小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 6マルのタックル

<<   作成日時 : 2009/03/29 20:42   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 近頃、ボーズフィーバーという病原菌が流行しているのだが、完全に感染してしまったサコドン。予想だにしていなかった年無しを見せられ、喰って美味くはなかったものの、明日への期待は高まったに違いない。
来たのは22時、それからの飲み会だから、寝たのは日が変わって3時だったか?
それでも3月26日朝8時には目覚め、サコドンはやる気充分。

画像
                (山桜)

が、しかし・・・・

天気は快晴だが北北西の強風は吹き止まない。しかも昼間は潮が低い。
いつものところでやっても撒き餌と体力を消耗するだけ。
だが、少ない休暇をとってはるばる南紀にやってくるサコドンの心境を推し量ると、少ない可能性でもある釣り場なら、出来るだけ早く竿を出したい、という事だ。
それが若い釣り人の本音だろう・・・・?
久々の釣りの疲れと夜更かしで、けだるさが残る老体に鞭打ち、前回「マグレぐれ」を釣った志原の地磯を案内する事にした。勿論サコドンは始めての磯だ。
ここは干潮でも、今頃、チヌ・イガミならいける。

風を背に受ける釣り場を選び仕掛けをいれる。
潮の動きもサラシの状態も申し分ない。
サコドンの環付きウキは水中を快く漂い、今にも青い海中に吸い込こまれそうな様子だ。
ここで、浮きが入るか・・・・?と思わせる状況が続く・・・・・。
そして、それから2時間ほど、この春の釣りは私達を裏切ることはなく、オキアミは残ったまま、上がってくるだけだったのだ。

覚悟していたことだ。2人は余裕をもって諦め、途中、この辺の名物「サンマ寿司」などを買い、昼食をとりに基地にもどり、休憩して、夕方に賭ける事にした。

この日の第2ラウンド開始は15時頃、
サコドンは、やっと、なんとかお気に入りの場所で仕掛けを入れることが出来た。
風は強いとはいえ、思った場所で、思った釣り方で糸を垂れることができれば、釣りは80%満足というのが、サコドンのうれしそうな様子で小光子にはよく分かる。

この時期この場所は「チヌ釣り」だ。グレは期待できない。勿論モンスターは冬眠だ。

小光子はタックルの選び方をこういう方法で決めている。決めておいた方が後悔は無いし、楽なのだ。
「本日、(この場所で)(この状況で)(最大どれくらいのサイズの)(どの魚種のお魚)を釣りたいか?」を設定し、自分に問いかける。

この日は「チヌのロクマル!」

となると、釣り番組に出てくるテスターの人たちの磯チヌ釣りのタックルから比較するとダサクて恥ずかしいのだが、現在小光子的には「竿1.5号、道糸3号、ハリス2.5号」という答えになる。
「ええ、ロクマルといえど、チヌごときでなんでこんな太ハリス?」と言う人も多かろう。
でも、小光子はプロではない。自分の腕と照らし、採れると思うタックルでやればバラシても後悔は少ない。勿論、40オーバが食いつかなくても、やはり後悔は少ない、・・・・・。
また、自信をもってやり取りするのと不安げにそれをやるのとでは、掛けた時の釣技の発揮度は全く違うと思うからだ。大胆かつ繊細に対戦するにはタックルの不安は小光子には障害なのだ。

満潮はこの日18時前だ。
やってくるとしたら奴は19時頃か、と思いながら、何も居ない、ただの水溜りに撒き餌をし、仕掛を入れるような作業を延々と繰り返している。
人のことを言えないが、「サコドンも好きネ・・・・・・・・・!」
文句も言わずにセッセとやっている。

サコドンは小光子の左、いつもの定位置、小光子も一人なら、その位置から広範囲に攻める。しかし、今日はサコドンの右に釣り座し、浅場を狙っている。

日が長くなった。17時を過ぎてもまだ明るい。
何も釣れなく「小光子の心」も、WBCのイチローじゃないが、折れそうになっている。
2日目だから、疲れもあるのだ。
しかし、磯に腰をかけながらも集中力を絶やさない小光子は、サラシ始めた浅場で突然ウキが入った瞬間を見逃さなかった。

     「掛けた。デカイ!」
                        続く・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ!!とうとう…ロクマル?ですか?(^_^;)
そんな簡単に釣らないで下さいね〜!

私も… ボーズフィーバーという病原菌に感染しているみたいです!(笑)

kouji
2009/03/31 02:25
おおっ、キタカ大物??
早く続きが読みたい・・・
グレ次郎
2009/03/31 09:05
やっ!やりましたね、2日連続の・・年なし?とのやりとり、続編が楽しみ・・・
sakapon67
2009/03/31 14:31
koujiさん、小光子もかろうじ・・・、と言ったところで感染を逃れています。
確かにロクマルにちかっかったのですが、それが・・・・。
小光子
2009/03/31 21:40
sakaponさん!
大先輩からすれば、バカみたいなことで楽しんでいます。
しかし、釣りはタ・ノ・シ・イ
小光子
2009/03/31 21:44
グレ次郎さん、続編を読んで、絶交しないでくださいね・・・・?フフフフ
小光子
2009/03/31 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
6マルのタックル 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる