小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪い運を嘆く無かれ!

<<   作成日時 : 2008/09/03 23:04   >>

トラックバック 0 / コメント 16

 前回釣行してから一ヶ月、早く取りに行かなくてはならない忘れ物があったのだが、なかなか家を空けられず、昨日になった。サコドンは先発して一昨日から行っているので、小光子はこの日、電車での移動。特急スーパーくろしお9:32発に乗り、12時半頃着、夕方から夜の釣りのワンチャンスに胸は弾んでいたのだが、出かける朝の驟雨は悪いサイクルをつくってしまう。

雨・・・、天気なら余裕をもって歩くのだが、傘を持っていくと必ず忘れるのでJRの駅までタクシーに乗りたい。必要な時の「タクシー」なのに、皮肉にも雨の日は順番待ちになるのだ。
そして、この日は、特に食事介護に時間がかかる。
小光子は電車に乗り遅れる可能性が出てくる。

仕方なく、傘をさして、急いで駅まで歩く。
湿度の高い京都のこの時期、雨に濡れなくても、汗に濡れて、びしょ濡れになってしまう。
全く、傘なんて無用の長物。

「このような悪いバイオリズムがあれば、また、いい時もあるのだ。愚痴は止めよう」、と気を取り直すが、汗でびしょ濡れになった衣服は特急列車の冷房に冷やされ、残暑厳しいにも関わらず、小光子は寒気にあえがなければならないのだ・・・。
ツキの無さに、「情けなさ」が頭から去らない。悪い憑神がとりついているのか・・・。

白浜に着いた。
南紀の空には豊旗雲がたなびき、透明な光が地上を包んでいた。傘は勿論不要だ。
先に行って、前日釣っていたサコドン、大した釣果はなかったようだが、南風館の雑草の中に咲いているハイビスカスのような笑顔(かなり言いすぎではあるが)で、小光子を迎えに来てくれていた。
さあ、これで、ツキがかわるかな・・・?
画像


まあまあ、この日の海はベタ凪、小光子のホームではあまり良く無い海況だ。
この場合、裏磯はダメ、表でやるしか無い、という結論を得ている小光子だが、なぜか、この日、チヌのイメージが沸いてしまい、裏磯に入った。明るいうちは、チャリコ、真ハゲのデカイの、40位のニザダイ等、決して活性は悪く無い。やはり、暗くなってからも、裏磯で粘ろうと小光子は、居座ってしまった。

 一方、サコドンは優等生、小光子のセオリーが染み付き、素直に表磯へ・・・。
釣れない途中、にわか雨、嫌気がさして、磯に座り込んだ20時半頃だったか、潮騒に微かに混ざって甲高い人の声が聞こえるような気がする・・・・?。朝からの疲れの余り、「空耳かな」っと、思って気を取り直し、またマキエを打っていたが、さらに、確かに声のようなものを波音が運んでくる・・・。「エッ、ひょっとすると」と思いタモを持って、表磯に移動した。
 あれっ!満天の星空に竿を突っ立てて、固まっているサコドンがいる。
暗い磯下を凝視してみると、なんだか、でかいお魚さんが、下の磯に打ち上げられている。
「何をやっている・・・・」。
磯に打ち上げられたお魚さんをタモで掬える筈がないではないか。勿論、ブリ揚げることも出来ない大きさのようだ。
「海へ戻せ!」という小光子の叫びに反応して、波に任せて、お魚さんは、めでたく海面に漂った。「ヨーッシ」と小光子はタモを使い、「ドシッ」と手ごたえを感じた奴の正体は・・・・・、「こんな奴」でした。
画像

勿論、ここで何度もバラシているから、普通では余り無いフカセし掛け(サコドンの仕掛は竿3号、道糸5号、ハリス6号、エサ、オキアミボイル)。だからこそだと思うが、小光子がタモを持ってやって来るまでの20分以上、磯に引きずり上げ、半分ぶら下がった状態だったのでバレなくて持ったのであろう。この異常さがなくては、オキアミボイル餌のフカセで、この魚は採れないのかも知れない。

 それで、裏磯でやる気の失せた小光子、裏から表へ移動し、すぐさま、小ぶりのコロダイを採って、釣り小屋に帰ったのでした。2人で、勿論このクエは食いきれませんでしたが、久々のご馳走になり、宴会は夜中の2時半まで続いたのでした。
そして、嬉しさの余り、サコドンは二日酔いになりました。
いいバイオリズムなのか悪いのか、わからなくなってしまった小光子の白浜釣行でした。
お、わ、り・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
フカセでそんな怪物をゲットするとは!!
恐るべしサトゴンですね。

沖磯より楽しめる白浜、いつか連れてって下さいね☆
たっぴ
2008/09/03 23:26
 サコドン、もともとバスフィッシャーマンですが小光子が磯の菌を伝染させて2年、完全に感染してしまいました。
 今は母の様子と潮を見計らって、わずかな時間をつくって釣行している状態ですが、母を安らかに、そして、幸せにおくったら、基本的に小光子はヒマなので、いつでも来て下さい、という事になります。頑張って仕事して、休みをたくさん貯めて、来て下さいね。ナギサちゃんやmurokenさんも一緒なら、なお面白いかも・・。磯でも温泉でも、観光でも、付き合いますからね・・・。
小光子
2008/09/04 17:57
小光子さん、こんばんは!
どのうようなモンスターかと思いきや・・・
南紀の地磯は何でもありですねぇ〜!そのうちクジラも釣ってしまいそうな勢いです。
サコドンさんのハイビスカスの笑顔も素晴らしい見事な獲物です。さぞや美味しいお酒が飲めたことでしょうね!久しぶりに言っちゃいますかぁ〜!

ナイスフィッ〜シュ!!!(^0^)/
muroken
2008/09/04 22:56
白浜入りする3日前、学会で横浜でした。日曜日の深夜に帰宅し、月曜日の午前中から釣りをしたい気持ちが押さえきれず、小光子より先に白浜に入りました。前日は。30センチのイサキが釣れました。しかし、モンスターは一発も…。そして小光子とともにモンスター退治に行ったあの日、50UPのイスズミに続いてクエが釣れたのでした。磯際、ケミが重く静かに沈み、合わせると重量感を感じます。だが、昨年秋、同じ場所で
地面に引っ張られて奴よりは軽く、あしらえたのですが、暗い磯際でタモ入れすることがなかなか出来ず、大声で小光子に応援を頼んだのでした。嬉しさのあまり、飲みすぎたわけでもないのですが、朝から頭痛がひどく、小光子の片付けの負担を重くしてしまいました。奴を釣り上げた嬉しさと、疲労感を感じ南紀を後にしました。片付けでは、機敏に動けず、本当に申し訳ありません。
さこドン
2008/09/05 08:35
murokenさん、こんにちは!
小光子ワールドに呼びつけてしまってスミマセン。小光子も20年弱の磯暦でクエは3匹しか釣ったことがありません。一匹は夜釣りの上物で南ハタンポがかかったのを、底物仕掛に掛けて、1分できた奴、次はクエの養殖筏の近くの筏でチヌ釣りをしていて釣った、たぶん半養殖のクエ、そして、このホームの裏磯でフカセで小さなクエ、くらいです。これにはチョト、ビックリしましたね。何度もぶち切られている奴の中に、これのお父さんが居たかもしれませんね・・。
小光子
2008/09/05 10:31
サコドンさん、もっとゆっくりできたら良かったのですが、申し訳なかったね。我が家にはまさに「涅槃像」のようなゴッドマザーが絶対権力を持っているので・・・・。 
 バラシた奴の中にはこの手のお母さんのような引き具合の奴も、過去に何度かあったから、正体の一部は見えましたな。しかし、「南紀のモンスター」の謎解きは、まだまだ、ですぞ!
小光子
2008/09/05 10:53
底物仕掛けでも滅多には捕れない"クエ"をゲットされましたねェ。 "オメデトウ御座います" モンスターの正体はクエ君でしたか〜。
良いですねェ クエ鍋もしばらく食べていないです(羨望)。。
sakapon67
2008/09/05 19:13
sakaponさん、有難うございます。小光子も長い期間に、大きくないですが、底物、筏、フカセで、それぞれ一回づつクエを釣り上げています。しかし、この場所で太仕掛を強引にひっちぎっていったモンスターは、今回釣れたもののお父さんもいたように、思いますが、前回、アテンダー2.25号を破壊したモンスターはこれとは全く違う種類のような気がします。だから、モンスターの正体の一部だけがわかっただけのようですね。フフフフ、磯釣りはロマンです。
小光子
2008/09/06 13:50
おおおおお〜やっちょりますな〜〜!!
島でもなかなかお目にかかれないお魚さんです。
最後に食ったのはいつだったのか・・?

確かに竿をへし折る突進力はアラには無さそうですね?
だとすると・・コロダイ?フエフキも居るのかな?
正体をチョッとだけ見れましたが夢は膨らみますね。
ゴン隊長
2008/09/06 15:58
サコドン、執念の一発やなー!
二日酔いするほどとは、二人で相当やったね!
お疲れさん
洛西のシン
2008/09/06 18:46
隊長、おこしやす。
コロダイはわりと沢山います。フエフキはたまに、オナガも居ますが数は少ない・・・・。さあ、なんだろう・・・?
小光子
2008/09/06 19:12
シンさん、今晩は!
そうだ、シンさんが来ていたら、人に酒を無理強いする仲間ではないので、天然クエを堪能できたのに、残念・・・・!というか、サコドンは自制して二日酔いしなかったかも・・。しかし、小光子の今の不安定な環境ではナカナカ日が合いませんよね。
小光子
2008/09/06 19:17
(*・ェ・*)ノ~☆オバンデ〜ス♪

素晴しい釣果お見事です。

クエ・・・まだ食えって食ってない・・・!?
さぞ美味しい酒宴だったでしょうね〜
うらやましいです。
クロ菊
2008/09/07 00:00
クロ菊さん、オバンデス。
ところで、クエを喰ったことが無いですか。そうですね、関西の人がキチジを食うたことがないのと同じかも知れませんね。まづは、近場で捕れないこと、そして、高価だから、という事かな。「鍋の具」ごときに、15000円/kgは、その旨さを知らない人には出費できないでしょうね。小光子でも買って食べようとは思いません。で、たぶん、画像のものは2kgをゆうに超えていると思います。
小光子
2008/09/07 17:23
珍しく電車でいったのね。雨さえなければ快適なのに。
それにしてもサコドン様やりましたね!
ショウコウシ様もはやくクエをとって彩の国に送ってください。お待ちしております。ナナコのお刺身デビューは白浜のお魚と決めておりますので。
彩の風
2008/09/11 17:33
彩風さん、ナナコの刺身デビューに白浜のクエだって?
ウレシイ事言ってくれるじゃねえか!
しかし、クエなんてソウソウ釣れるもんじゃねえ。小光子だってこの歳になってまだ3匹だ。それに最近は一ヶ月に一日釣りをするのに、かなりの工夫がいる状態だ。そんな事でナナコが刺身を食えねえなんて、カワイソウすぎるんじゃねえか?まあ、難しいことから逃げてるんじゃネエんだけど!クエはやっぱし鍋だな!
だから、ナナコの刺身デビュウはもっとウメエ奴を食わせることにするぜ!
ウフフフフ、なんで小光子は急に江戸弁になるんでしゃろ?わかりまへんなァ〜。
小光子
2008/09/11 18:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪い運を嘆く無かれ! 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる