車するのは初めての小光子。
艦長が「皆さん、日ごろのおこないが良いので・・・」といった。

思わず見上げると、青空の中に白い雲を携えた富士山は、いままで意識の中にあった富士山とはまったく違った山として、小光子の可視範囲を多くの割合で占領し、真っ黒な雄姿で現れたのだった。
車窓越しの白い帽子の姿とは大きく違って、まさに不動明王のような迫力だ。

画像


 一台は艦長の車、一台は日産テイアナのレンタカー。
ここでも、小光子は、断固として、事前に運転手と決められていたようで、適切なので、喜んでそのお役目を引き受けることになった。やはり、これも教頭先生の采配なのだろうか・・?

 なが〜い富士山の西側の裾野を進む。
少しずつ上っているせいか、ほとんど平坦な道を走っているような感覚で、やがて一行は中木が比較的密に立ち並ぶ広大なエリアに入ってゆく。
楓であろうか、青々とした広い並木道を進んで狭い別荘地内の道に入ると、艦長が艦長たる所以で、昨年から住み始めた「イージス館」に到着した。
そこは近代兵器を積んだイージス艦とは程遠い、「Simple is best」を絵に描いたような閑静な別荘であった。

「蝉時雨、ひねもすのたり、のたりかな」(小光子)

といったことを艦長は目論んでいたのであろうが、今年の夏は、この一行のように大勢のがさつ者がやってきて、さぞかし昼寝の邪魔をしたことだろう・・・。

テニスウエアーに着替えて、一行は繰り出した。
大きく広がる樹海に浮かぶようにして、小さな古いログハウスがあった。
オムニのコートが、樹海に少し沈んでいるかのように、2面で佇んでいる。
規模を縮小して2面だけになってしまったらしい。そこで一行は、1時から5時まで、7人でテニスをする。
これが目的でもない目的だからだ・・?

艦長、「気圧が低いことにより、ボールが良く撥ねる・・」という。
いつもウソのようなホントのような事を言うことを得意としておられ、「ウフフフフ・・・」と笑っておられるのが、この方の特徴だ。

気圧のためだろうか、小光子はこの日、絶不調。ボールが微妙にラケットの芯から外れる。

しかし、出雲の須勢理毘売(すせりひめ)シルキーさんなどは、自らもよく撥ねて、絶好調だ。時たま発せられる歓声は歳に似合わず高音で、静かな森を不埒にも切り裂く。

画像


画像


また、おいしいものが大好きで、その昔、宮崎美子さんを彷彿させる「会計監査さん」は、気圧の低さのために、いつも背負っている重力の負担が軽減されて、体を軽く感じているのか、これまた快調。

画像


画像


勿論、教頭先生は絶好調。(しかし画像なし。カメラとの相性も悪いのか、悩み多い人だ・・・・?)

それに反し、約30年も今は昔、この富士山麓をオリエンテーリングで縦横無人に走り回ったという和尚、勿論、その脚は今も健在だが、これまた不調。
気圧も環境も知り尽くしておられるであろうが、何せ「和尚」、年月が重なり、記憶が朽ちている・・・。

画像


そして、昨年からこのメンバーに無理やり引き込まれてしまった、府知事のトオ〜イ、トオ〜イ親戚?の「ハシモッチ」。有一、テニスで頼りになりそうなこの人も、ひょっとすると教頭先生や小光子の毒に当てられてしまったのか、やはり不調。

画像


画像


このような構図はなんとなく想定内ではあったが、男性陣はいつになく難航し、イージス艦長と共に敢え無く激沈となったのだ。

画像

この記事には根も葉もある誹謗中傷を感じる人もあるかも知れませんが、親しみ故と寛大な気持ちでお読み下さるよう、切にお願い申し上げます
                        <その2へ続く>、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
同じころ 富士山に行っているとは知りませんでした。
艦長の別荘もいつか行きたいですが、高原テニスもいいなあ。
 面倒見もよく 皆さんさわやかに楽しんでいますね。
EGA
2009/09/01 10:26
本当に偶然ですね。
いいところでしたよ!
また、艦長も、よく頑張りました。
さすがに経営コンサルタントです。
小光子
2009/09/01 18:56
艦長さんよく頑張ったみたいですね。テニス合宿〜別荘飲み会すると「よく気づき行動する人」と「全く動かずソファーでお客様」する人といて面白いですね。
輪島さこドン
2009/09/04 11:36
サコドンさん、今度、こんな感じで、磯釣り大会をしましょうか?
参加なさいますか?
ふふふふ、参加費は500mlビール感12本でいいですよ!
小光子
2009/09/04 20:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
7人のテニスメン in NARUSAWA(その1) 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる