小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 落ち葉の散歩道

<<   作成日時 : 2007/11/15 12:46   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 福西公園に来ました。汚れの無い乾燥した枯葉が積もっていました。秋の空気は澄んでいますが、やはり物悲しいものです。辺りには哀愁が漂っています。
画像



「カレハヨ〜、カレハヨ-」と、音痴故、声にしないで歌いながら、近所の晩秋の道を散歩する小光子です。壮年のカップルがこんな道で「別れ話」でもしたら、「いい分かれ方ができるのになあ〜」なんて、バカな事をふと思ったりします。
画像



そんな哀愁に浸っていると、まもなく透明な陽がこぼれる鮮やかな道に出てきました。
画像

画像


陽だまりのあるバス停には誰もいませんでした。しかし、小光子は乳母車に赤ちゃんを乗せた若いお母さんが、バスを待っているかのような想像をしてしまいました。
画像


青空に燃える銀杏の並木は若い人達のエネルギーを感じます。
画像


目映いほどの色彩に圧倒され、反対に「老い」を再認識してしまう小光子が,思わずカメラを仕舞わなければならない気持ちになってしまいました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
小光子さん すてきな秋景色を有難うございます。
鑑賞の秋、感傷の秋もそろそろ晩秋を迎えました。私など老いぼれが歩くと・・"後姿が 時雨れて逝くか"・・の侘しい光景でもあります。
sakapon67
2007/11/15 14:56
 ハハハ、サカポンさん、スピード違反で検挙される人が其処まで言うのは、似合いませんよ!
 まだまだ、衝撃的な磯や川のお魚さんには未練があるのでしょ・・・・?
小光子
2007/11/15 21:22
下手なピアノで枯葉弾いてみようかな♪
うちのパパは菜々子にピアノを教えればというけれど恐れ多くてそんなことできないわ・・・。
私よりはうまくなってほしいし・・・。
彩の風
2007/11/16 10:04
時間の経つのをゆっくりと愉しんでいるつもりでも、ふと気がつくと、今年もあと一ヶ月半となりました。
青い天に向かい走る銀杏並木…とてもいい風景をありがとう。
summer breeze
2007/11/16 10:11
小光子さんもSAKAPONさんも、まだ感傷に浸るお年じゃございませんでしょう。
ただ、錦を纏ったこの自然環境に感謝せねばと、思う今日この頃なのですが・・・いかがでしょう?

「目に青葉・・・」ならぬ「目に錦・・・」の秋♪です。ハイ!
紀伊太郎
2007/11/16 11:52
彩の風さん、美しい秋の風景に浸ると、そんな気持ちになるのでしょうが、現実はそんなに甘くはないんでしょ?ピアノの鍵盤を叩こうものなら、枯葉が舞うような風がギャングの仕業で台風の風になってしまうのでは・・・・・。
小光子
2007/11/16 18:11
風博士さん、北海道からご帰還、お疲れ様。
北海道は雄大でさぞ美しかったことでしょう。
小光子
2007/11/16 18:14
 紀伊太郎さん、おいでやす。
sakaponさんはどうか分かりませんが小光子はまだまだ若い青年達とテニスを楽しめる年ですが、男って仕事をしていないとまるで世の中から必要とされていない固体だと、寂しい思いに襲われる事があるんですよ。枯葉などを踏みしめると、特にそうです。
 来週は白浜へ移動します。海で存在感を感じたいのですが、娘夫婦も含めて来客が多く、竿を振れるかどうか・・・・。
小光子
2007/11/16 19:34
ご無沙汰です。 今週は南風館ですね。
急に冬のようになり 洛西の紅葉も枯葉が増えてきました。白浜はこれからですか?
寄せてもらう予定の12月初めは遅いかな?
EGA
2007/11/21 11:01
egaさん今晩は。
今、南風館、そのとおりです。1.5ヶ月ぶりです。
現状の白浜は、まるで2月の気候で風がとても冷たく、お魚さんは釣れません。まあ、来客多く、まともに釣りに行けないこともあるのですが・・・・。
紅葉は絶対に京都が綺麗です。
小光子
2007/11/21 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
落ち葉の散歩道 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる