小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 年はとりたくない!

<<   作成日時 : 2009/02/13 22:45   >>

トラックバック 0 / コメント 13

勇んで来た南紀だ。
2月11日17時頃、一度だけ挨拶してくれたモンスターはこの場所に居た。
画像
           (モンスターの根城)
いつもここでしか食わないが、いつもやられる・・。だから最近は余りここでやらないのだが、あまり食わないので、吸い寄せられるように仕掛けを入れた。
期待を裏切らなかったが、結局、2.5号メタルラインが秒殺となった・・・・。クッソウ!メタル問題アリ!

この11日はアジのフライだけで「お・さ・け」をやってしまった小光子、後が無い、これでは終われないだ。

2月12日、13時頃干潮、マイポイントは干潮の昼の釣りは期待できない。しかし、このままで京都に帰るには、と気持ちが焦る。
そこで、ふと、10年以上前に良く通った地磯を思い出した。干潮でも、いや、干潮こそいい場所に入れるところだ。
思いついた。「久々に行ってみよう」と30分車を走らせる。まあ、そこで、やってダメなら夕方からマイポイントへ・・・、という魂胆。
画像
画像


な〜とも疲れた。予想して、衣服を脱いで袋に入れ、最小の荷物と、殆ど下着姿で歩いたが、こんなに距離があったとは記憶違いだ。
「加齢とは切ないものだな〜、昔はなんともなかったのに」と、独り言をいって、しばし岩に腰を下ろし、真冬の海岸で汗を拭く小光子だった。

この場所の釣り場は広い、人も結構入っているが、昔からいつも、どこで釣るかを迷うほどいろんな釣り場がある。
普通、釣り人は、切り立っていて紺碧の深みの奥にに大魚を想像する。確かにそこに居る場合もあるが、それはあくまでも、人の未知なるものへの憧れに過ぎない。先入観というものだ・・・・・。
おおきな魚さんは、場合によっては深さ1Mのところでもやってくることがあるのだ。

地元の「おいやん」がトロンとした潮で「イガミ」を釣っている。
尋ねてみたら、小さいのが一匹釣れたらしい。
まあ、夕方までの干潮時の暇つぶし、おいやんの左横のサラシが右奥へ流れを作っているところに小光子は入った。
手前に撒餌をすると気持ちよく沖へ出て行く。
いい感じ、と続けたが、何度打ち返してもエサは残ったままだ。
仕方なく、根掛かり覚悟で沈めてみた。「コンコン」と穂先をたたくので、久々に合わせてみた。ノッタノッタ・・・、しかし、よく引くが、すぐにボラだとわかった。タモ入れするのも憚ったが、しかたなく救い、バイバイしようと思っていたが、隣のオイヤン、「いいボラやんか、ほかすんか?」という。
マアね、いまどきのぼボラ、食って美味いが、小光子は、やはりあの匂いはニガテ!美味しいと言って成仏させてくれるなら、ともらってもらった。

時間は13時を過ぎた。それ以来、沈黙。なんの反応も無い。
しかたなく、やけっパッチで左サラシの奥へ遠投してみた。3回目か4回目かわからないが、殆どウキが見えなくなったときラインが走った。久々に合わせを入れた。乗った。結構抵抗する奴だ。
ホウ〜・・・・?、コンナンが釣れたのだった。
画像

しかしね、こういう釣れ方って、なんとなく納得できないのよね。ブログじゃないですよ!「フロッグ」、たまたまなんですよ!
勿論、それからも沈黙が続き、また、一苦労して徒歩し、志原の地磯を後にした。

おつかれさん・・・・・。まま、一寸休憩。スーパーによって、巻き寿司とお茶を買い、ゆっくりと遅い昼食とあいまった。

夕方のモンスターに恋をして、備えるのだ。

16時、例の磯へ行ったが前日バラした場所には先客がいた。
別のポイントは、もっと波気がないとグレはやってこない。しかし、この際仕方なし。気の早いチヌがやってくるかも知れないと、そのポイントに入った。日が暮れてからのことだった。
画像

こんなのがやってきたが、この日はモンスターは、やって来なかった。残念だがこの条件では仕方無し。
結局、マグレぐれ43CM、チヌ44CM、43CMで今回の南紀は終了となった。
マタネ・・・・・・!
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした!
小光子さんのおっしゃるとおりです!
「年はとりたくない!」ですね!(^_^;)
でも、小光子さんの体力はまだまだ若い者に負けておられませんね!普段からテニスなどして鍛えておられるからなのでしょうね(o^-’)b
見習わなければと思います!

小光子さんは、満足されてないようですが…(^_^;)
私からすれば… あっぱれな釣果であります!
良い型のグレですね!
いつかは こんなの釣ってみたいです(o^-’)b


kouji
2009/02/13 23:22
こんばんは〜
マグレグレですか!?確かに釣れたと釣ったは満足感が違いますよね…でもライン走って合わせ入れたのならOKじゃないのですか?
あまり欲張っちゃダメですよ〜〜
たっぴ
2009/02/13 23:51
小光子さんおはようございます。

冬眠中の私にはうらやましいほどの釣果です。

宮城の今日は雨、風で大荒れみたいです。
まだまだ先は長い・・・道具の手入れも飽きました
クロ菊
2009/02/14 06:58
夜勤から帰宅すると気がつけば夕方です。結構、長い時間寝てしまいました。さて1月の地磯は活性もよく「寒グレ」がよく釣れていたようですが、2月に入りグレは不調というかそろそろ「梅雨グレ」まで釣れなくなるか?と思うと淋しい限りです。それにしても南紀のモンスター君、速すぎです。まさに「秒殺」です。磯際では特に釣られないのを知って捕食します。3〜5秒の出来事で太刀打ちできないのが悲しいです。さて月末、家人は近所のサファリパークに行きます。チヌさん釣れることを祈りますが、先日の「嫌なこと」気になります。
輪島さこドン
2009/02/15 16:51
koujiさん、春風が吹きました。
このグレ、白子をイッパイ持っていましたよ!
今年も、そろそろ「寒グレ」の終わりは少し早いかも知れませんね!
撒き餌も何も撒いてないところにヤケクソで投げて釣った魚、なんとなく消化不良なんですよね〜。
小光子
2009/02/15 18:10
タッピさん、最近調子が上がってきましたね!
そうですか、欲張っていますか?
しかし、釣り人はみなそうじゃないんですか?「たまたま」には、征服感といえば少し大袈裟ですが、「してやったり・・」という満足感が無いんですよね。
いつの事か、モンスターのカタワレを・・・?
小光子
2009/02/15 18:18
 アリャ〜、クロ菊さん道具のお手入れ、そんなに入念に・・。
まだ、冬篭りから出て来れませんか・・・?
このような春一番が吹くと、この辺では、チヌはノッコ始めると思います・・・?!
小光子
2009/02/15 18:22
フフフフ、サコドンさん!「小光子釣り講座」の復習コメントですか?
そうですね。サコドンが行くときはよくあの「イカ釣りのオイヤン」が居るようですね。
小光子
2009/02/15 18:29
初日は、鯵のフライでも2日目にはきっちりグレ・チヌの40アップをゲットされ 流石ですねぇ。
それでも不満気にされるのは、例のモンスター君との対面がかなうまで続きそうそうです。
sakapon67
2009/02/16 11:30
sakaponさんこんばんは!
釣友からも、「そんのなの釣れてるのに、不満とは贅沢、エラソウ!」と言われてるのですが、ホントにそんなつもりではないんですよ!「してやったり!」のグレ・チヌは30cmでも満足ですよ。しかし、このグレ、裁いてみたらちゃんと胃袋に沖アミがかなり入っているんです。しかし、小光子の撒き餌の筋とは無関係のところで釣っているんですよ・・・?ホントの「マグレぐれ」なんですよ!トホホホホ
小光子
2009/02/16 18:27
こんばんは!

相変わらず楽しんでおられますね!その楽しみ方を僕が実践できるまで、どれくらいの年月が掛かるだろうな〜?
しかし、流石としか言いようのない釣果。モンスターも気が気じゃないでしょうね
中川
2009/02/17 19:24
中川さん、来て下さり有難うございます。
「その楽しみ方を僕が実践できるまで、どれくらいの年月が掛かるだろうな〜?」
これをどのように察すればわかりませんが、ただの釣りバカです。
 中川さんなら志原の地磯はご存知でしょうね?これから、ノッコミのチヌですね。越前はあまり知らないのですが、いいんじゃないですか?
小光子
2009/02/18 17:45
小光子さん、こんばんは。
ただの釣りバカには見えません海とか魚との会話がそこにあり、そして智恵を絞って魚と対決してる釣りキチ三平のようです。
昨今の商業化した釣りの世界とは一線を画しているように僕には見えるのです・・・。
中川
2009/02/19 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
年はとりたくない! 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる