小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣れない、楽しい夜釣り!

<<   作成日時 : 2007/09/12 23:36   >>

トラックバック 0 / コメント 13

画像
2007.09.12
今晩は、一日おいて小光子は今夜も登場します。
陶芸家の友人は急用ができ、明日来ることになりました。
小光子は、また、一人でお墓のある磯に行きました。16時到着です。
背の高い入道雲が水平線の上に衝立となっていましたが、空はもう秋模様。

17時45分に海面に西陽が流れ、殆ど見えなくなったウキが無くなったように思い、そっと聞いてみると、強い手ごたえ、よしっ、と竿を立てると、竿が曲がりギユ〜ウンと糸鳴り、必死に巻いて、3分ほど溜めたが、プッスウ〜。ハリスザラザラ、根ズレ。
それから、18時30分頃、今度は光拡散のあたり、竿を立てるとこれも重い、が30秒でプッツ。なんで!
またまた、すぐに来たがこれもプッツ。どちらも鋭利に切れている。
少し時間が経ち、かなり手前に仕掛けを入れていた20時前だった、ハリスを3.5号に結び変えた直後、ケミホタルの光を拡散しながら、沖へゆっくりとウキを引きずった。シメタ!。
竿を立てたが、さほど足は速くないのだが凄い重量感だ。渾身のタメで竿を両手で持った。しかし、そんなの、なんのその、躊躇無しに姿の無いお魚さんは沖へ行く。根ズレは困る、負けないと心に決めている。ウ〜ン、竿が折れるウ。その瞬間、強い緊張から矢が放たれたように、ウキが手前に飛んできた。またもバラシ、3.5号のハリスと4号の道糸の直結結びのところでブレイク、ケミホタルとともにウキは流れていった。もう、これはふかせの道具では到底取れそうも無い代物と感じた。諦めがつく。それから、でかいボラを荒っぽく釣りあげて、今夜は納竿となった。お土産のない釣行となったが、大満足の夜釣りとなった。
・竿   =がま磯グレSPECIAL G−Tune 1.75-5.3
・道糸  =4号
・ハリス =グランドマックス3.5号
・ハリ  =がま磯 尾長グレ(スレ)8号
お魚さんの画像が無いので、小光子の今夜のハートのような庭の真紅のハイビスカスをご披露します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!魚とやり取りしてる状況がうかんできます。
相手は姿が見えないのでグレかコロダイですか?
残念でしたね〜

今度は釣り上げて正体見せてください。
クロ菊
2007/09/13 11:23
う〜ん、やっぱりそちらの磯はすごい。
羨ましい。
想像するに、始めのバラシはグレ、最後はコロダイでしょうかね〜。
3.5号のハリスをぶち切る大物に出会ってみたい。
こちらでは、2号はリスをぶち切るのは青物を除けば、60のチヌか、コブダイ位です。
何でも1.5号までで十分(苦笑)
2号以上のハリスなんて持ち歩いたことが在りません。

話し変わりますが、10月から私の参加しているサイト(釣り仲間の集まる○○ダービー)で、10月から秋冬のネット上でのロングラン釣り大会が始まります。
年2回開催で、今回で5回目になるのですが参加してみませんか??
参加資格は、キザクラのウキを使った釣りであれば全国どこからでも参加できます。
親睦釣り大会等も催していますので、よろしかったら参加いかがでしょうか?
ひろじぃ
2007/09/13 13:02
小光子さん 連日の大物バラシ・・残念ですね。男女でもそうですが、夜釣りは 竿4〜5号、道糸10号でも食います。思いきって太仕掛けでチャレンジされたらいかがです?
sakapon67
2007/09/13 22:13
SAKAPONさん、助言ありがとうございます。
同じ失敗を何度も繰り返さないで、発想を変えないといけませんね!次回それでやって見ます。
この地域なんですが、私は冬場のグレ、春から6月まで、荒れた時のチヌ場として、主に昼間のポイントとして通っており、この夏から、地域は同じなのですが違うポイントで夜釣りをやってみました。それがこの状態なんです。7月中旬に1晩、今回2晩目の釣行だったのです。作晩は来客があり、2時間ほど(19時まで)しかできなかったのですが、ハリス切れ(鋭利に切れる)があるので、4.5号のケプラーを使ってみたのですが、たまたまでしょうが食いませんでした。これも1回であきらめてはいけませんね。
小光子
2007/09/14 09:43
sakaponさん続きです。(500字以内なので)
今回は明日京都へ帰らなくてはならず、今日は日置川の市鹿野の友人が大ウナギを採ったらしく、夕食に招待されています。本当は最後の日、私はこのチャンスに、もう一度、sakaponさんの助言でチャレンジしたいのですが、友達の好意、妻の遊びも、無にできないこともあり、涙ながら、次回に回します。多分、ハリスを鋭利に切る奴は尾長グレ、綱引きはコロダイかタマミだと思うのですが、次回まで、そこに留まっていてくれるだろうか・・・・。
小光子
2007/09/14 09:45
小光子さん、連れなくて残念ね。
でも、ハイビスカス、綺麗...。
私が東京からもっていったやつも咲いてる???

こちらの菜花はつかまり立ちしそうです。
サカポンさんもブログに来ていただいたみたいなのでそろそろ彼女のブログを更新しようかな。
ではまた。
彩の風
2007/09/14 23:43
姿が見えなくても、ワクワクドキドキさせてもらいました。う〜〜ん残念!
でも、これがあるから釣りは止められませんねぇ〜。
しかも、南紀での夜釣りとくれば!!

なんか急に行きたくなってきました。(笑)
紀伊 太郎
2007/09/17 17:28
紀伊太郎さん、オコシヤス。
2晩と2時間程、やりましたが、この始末。何年やっても、下手は治りませんね!
モ一度、イシダイ竿のウキフカセでやりたかったのでですが、まあ、楽しみは残しておくことにしました。
最近、通っている場所は、渡船利用しているものなら、「なんだこんなところ」と思うような処なんですよ。ど〜ん、と外海に面していて、向かいはサンフランシスコなんですけど、全般的に浅いからです。また、この夜釣りの場所は、前に大きなゴロタ石が入っているので、奴ら、安心して喰ってくるんですよ。
紀東の磯と比べると、なんか軽い感じがしますね。
遊びに来るつもりなら、時間さえ会えば案内しますよ!
小光子
2007/09/17 23:11
クロ菊さん、今晩は!
クロ菊さんに正体を明かそう、と思っていたのですが、今回はブログUPの2晩しか、釣行のチャンスがなく、納得の行く釣果は得られませんでしたが楽しかったです。たぶん、正体は1種類は尾長グレ、2種類目はコロダイの60CM以上、かタマミの55以上だと思います。あの磯の状況、小光子の技術、タックル、を総合しての判断です。次回は発想を変えてやって見ます。
小光子
2007/09/18 18:14
小光子さん、こんばんは。
先日は、ブログにコメントありがとうございました。
日本海の釣れない底物師です。(わかるかな?)
夜釣りですか。僕も昔、渡船で通しの夜釣りやってました。大物のバラシどころか、アジまみれでしたが。
今や、そんな根性も気力もありませんが・・・
やはり太平洋は、魅力的だなぁと読んでいてつくづく思いました。大物仕留めてください。期待してます。
夢釣り人
2007/09/18 21:44
あら、今晩は。
ちょうどパソコンを触っているところに、コメントが入ってきました。
 分かりますよ、夢釣り人さん。次に行っても、もうお魚さんは留まってはいないでしょうけど、今度はとりあえず、考え方をかえて、力任せに引き抜こうと、思っています。
大仕掛けでは喰わないかも知れませんが、その不安に負けないように小光子の心に決めています。

その釣り場、外洋に面していて、向かいはサンフランシスコなんですが
全体に浅く、手前に大きなゴロタ石があるのです。
浮き下はたった2ヒロの浅場なんです。バカみたいな釣り場なん
ですよ・・・・。
小光子
2007/09/18 22:09
彩の風さん、おはよう!またブログUPしてください。
残念ですが彩の風さんが運んできたハイビスカスは渇水のためか枯れてしまいました。サカポンさんは鮎釣り狂人、磯釣り名人のようです。たぶん、菜花のようなお孫さんがいらっしゃるのでしょうか。
小光子
2007/09/22 10:31
明日はヒラメ釣りです。
これから寝ます(笑)

釣果お楽しみに〜〜〜\(*⌒0⌒)bがんばっ♪
クロ菊
2007/09/22 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
釣れない、楽しい夜釣り! 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる