小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 雛祭り

<<   作成日時 : 2008/02/26 12:54   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 名古屋に所要があり、娘と菜々子(孫)が京都に帰って来た。その頃、広島の親戚であるJ家から、骨董の館(ヤカタ)「博道館」(勝手に小光子が命名しました。スミマセン)が「桃の節句にちなんで、模様替えした」ということで、陳列品の画像を送ってくれた。
偶然にも、我が姫達の帰京と一致したので、こちらでは、この画像を見て、節句を楽しんでもらうことにした。
 ここでは、いつも、生臭いものばかり見せている小光子なので、たまには文化の香りがする、古の日本女性達の「趣」に触れてもらうことが出来れば・・、と小光子が選んだ一部の画像をアップする。
わけの分かっていない小光子が、ランダムに選んだものに、博道館館主は、呆れて物も言えないかも知れないが・・・・・。

妻が選んだ陳列
画像
(館主の一言)掛け軸は館主友人による手作りの作品。黒い部分は古い喪服を切り抜き、中の白い部分は古い布を紅茶で染め、梅の絵を書き、手作りの雛人形を貼り付けたもの。
下に二つ並んでいる人形は、山陰で購入した土人形、その脇にある道具類は、旧家にあったものが骨董屋にたどり着き、それを館主が購入したもの。
逸品は、男雛の前にある小さな雛人形の置物で、これはお茶会のときに使用する香合(香合:お香を入れる道具)。


娘が選んだ掛け軸
画像
(館主の一言)この写真では、掛け軸よりも人形の方を見て欲しい。
写真左前の小さな雛人形達は、明治初期の物で、木目込み(きめこみ:粘土に布を貼り付けて作り上げる)というカテゴリーに属する。骨董価値としてはかなり値打ちもの。
右手にある道具類は全て木製で、やはり旧家で使われていた物。


小光子が選んだ陳列(金屏風の雛人形)
画像
(館主の説明)写真左手の三人官女(七体)のうち、右側の五体は明治初期の物で、着物には手縫いによる刺繍が施されている、高価な逸品。
中央部の一番背の高い雛人形は、足元に小さな犬がおり、
"珍秘"の逸品。道具類も由緒あるもので、一つずつ語れば長くなる。


以下番号をつけて小光子のピックアップしたものを紹介する。
C
画像

D
画像

E
画像

F
画像

G
画像

H
画像

I
画像


以上、博道館に展示された「雛祭」の骨董の一部でした。
画像は館長の長男が京都に送ってくれたものだが、中国故宮とは言わないが、本当に沢山ある品々のその歴史と、一つ一つに込められた館長の思いとが、おそらくご本人の染色体に整列して仕舞い込まれているのだろうが、少しずつでも、彼がそれをデータ化し整理していけば、また新たな価値を生むかも知れない、と無責任な他人事を思う小光子である。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
防府にも毛利家に伝わるお雛様の展示がこの時期に、毛利博物館の特別展として展示されます。
今時分のお雛様のように艶やかさは無いですが、気品と格調高さは特別なものです。
我が家は子供、孫とも女の子が居ない男系家族なもので、お雛様などと言う煌びやかなものは飾ったことがありません。
一度でいいから雛壇飾ってみたかったです。

ところで、ダービーHPでの男女釣行記、文才の小光子さんらい臨場感が溢れている表現で、楽しく読ませていただきました。
3月から新しく第6回チヌダービーが始まる予定ですが、今度は60のチヌ目指して、また参加してくださいね。
ひろじぃ
2008/02/27 12:41
そうですね、わたしもお邪魔した時に毛利邸を訪問しました。広いですがやはり武家の邸、質素ですが、落ち着きがありましたね!
 チヌは難しいでしね!喰ってくるパターンが色々ですものね・・。粘って釣る以外にに無い・・・・。フムムムム。
小光子
2008/02/27 19:52
桃の節句も真近に迎え、これ程の雛々の画像を有り難うございます。sakaponは骨董は さっぱりですが、G番の幼雛が何とも可愛くて魅力的です。
sakapon67
2008/02/27 20:15
こんにちは(^^)
すてきなお雛様たちですねぇ!私もそのお館に
タイムスリップしてみたいです。
私は彩の風さんの選んだ、小さな人形たちが
好いです。
紀伊子
2008/02/28 14:29
サカポンさん、こんにちは!
私も可愛くてGにしようかな、と思ったのですが、骨董としては、よく分かりませんが、新しすぎるかな?と思いました。館主に聞いておきます。
小光子
2008/02/29 12:58
彩の風はあの折り紙みたいな掛け軸が気に入ったらしいですが、紀伊子さんが選んだものは、大変高価なもののようです。
 小光子は、子供が石ころを拾ってきて、自分の宝物のように大事にするように、たわい無いものでも、大切に仕舞われて、たまに取り出して、「愛でる」という気持ちは、とても「可愛い」ように思います。小光子はズボラものですから、仕舞いませんが・・・・!
小光子
2008/02/29 13:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
雛祭り 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる