小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 南紀のモンスターとの忘年会

<<   作成日時 : 2008/11/16 13:23   >>

トラックバック 0 / コメント 13

 いまだ姿を見せない(南紀のモンスター)も、「もう来年のお楽しみかな?」と思いながらも・・・・・?
今年はもう会えないなんて「モンスターさん、焦らし過ぎですぞ!」と、なんとか作った最後のチャンスに胸を轟かせた小光子。
新対策に、勇んで「ウフフフ」の釣行となった。
画像
(よければ左クリックで画像を大きくしてみてください)
天気は申し分ない。潮はマイポイントではかなりいい方だ。しかし、月夜はいただけない。いずれにしてもこの時期、暮れてからの短い時間が勝負だ。

新対策とは、過去の数えきれない失敗を基に、新製品メタルラインの隠れていたた欠点を補って、早く結果を出したかったこともある。

過去、この場所おける釣果は、竿1.5〜1.75号。ハリス2〜3号にて
グレ46cm、チヌ53cm、コロダイ54cm、尾長35cmが最大だ。
しかし、これまで、竿は3号、ハリスはフロロ6号まで上げても、何者かに数知れず切られてきた。
そこで、フカセ専用ライン「グレメタル」が現れた。これぞ救いの神と使ってみたが・・。

*グレメタル、確かに細くて強い、同じ号数ならフロロの数倍だろう。
*グレメタル、強いが伸びない。
*尾長の歯でも切れにくいかな?

この特性は、実際のフカセ釣りで、次のような失敗を生んだ。

&:道糸4号とメタル2号を「電車結び」で結んだが、奴が来た時、4号道糸部でキレイに 切れた。5号と「八の字結び」直結でも、やはり切られた。

&:道糸5号とサルカンにメタルラインでも、道糸側で切れた。

&:道糸6号とサルカンに5号フロロ(ショック吸収の為)とメタルライン直結。5号フロロで側でキレイに切れた。

&:道糸6号とサルカン、5号フロロとメタル直結。メタルライン側をチワワにして、チワワ部分をイシダイ釣り用のナイロン収縮チューブをかぶせ5号フロロより太くして補強(フロロを切断しないため)。フロロとメタル結節部で腰折れしないよう、細手のゴム管をかぶせる。サルカンと道糸部はヘラ釣り、鮎釣りで使う結びだ。
これが11月14日の対策仕掛だ。(使い終わった仕掛)
画像

(よければ左クリックで画像を大きくしてみてください)
*針の結びは、メタルラインにヨレが掛かりにくい「外掛け結び」。

万全にて、日が暮れてからはこのタックルを使った。他のものは食わなくていい。モンスターが食いつくなら、アタリがなくても、ひたすら待つのだ・・・。
そしてカゴ釣用3号6.3mの、がまかつロッドだ。掛けたら、根に持っていかれないようガチンコ勝負のつもり。

一日目。潮の色が悪い。黒潮が入っていないのだ。これだけは京都に居ては予測できない。やはり、30へダイ、25コッパ、20コッパ、で20時30分まで粘ったが、モンスターは現れず、輝く満月に見送られて、この日は終わった。

二日目。昨日より潮の色はマシだが、黒潮は薄い。
やはりエサトリばかりで、昼間、昨日と同様にお遊びになった。
そして夕5時から雨が・・・・。
月夜なのに雲がそれを隠している。5時を過ぎると、すでに闇がやってきた。

ヨシヨシと小光子はニンマリだ。

5時30分頃だったと思う。途端にケミが消えた、今回初めてのモンスターのアタリ。完璧の道具仕立てに自信を持って竿を立てた。

「ドスン」、「ヨ〜シ、モンスターだ」。
リールをすばやく巻き、磯際に出てタメた。奴はいつものように、力強く、重く、しかもまた、いつものように早く、左の根に走る。小光子、両手を広げて、竿を右に倒して耐える。その時。またもや、プツン
またまた、いつものように天を仰ぐが、今日は月は無く暗雲だ・・・・・・。

仕掛けを確認した。それ程、根に擦れたとは思えない。メタルラインのコーテイングは剥がれてはおらず、外掛け結びの針のチモト付近で切れている。
メタル・・・・・、確かに引っ張り強度はとてつもなく強いが、小さな結び目では強度が著しく落ちるのかも知れない。

これで切られるなら、同等のものが今夜来ても「取れないのか」と思うと、なんかやる気が無くなってきた。
そして、何の反応もなく2時間が過ぎた。
来ると思っていたが、これもいつものようにやって来た・・・・。

携帯が歌うのである。

「生きてる・・・?
その時間は忙しいから何度も「電話はして欲しくない」と言っても、頑なに電話を掛けてくるカミさんだ。89歳の父との水いらずの食事の時間なのである。
竿を片手に話していると、2時間ぶりにウキが入った。ヨーッシ、あわせた。掛かった。
とっさに電話を磯において、巻いた
画像

しかし・・・・、モンスターではなかった・・・・。ああ・・・・

3年半も寝たきりの母と89歳の父を預けて非情にも釣りに出てしまう「モンスター遊びにかまげた小光子」でも、「万が一にも事故で失ってしまったなら」と、残された自分達だけの生活を考えると、カミサン・・・・・、身震いがするのかも知れない。
フフフフフ、用の無くなった筈の小光子だと思っていたが・・・・・・・

いやいや失礼、今回、2回のチャンスでただ1回のモンスター出現だったが、またも小光子の「サル知恵」は敢え無く破られた・・・・。
決してワザと逃がしているわけではない。しかし、この楽しさをこれからも続けていくためには、モンスターを釣り上げてしまわない方が幸福なのか?と、負け惜しみを考えてしまう小光子が今ここに居る・・・。

その日夜8時半まで粘ったが、闇の中に沈黙が続き、敢え無く終わりとなった。

画像

今回は貧果に終わった。
しかし楽しい釣りだった。そして翌朝は、また青空がやってきた。デッキに洗濯物を干して、色付き始めた桜の大木の向うに、昨夜の海を眺めていた・・・。
ああ、まだ小光子を必要としている3人の家族が京都で待っている。
時間が無い、残念だが草ボウボウを放っておいて今回もモンスターに別れを告げ、京都へと向かった・・・。
画像

最後に釣友の皆さん、小光子のモンスターとの戦いに、何かアイデアがありましたら、なんでも結構、アドバイスをくれませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
またまたやられちゃいましたね。
ケプラーでのチモト補強はどうなんでしょう?
もうやってみましたか??
ゴン隊長
2008/11/16 20:00
こんばんは。
いやはや… 凄いタックルですね〜!
それでも獲れないモンスター… 恐るべしです!
南紀のモンスター退治は、来年に持ち越しでしょうか?それにしても美しい風景ですね〜(o^-’)b

kouji
2008/11/16 21:40
今回のブログ、小説タッチですごくいいわ〜。つりの仕掛けのところにドシロウトでもわかりやすいような説明と挿し絵でも載せたら、素敵なものになりそう。直木賞にでも出してみたら?
彩の風
2008/11/17 17:22
ゴン隊長、早速きていただき有難う。
そんなんです。過去に2号.3号のケプラーを買ってきて数度やってみたんです。たまたまかもわかりませんが、その時は一度も、モンスターのアタリが無かったんですよ。月に1度か2度しか行けないので、辛抱できず続けてはやれていないんです。隊長はどうですか?尾長をケプラーでやって、いい結果がでていますか?
小光子
2008/11/17 18:21
koujiさん、今晩は!
ホント、楽しんでいますが、苦しんでいます。要するにヘタなんですよ!
koujiパートナーだったら、捕れるかも・・・。前に根が張り出し、2ヒロ強の深さで、一見どう見ても釣れそうな場所ではないので、夜釣りは、イカ釣り以外は誰もやらないんですよ。
小光子
2008/11/17 18:28
彩風さんにそんなに褒められたら、なんか「こそばゆい」ですよ!
ああ、そんな単語を使っていたら直木賞なんか、とれないよな!
もう少し子供が大きくなったら、また、昔のように楽しい夜釣りに行こうね!
小光子
2008/11/17 18:32
気掛かりのご両親から離れて、束の間の南紀釣行・・お疲れさまでした。
それにしても、練りに練った頑丈仕掛け作戦を、いとも簡単にチモト切れ・・とは、アッパレ モンスター君です。う〜ん、いっその事 8〜10号通しではいかがでしょう?
sakapon67
2008/11/18 18:56
お晩でございま〜す。

モンスターは今回も見送りですか
来年が楽しみですね、正体あばいてくださいね。

エイエイ>┗|´Д`*||*´Д`|┛<オー!!
クロ菊
2008/11/18 18:57
sakaponさん、こんばんは!
そうですね。結局デカバンには、根に擦られたら10号でもプツンですね。男女では磯に到着したその夜中(2時)10号のハリスをやられましたよ。日が昇ってからわかったのですが大きな根がありました・・・。浅場での釣りは難しい。来年、10号通しでやってみますよ・・・?
小光子
2008/11/19 18:51
京都からも、おばんです!
クロ菊さん、私のやっていること、バカみたいに見えるでしょ!
来年は必ず、暴きますからね
小光子
2008/11/19 18:55
(*・ェ・*)ノ~☆オバンデス♪

うぅぅ〜燃えてる!
♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

来年に期待してますね〜
\(*⌒0⌒)bがんばって♪
クロ菊
2008/11/19 20:57
おはようございます。

モンスター凄いですね。
仕掛なんてもう、自分の中でのフカセ仕掛じゃなくなってますが・・・

楽しみは来年へ持ち越しですね
カンナ
2008/11/22 09:30
カンナさん、こんばんは1
そうですね。ホント、フカセの仕掛けではないですよね!
気がつかない間にドンドンエスカレートしてしまって・・・。
でもウキは使っています。そして手持ちの竿で釣っています。
じゃあー、どういう「釣り」としましょうか・・・・?
小光子
2008/11/22 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
南紀のモンスターとの忘年会 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる