小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 長岡京の老木

<<   作成日時 : 2008/04/04 22:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 「日和良く、花もしばし良し」・・・(小光子)。
先日テニスをしていたら、コートサイドの老木が、近い花の盛りを示している。小光子、陽気につられてラケットではなく、カメラをもってコートサイドに出かけた。
画像


 ソメイヨシノの寿命は50-100年と聞いたことがある。
しかし、桜木には500年から800年も生きている老木もあるという。
この老木、長岡京のkテニスクラブのコートサイドにある桜だ。それにしても、この幹の太さから推測して、100年ではないと思う。
勿論、平安遷都「ナクヨ(794)うぐいす平安京」と思い出すと、1200年以上も前になるから、その頃からある桜木であるはずは無い。
言える事は、人間と違って、
「桜の花は老木でも美しい」ということだね・・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長岡京の老木 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる