小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 不埒者達の釣行その1

<<   作成日時 : 2009/07/14 22:24   >>

トラックバック 0 / コメント 10

「米水津釣行その4」の日記掲載が残っていたが、7月2日夜中、心不全で父を救急車で運び入院させたこともあり、少しバタついていた。
しかし、翌週になって命をとり止めた父は安定し、家に居るよりも病院に居る方が安心となったこともあり、母をカミサンに頼んで、不埒にも小光子は南紀へむかった。
釣り小屋に着いたのは日が変わり7月9日の1時を過ぎていた。
訪問回数が少なく、お化け屋敷化した小光子の釣小屋の草刈を専門化に依頼していたこともあり、口実が出来たのだ。

画像


 小光子はその日の夕方から夜に掛けての釣り、3連荘だ。
翌日はサコドンが家族連れでやってくる。
サコドンは家族をアドベンチャーワールドで遊ばせて、自分は釣りをするという寸法だ。どうして釣り人はこんなに不埒者が多いのか、と我ながら感心するところである。
しかしそれは、こよなく釣が楽しいことに起因するのは、釣り人しかわからない・・・・フフフフフ?

 さあ、南紀のモンスターはそろそろ出現してくれるか、期待に胸を膨らませて、HGに入った。しかし、人の予定と釣りの好条件はなかなか一致しない。
この白浜辺りは、数日前から強烈に降った雨で水害も出ており、会津川、富田川、安久川や小さな各河川から大量の真水が海に流込み、一帯がヒドイ水潮になっていた。
濁りもひどい。

小光子の都合では今回は少なくとも45cm以上のグレを一日一匹づつ、3匹釣りたいのだが・・・・。
そして、願わくはモンスターを征服して凱歌を・・・
しかしこれだと、幸運があってもチヌしか釣れない。

なんとなく、さめた気持ちでゆっくりと準備をし、釣り始めたのは16時を回っていた。
この時期だといつもは小魚でもかかってくるのだが、何の音沙汰もなく時間が過ぎる。
そして18時を過ぎても、空はまだ明るさを、さほど失ってはいない。
「この潮じゃ、やはりダメか?」とさらにテンションを下げていた矢先、ウキが勢い良く入った・・。あわせた。大きくはないが確かな魚信。36cmのイサキだった。
「エエ?」この水潮でイサキ?と思ったが夕暮れ時でもあり日差しが少なくなったせいか、海が「白い緑」から、少し蒼くなったような気もする。イサキが来るなんて、いけるかもしれない。
ガゼン、やる気が出てきた。

続いて、ゆっくりシモっていくウキが少し速度を速めている。竿で聞いてみた。
「コツコツ・・?」、ムムッ!、そして「ガツガツ!」、「バシッ」
乗った乗った、ナカナカ強い、竿を寝かして溜めてみた。奴は少し遠めに逃げて浮いてきた。やはりちぬだ。「夏チヌ」は元気がいい。浅場での50オーバー「グレ」を想定し、仕掛けは2.5号ハリス、竿は1.5号だ。余裕のタックルだが、このチヌ、ドラグを出す力がある。
そして、取り込んだ。
1枚目48cm(磯場の採寸では)クロダイ

画像


まあ、予想通りだ。
まもなく、今度は勢い良くウキが見えなくなった。「ギュ〜ン」っと手までくる。
ヨ〜シっと左手を添えて溜めた。さっき少し緩めだったドラグを締めておいたのでよかった。沖へ向かう、フフフ、しめた。少しラインを出して。止めた。
そして強引に浮かせにかかった。浮いてきた。
2枚目はコロダイだ。コロダイが根に入らず、沖に行くのは珍しい。フフフ、小光子の竿さばきが、たまたま良かったのかも知れない・・・。
「やっぱり来たか」
しかし、45cmと大きくはないが、コロはコロ、引きは強い。

画像


小光子、取り込んでムフフフ・・・・。
これは、陽が完全に落ちたところでモンスターの出現かも知れない、と期待した。

ワクワクしながら、痛んだハリスを交換し、急いで再開。

右のサラシの切れ目で今度は殆ど見えなくなるくらい、ゆっくりとウキがしもってから、竿に明確なアタリ、「ガツン!」
あわせた、今日一の手ごたえだ。そして、早い。奴は例のように左へ走った。咄嗟に竿を大きくヒダリへ倒すと、奴は沖へむかって走る。
その力が強い、しかし、モンスターほどでもない。レバーを緩めて糸を出す。止める。
何やかやで、やはり小光子は釣り座を大きく左へ移動し、高場に立っていた。
しかし、奴は結構強い。又、糸を出して沖へだす。そして止める。
充分にラインも出た。竿も柔らかい。この辺でいいだろう。「よし、いくぞ〜」と左手を添えて竿を立て、巻いてポンピングを始めた・・・・。
3回目くらいだったか?・・・・・・
「スッー」
やられました。その日初めてのバラシ。仕掛けを回収してみるとサルカンの道糸(3号)
側の結び目でブレイクしている。さっきのコロダイの取り込みで2.5のハリスは新しくしたのだが、道糸側の結びはそのままだった。「クッソー・・・・・・・」
弱っていたのだろうか、そして何者だったのか?残念・・・・。
まあ、いい。モンスターはこんなものではないのだ。これからだ。

さて、陽が海に没して、闇が迫ってきたが、まだケミホタルをつけなくても、ウキはかろうじて見えるころ。
焦るな、モンスターはまだまだだ・・・・。

そして、またウキが小気味よく速度をあげながらシモる。
合わせる。乗った。なんども言うが夏チヌは力が強い。
上がってきたのは、先ほどとほぼ同サイズのチヌ(46〜48cm)だった。

もう、わかりましたよチヌさん!これで今日はアナタはオシマイです。
日が暮れて既にウキは見えなくなった頃、小光子はしばし矛を収め、タックルをモンスター退治用に変更したのだった。

2.25がまかつアテンダー、シマノBBX6000番6号ライン、ハリス5号だ。
奴がやってきたら、絶対にラインを出さないと心に誓う小光子だった・・・。

おそらく時間は20時を軽く過ぎていたであろう。
浮かせていたウキがスパッと入った。
「キタッ!」
両手で「ガツ」っとあわせた。
「グルグルグル、スポッ」と、モンスターは浮いてきた。
イヤイヤ、モンスターではない。歳の頃、ハタチのヘダイだ。約40cm・・・。
暗くなった曇天に、勢い良くぶり揚げて、一巻の終わりかと思いきや、「ポキッツ」・・、
信じられない、たかが40のヘダイを振りあげで、アテンダーの2番が折れるの?
がまかつアテンダー2.25号、2番の折れは、これで2回目だ。一回目はクレームの手紙を書き、無償で修理してもらったが、なんか、この竿、これでもう嫌になってきた・・・。

兎に角、御魚さんはキープした。
小光子はすでに、かなりやる気を無くしていた。
しかし、その日はまだなんかドラマがあるようにも思う、貪欲な小光子。
この日は最初使っていた1.5号しか、竿が無かったので、それに4号ライン、3号ハリスをセットして、引き続き、モンスターをめざした。

しかし、梅雨空は小光子の釣り気を厚い雲で覆って居るかのように、息苦しくも時間だけを奪い、モンスターはやってこなかったのだ。

タックルを変えてから1時間、21時半頃までやったが、何の反応もなく、次の日の楽しみとなった。
画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
小光子さんのヨミどおり釣れる とやっぱり釣りは止められませんなあ。そろそろモンスターも。
ところで 最初の写真は 南風館の草ぼうぼうですか? もう2年以上行っていませんが・・・。
EGA
2009/07/15 12:21
そろそろ水潮が改善されたでしょうか。
それにしても暑いですな!
モンスターなかなか出現しませんな・・・。
さこドン
2009/07/15 12:25
またまた「ボキッ」でしたか! 信頼性に?ですね。
次の日の楽しみ結果はいかがでしたか?
さこドンの釣果は?記載ないところをみると・・・か
洛西のシン
2009/07/15 19:16
egaさん、草ボウボウはそうです。でもキレイになりましたよ!
南風館、また遊びに来て下さいね。
小光子
2009/07/16 17:14
そうですねサコドンさん。
今頃はちょうどよくなっているでしょうね。しかし、今回は少し変でしたね。
荒れていたからでしょうが、潮がかなり低い時にも喰ってきましたね。
しかし、今年はいまだモンスターが・・・。
それらしきは前回釣行の一発だけですね!
小光子
2009/07/16 17:17
shinさん今日は。
次回釣行の頃にはひょっとするとモンスターがくるかも知れない。
予定があえば・・・・?
小光子
2009/07/16 17:19
待ってましたよ!モンスター退治!はらはらドキドキしながら読ませてもらいました(^^)永遠に続けばいいなぁ…(笑)
がまかつアテンダー2.25号の2番折れはショックですね!アテンダー&インテッサは 2番の継ぎが浅くて… 良く折れると聞いたことがあります。なので、私はマスターモデルを買いました!(o^-’)b

kouji
2009/07/16 19:39
ああ、そうですか。小光子の使い方が荒いのかも知れませんが、竿を立てた時に2回とも折れています。
しかし、他の竿でそんな折れ方は経験ありませんね。あの粘り腰が気にいってかいましたが、ちょっとイヤになってきました。粘って強い一本(2号以上2.5号以下)のお奨めは無いですかね?
南紀のモンスターの出現は遅れているようです。もう少し先かな?
小光子
2009/07/17 11:33
おはようございます。

モンスター以外の魚は簡単に釣ってるように思えるのですが・・・・それにしても素晴しい釣果ですね〜
クロ菊
2009/07/18 07:08
クロ菊さん、おはようございます。
フフフフ、そうですね。想定している御魚さんが、貪欲にもロクマルなので、昼間の仕掛けでも、ハリス2.5号という太仕掛けなんですよ!だから、50cmくらいまでなら、結構、簡単に採っていますよ!
だから、技術ではないんです。
小光子
2009/07/18 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
不埒者達の釣行その1 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる