小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊野古道と台風磯

<<   作成日時 : 2007/10/08 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 9

埼玉から旧友夫妻(inoさん)が遊びに来た。
彼らの予定の中に熊野古道があった。
小光子夫婦、特に妻は古道の世界遺産に興味があった。しかし、釣りに気持ちが傾く小光子は、いつも古道は後回し。だから、inoさん達が来てくれる事で小光子を引っ張って行ける。
妻はご満悦だ。
 計画は滝尻王子から歩き、栗栖川まで行ってバスで戻るコースだ。
しかし、歩き始めて10分も経たない間に妻の顔は歪み、目は私を呪うかのように訴えている・・・。オブって歩ける道ではない。「知らんよ知らんよ」と小光子は言いたいのだが、この御仁、本当に最後まで持つのかと思うほど、険しい古道だ。戻るわけにも行かず、仕方無しに、途中で拾った曲がりくねった古木を杖に歩く妻は、まるで「魔法使いのバアサン」だ。しかし、なんとか2時間あまりを歩きとおし、目的地に着いて、この取り組みを終えた。
画像

 バスに乗って、乗りあった熊野古道の住人の話を聞くと、この区間、誰が選んだのか、短いが、かなりキツイ区間だったそうだ。フフフフ、可哀相に・・・。
 その後、小光子氏お奨めの、手長えび、モズク蟹、天然鮎、天然子持ち鮎をいただくために、さる民宿へご案内した。体力のあるinoさん達はとても、元気で、沢山食べてくれた。

画像
画像
画像

そして、あくる朝の本日、彼らは関東へ帰った。お疲れ様

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
熊野古道…遥かな道程。熊野の森道に、異次元世界を感じたと言う人が多いようですが、思わず両手を合わせたくなるようなイメージが湧いてきます。それにしても、皆さんご健脚だなあ。

荒天や魚をめぐって夜もすがら (風)
summer breeze
2007/10/10 09:13
熊野古道は、私たちも何時かは
行ってみたいと思っている所です。
でも、それまでにトレーニングを
しなくては。。。(><)
紀伊子
2007/10/12 09:24
紀伊子さん、今晩は!
いや、元バスケ部なら、大丈夫ですよ!
私たちが、歩いた滝尻王子のコースは、かなりキツイコースだそうですが、虚弱体質の家内でも、私のせいにしながらも、なんとか、歩けたのですから!
小光子
2007/10/12 20:50
summer breezeさん、おはようございます。
そうですよ。特にINOさんの奥方は一番の健脚ですぞ!熊野古道をゆっくり行くと、君ならきっと、多くの句を作るでしょう。
小光子
2007/10/13 10:42
先週、テニス急遽欠席されましたが、さすが小公子さんですね。ご友人への面倒見がいつもながら良すぎて、奥さんが拗ねているのではと心配していましたが、熊野古道、釣り、テニスなどでしっかりフォローされていますね! 安心しました。
EGA
2007/10/15 10:10
Egaさん、心配有難うございます。
いつも、楽しくやる事を念頭に暮らしております。
それは、貴方も同じだと思いますので、これからもよろしく、お願いします。
小光子
2007/10/15 17:56
 熊野古道、我が愛妻の実家はまさに熊野古道の直近、古道沿いといってもいい場所にあります。

 3年ほど前に他界した彼女の父は、その部落の「熊野古道を世界遺産にしよう」運動みたいなのの代表者みたいな役割を担っており、その村落における村起こし的な催し事の準備や、テレビの取材の電話応対など、えらく頑張ってみえました。

で、私や妻は、その古道に行ったことがあるのか?というと未だ無しです^^;親不孝も甚だしい・・・

いつか、気候のいいときに是非、少しくらいは歩いてみたいとは思ってみるものの・・・なかなか、行く気にはなれないもんですね^^

でも、上の写真!特にズガニは・・・う〜ん海老も、あ〜鮎も・・・三つ全部、すんごく美味しそうです♪
食い意地の張った私としては、是非とも所在地、教えていただきたいものです〜
ちゅんぽい
2007/10/17 18:00
チュンポイさん、今晩は!
ここの民宿の夫婦、とても自然でいいんですよ!
お父さんは「はにかみ屋」、この人のことを「ハニカミ王子」と言っていいくらいです。鮎釣り師の民宿です。小光子は鮎は今はやっていないんですが、機会あって訪問しました。場所は日置川の上流、殿山ダムの近くです。ここは民宿「殿山」というんですが、この集落に5件が生活していて、今は全てが殿山さんらしいです。(0739-54-0263)京都の小澤でわかります。とても景色いいところですよ。この時期なら、いっておけば、まだ、その朝、ハニカミ王子が鮎を捕りに行って、食べさせてくれます。もう少し、寒くなれば猪獅です。
小光子
2007/10/17 21:46
御教授、ありがとうございます!

チャンスを見つけて行ってみようと思います。

猪は何年か前に妻の実家で御馳走になったきりです。
寒い冬には風情があっていいですね^^
ちゅんぽい
2007/10/20 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
熊野古道と台風磯 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる