小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジ釣行第4部(月下美人)

<<   作成日時 : 2007/10/01 19:01   >>

トラックバック 0 / コメント 21

リベンジ釣行第4部(月下美人)
賑やかな2人の晩餐で一夜が明けた。まだ、幻の巨魚の正体は、いまだ見ていない。
遅い時間からの晩餐だった事と、輪島サコドン殿、8号ハリスでの綱引き、生まれて初めての海の巨魚の洗礼を受けた興奮もあり、ひどい夜更かしになった。7時の起床でもかなりの寝不足だ。
しかし、サコドン殿は若い。元気だ。本日も昨日と同じパターン、小光子は夜釣りメーンでやるつもりであったが、彼はどうしても、どこかで竿を出したいようだ。それじゃ、ということで昼までの2時間ほど、波止にて延べ竿で、座って浮き釣りをすることにした。それで高まった心は静まるであろう。大したものは釣れなかったが輪島サコドンの1号6.3mの細い延べ竿にソウダカツオがかかった。暴れまくったが、さすがヘラ釣り師、この手の竿さばきは、なかなか上手い。難なく釣り上げて昼食の刺身となった。すぐに食べるんだから、また、これは旨い。
 2時半まで休憩して2日目は、3時にまた、昨日と同じ裏磯に上がった。昨日よりも天気はいいが風は少し強く、海にうねりがある。潮の状態はあまり変わらない。昨日と同じように釣ったが昼間は小魚ばかりで目だった釣果は無い。昨日、賑やかに騒ぎ過ぎたのであろうか。
 サコドン君、昨日の綱引きの悔しさが募り、今日はタックルを変更して、さらにエスカレートさせた。小光子の磯竿5号を貸し、ハリスは8号のまま、道糸8号を使い、環付きのウキを使う事にした。夜になると、さらにウネリが大きくなった為、小光子は彼にウキを3Bに変更させ、大きい目のガン玉を打ってあげた。小光子のタックルは昨日と同じである。
 天気は昨日よりも良く、月はさらに明るい。大きなうねりの為か仕掛けがなかなか、なじまない。ウキを沈めたり、ガン球を2段打ちしたりするが、めぼしいアタリは無い。釣りは、なかなかままならないものだ。いつもそこに魚は待っていてくれない。やはり、小光子のリベンジ釣行も来年まで楽しみを残すのか・・・・・。半ば諦めぎみで小光子はウキを外し、磯際を探る釣りをした。そのころ輪島サコドンも半ば諦め気味で磯に座り込み、磯際にウキを流していた。俄かに、サコドンにアタリがきた。慌てて立ち上がろうとするも、またもバタついている。ラインがふけて出ているし、慌ててリールを巻けていないので、「後ろへ下がれ!」小光子は声をかけた。その通り、下がったのだが、思ったよりも簡単に奴は浮いてきた。暗い磯際、しかも5mのタモでぎりぎり届く高さ、うまくタモ入れ出来ない。しかし、目を凝らすと、すでに水面から釣り上げられ、ブラブラと釣り下がっている。この時点でも、魚は何かわからないが、コレはブリ揚げた方がいい、と判断し、小光子はタモを置いて、輪島サコドンの竿を渡してもらった。選手交代である。そして、反動をつけ「オリヤ〜!」とブリ揚げた。急いでで光を当てた。なんとなんと、アンビリーバブル、これこそ「月下美人」、黒鯛姫である。これも小光子の新しい経験だった。8号ハリスで磯へぶり揚げてチヌを釣った人っているのだろうか・・・・?彼女、測定したら51cm。輪島サコドン、今まで30cmまでのチヌしか釣った事がないのに、一挙に50オーバーだ。しかし、サコドン流石に釣り師、この仕掛けでチヌ・・・・!、何故か恥ずかしそうに話す。
画像

そして、この出来事にはまだ、オマケがあった。
「アアッ!」っとサコドンの悲鳴。小光子も「なんなの?」と驚いて、近寄った。すると、どうしたのかサコドンの右手が血塗られている。「どうした!」と小光子が叫んだ。「噛まれた」とサコドンが言う。「ナニっ?」っと我が目を疑ったが、ベットリ血塗られた手のひらの指先にクッキリとした歯型がある。磯にブリ揚げたチヌのハリを外すため、手を近づけた際に姫が噛みついたらしい・・・・。
信じられないが、本当だ。歯型が証明している。この月下美人、なんと気の強い姫だ。
画像

その後、残念な事に、何のお魚さんも釣れずに、この釣行は終わりを告げた。
結局、小光子は昼間コロダイの53cm以下のお魚釣りに終わり、「夜の巨魚」の姿を見ることの無いまま、今年の夜釣りを終える事になった。
巨魚君、来年、きっと会おう・・・・!
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
(*゚ー゚)vオハヨウゴザイマス♪

第4部まで一気に読ませてもらいました、
すばらしい釣果、そしていろんな出来事、夕食時には美味しい魚、楽しい食事にお酒、寝不足になるのはわかります、私も居たらひどい二日酔いになってるかもしれませんアハ!
クロ菊
2007/10/02 08:45
すごい収穫! 南風館始まって以来ですか?
それにつけても輪島サコゴン殿は破格ですね。
噛み付いた姫の気持ちがよくわかります。
ロマンテニスの面々もあやかりたい。
気合が足りない? 11月下旬またご指導のほど・・・
EGA
2007/10/02 09:20
スゴイ!美味しそう〜!!
仕掛けとかは、よくわからないですが
興奮して読みました!(^^)V
紀伊子
2007/10/02 09:44
秋チヌは深場も泳ぎまくって元気一杯です。でも 噛み付かれたことは一度もないです。それにしても、大物狙いの夜釣りはよく聞きますが、お連れさん共々2日がかりでの太公望・・おめでとう御座います。
sakapon67
2007/10/02 21:33
クロ菊さん、いらっしゃい!
そうなんです。小光子も強くないのにお酒が好きで、楽しい人がいると、ついつい飲んでしまいます。特に最近、歳のせいか、ブラックアウトしている時間帯もありますが、周りには知られていません。
小光子
2007/10/02 21:48
EGAさん、オコシヤス。
輪島サコドン、お魚釣りはたぶん、テニスよりも好きですね。
皆さんも、また、来られたときには、海と戯れて、楽しんでいただきたい、と思います。しかし、勿論のことでしょうが、小光子の言う事など、真面目に聞かれないことが多いので、危険、破損、等あり、一度に多くの人を磯に連れて行くことには、かなり腰が引けます。
小光子
2007/10/02 21:56
紀伊子さん、今晩は。
長ったらしくて、ウザイ長編に付き合ってくれて、誠に申し分けありません。しかし、今回、輪島サコドンが、ありえないようないろんな事をしてくれたので、語らずにはいられませんでした。
小光子
2007/10/02 21:58
サカポンさんは、経験豊富の釣り人と思っていますが、8号のハリスで50オーバーのチヌが喰うなんて、経験したこと、ありますか?グレならわかりますが・・・。また、それを荒っぽくも、ブリ揚げて釣るなんて・・・。私の今までのチヌ釣感が変わる出来事でした?まあね、私も、噛まれたことはありません。
ちなみに、小光子は彼に「電車結び」を教えたのですが、どうも、それではなく、バスの結び方でやっていたようです。
そして、この場所、底が見えるくらい浅いので、潮があげた時に喰うんです。その傾向は顕著です。
ここ数年、小光子は南紀の浅場を注視しているくらいです。
小光子
2007/10/02 22:11
8号ハリスをブチギル、モンスター
何でしょうね?ヒジョーに気になります。
リベンジ頑張ってくださいね!
チヌに噛まれましたか。イタソー
私はグレのえらで指を切ったのは何度もありますが、噛まれたことはないです。
指で外す時は気をつけたいですね。
グレ次郎
2007/10/04 14:16
グレ次郎さん、今晩は!
そうですね、グレのえらは良く切れますね。
しかし、輪島サコドン、面白い事、やってくれるでしょう?モンスターの正体を突き止めたいんですが、これからの季節の夜釣りで、このモンスターは現れるかな?
 どうも最後の日のサコドンのチヌが、終わりを告げているような気がします。
小光子
2007/10/04 19:59
一気読みしました。
なんでもありの凄い磯ですね。
以前、大物をバラした磯に一週間通って自分の仕掛けを口に付けたフエダイを釣り上げた友人がいましたが、2時間は初めて聞きました。

やはり、釣りにはドラマがありますね
カンナ
2007/10/04 21:40
カンナさん、面白いでしょ!
また、チヌは用心深い魚と今も思っています。
しかし、8号ハリスに食いついたチヌは一度も見たことがありません。投げ込みなんかでは8号ハリスを使いますから・・・・。ほんと、面白いですね。
小光子
2007/10/04 22:16
私は輪島のさこドンです。初めまして。チヌに噛まれた指先の傷口が少しずつ癒えてきました。あなたが噛んだ小指が痛い♪なんていう歌がありましたが、チヌに噛まれたのは俺だけかもしれない。輪島のさこドンは普段、老人病院で音楽療法士をしています。チヌに噛まれたおかげでピアノを弾けない状態もまた面白い。しかし、磯に引きずりこまれそうになったのは初体験でした。また磯釣りをしたくて仕方ありません。
さて今夜もビールを飲みながらあの夜の出来事を思い出します。
初めて見つけた恋の喜びではなく
初めて見つけた磯の喜び♪

次回は作詞・作曲をさこドンが手がけ、歌を作ってみようかな?あ〜巨魚の姿を見たい 
そんな夜だった。輪島のさこドンより
輪島のさこドン
2007/10/05 07:32
輪島サコどんさん、良く小光子のブログにいらっしゃいました。
ぜひ、この南紀をイメージして下さって、作詞・作曲をして下さい。今度来たときにはさらにいい曲が出来る、サコドんの心に沁みる夜空を見せてあげますよ!
小光子
2007/10/05 20:54
何時もながら見事な釣果ですね。
コロダイといい、チヌといい50オーバーばかり。
オマケにクロもしっかり釣ってる。
南紀の磯はすばらしいですね。
小生も、東京時代は良く伊豆の磯巡りしましたが、それに匹敵、いや勝る磯ですね。
瀬戸内ではとてもこんな釣果は期待できません。
この時期に期待できるものと言えば、夜釣りのチヌぐらいですかね〜。
日本海側では、青物の回遊が始まり、ヒラマサやカンパチ、ブリといったスプリンターの走りに沸いている磯もあるようです。
こちらにこられた折には、釣り物によって瀬戸内、日本海とどちらの釣りも出来ますから、楽しみにしてください。
ひろじぃ
2007/10/05 20:56
輪島サコどんさん、おひさしぶり!
本当にあなたはついてますねえ・・・。
わたしはショウコウシの金魚のフンとして10年ほど釣行をともにしましたが、チヌは夜釣りの33センチが最大です。
まあ、やる気の問題でしょうが・・・。
私のブログにも来て下さいな。
んで、奥さんにも見てもらってくださいね。
では!
彩の風
2007/10/06 11:47
ひろじいさん、おいでやす!南紀の磯は・と言ってくださいますが、来られて実際にご覧になれば、「ええ〜、こんなところで?」と首をかしげるようななんでもない磯なんですよ。小光子も過去は渡船で、いかにも釣れそうなところに、あちこち行きましたが、この地磯に行くようになってから、ふらふらと歩いていける気軽さから、まったく渡船を使わなくなりました。でも、どうみても、そんなに釣れそうには見えないのです。家内の貝拾いに付き合っ見つけたところですから。
 また、本当に格好をつけるつもりはないのですが、釣り(釣りの行為)が好きなだけですから、小光子はそんなに釣れなくてもかまわないのです。少し釣れて楽しくやれれば・・・。
小光子
2007/10/08 12:55
こんにちは。
お邪魔します。秋になって”大殺界”(細木流?)に入ってしまったかのような釣り人です(笑)
何か釣りを満喫して、非常に楽しんでおられるようで
羨ましいかぎりです。
私もチヌの夜釣りに誘われているんですが、波に非常に弱い地磯なので・・・今年は無理かも。
小光子さん、少しだけいい運分けてください(笑)
夢釣り人
2007/10/08 14:48
防府への釣行、お待ちしていますが、その前にお願いがあります。
私のHPからこちらのブログにリンクを張らせていただきたいと思っておりますが、いかがなものでしょう。
もしよろしければ、230×70程度のバナー画像があれば、それを使ってリンクを張りたいと思っております。
出来たばかりのHPでリンクも少なく内容も乏しいので、ぜひご協力いただければ幸いです。
ひろじぃ
2007/10/08 22:58
夢釣り人サン今晩は!そうですね、最近、成績がいいですね!
 でも、釣れても釣れなくても、一人でも数人でも、また難儀な妻と二人でも、釣りをしている時はいつでも楽しい小光子です。
 そうですね、日本海はこれからますます海が荒れ、釣りが出来にくくなりますね。しかし、そういう時、釣りが出来るところで、結構釣れるんですよね。ご存知かも知れませんが、今頃、チヌだったら、ひどく海が荒れて釣りなどとても出来そうに無い時、久美浜の外海と内海を繋ぐ水道では、かなりの確率でチヌが釣れますよ。凄く潮が早いので、釣り方は少し難しいですが・・・・。
小光子
2007/10/08 23:58
ひろじいさん、今晩は!
こんなガサツなブログで良かったら、いつでもリンクOKですよ!
ちょっと、格調を上げなくてはいけませんかね!
小光子
2007/10/09 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジ釣行第4部(月下美人) 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる