小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨空に散歩

<<   作成日時 : 2009/06/21 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 釣り仲間のサコドンが最近ブログを始めた。
振る舞い、会話、そしてこのように考えて書くこと、それぞれ違った表現方法に触れてみると、それぞれ人の様々な一面が発見できて、楽しいものだ。

何が本当で何が仮の姿か・・・、それを見極めることは難しい。
だが、ふと考えてみると、それを見極めることは人を理解する上ではあまり重要なことでは無いような気もしてくる「小光子の心」だ。

人の一面といものは、それが全て本当と考えた方がオモシロいのかもしれない。

飄逸自在に見える人にも必ず苦悩はある。
「考える人」(ロダン)でも、フランスの美術舘で軽いナンパを張っているかも知れない。
それもこれも人の一面と言う事であろう。

サコドンに紹介されて、梅雨空をにらみながら滋賀県は「日吉大社」へ行ってみた。

日本人の心の中に「神」と「仏」が入り混じってあるように、その地域はまさに天台宗の寺院と、いにしへの神社が立ち並んでいた。

比叡山延暦寺の里坊「滋賀院門跡と慈眼堂」、簡単にいえば当時の延暦寺大学を定年退職したお坊さんの「特別養護老人ホーム」といったところだろう。大きなお寺である。
勿論、佇まいは古色蒼然としている。そして、そこでは、彼らが穏やかではあるが威厳を感じさせる表情で、私達に話しかけてきたように思えた時間があった。

画像


信長に焼き打ちにあった延暦寺から移したナタネ灯篭
画像


小堀遠州作庭
画像


襖絵
画像


襖絵(架空の動物の絵がオモシロい)
画像


架空の動物の絵がオモシロい
画像


日清戦争前、天皇が清の皇帝に献上する筈であった屏風
画像

比叡山の裾野にこのような里坊が90もあったらしく、現在でも50余りのこっており、10箇所が国定名勝になっているようだ。広大な敷地に余裕の佇まいをみせてくれる。


勿論、国宝と言われる流麗な曲線の屋根を持つ神社の建物も、濃い緑の大木の囲まれていると、梅雨空の下で、湿度の高い、深い呼吸をしているかのように見える。
やはり、神様が住んでいるのだ・・・・。

画像


突然現れた貝殻の首飾りをつけたシャーマンが神様を呼んだのか、突然空が暗くなった・・・。

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>釣り仲間のサコドンが最近ブログを始めた。
サコドン で検索しても 小光子さんのブログしか出ません。URL教えてください。
日吉大社 おもしろいものが結構ありますね。
この日は 突然の豪雨で暗くなり シャーマンが神様がより美人に!
EGA
2009/06/22 10:31
egaさん、今日はあいにくテニスが中止になりましたね。残念・・・・。
この辺り、広大で閑静で、かつ歴史感があって面白いですよ!
サコドンのブログ、よく考えたものだ、と思うのですが「輪島サコドンの心」といいます。以下です。
http://blogs.yahoo.co.jp/masaka_ferra66/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=1
小光子
2009/06/22 11:12
突然、暗くなり「魔法使いのお婆さん」が現われてビックリしました。また魔法を用いてへダイやコロダイを釣りそうですね。日吉大社は、とても水が美しい所でもあります。
さこドン
2009/06/22 11:36
小光子さん、こんばんは。
貝殻の首飾りをつけたシャーマン?(笑)とてもお元気そうですね…(o^-’)b

サコドンさんのブログ覗いてみます!(^o^)

kouji
2009/06/25 22:18
サコドンさん、モンスターを小光子のためにとっておいてくれてありがとう。
次回、しとめてあげますから・・・!
小光子
2009/06/30 08:13
koujiさん、こんにちは!
シャーマンが、モンスターが釣れるように、呪術を使ってくれないかなぁ〜?
京都は置いておいて、広島、山口、九州の精鋭12人が集まっても米水津のグレは微笑んでくれませんでした。
それでも、広島と福岡の釣り人が48cmクチブト、40cmオナガをとりました。後は激沈でしたね!
小光子
2009/06/30 08:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨空に散歩 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる