小光子の心

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の夜の涼(下)

<<   作成日時 : 2007/07/25 15:17   >>

トラックバック 0 / コメント 14

(続き)
この日は夕方6時に磯にあがり9時頃までやるつもりであった。しかし、9時に奴(コロダイ)がやってきた。コロダイとしては少し小さめなので、欲が出て、釣りを続けた(ちなみに小光子は納得できるのが釣れると比較的すぐに帰る)。空をみ見上げると雲は多くなったものの下弦の月が下半分ほどで小光子を照らしている。低気圧は強くないようだ。9時20分頃に、また何かが竿を絞った。5mのタモでギリギリ届く距離では、魚体は定かに見えず飛沫だけを頼りにタモ入れする。磯に上げてみると、こんな時刻にはめずらしい口太グレだ。35cmかな。まだ物足りない。あまり時刻が遅くなると、この日の満潮は10時を過ぎたころ。低気圧と重なると小光子の道といえど靴を濡らさなくてはならなくなる。しかし、その日は海も穏やか。そして、なによりも、久しぶりの夜釣り、釣れそうな気がする。まだ、粘った。10時までやったが、25cm位のイサキが来た時点でケジメをつけることにした。その日の夜の釣りはいつもの事だがこの広い大きな磯に、小光子一人のようだ。道具を片付けて岐路につき、靴を濡らす道に来た時に、この眼を疑った。
画像

いつもと様子が違う。波は無いので下弦の月半分で水際の地形は良く見えるし、帰り道用のヘッドライトで浅い底は見える。しかし、道を間違えたかと思うほど、海水がきている。なぜだろうか・・、と少し躊躇していたが、おそらく先日の台風の荒れで地形が変わったか、異常に潮が高いのかも知れない。仕方がない。蒸し熱い夏の夜のことだ。少し下半身を冷やして行こう。財布をポケットから出してバッカンに入れ、それを浮かせて海水にゆっくりと足を入れた。深さは小光子の足の長さいっぱいまであった。夏といえども、やはり体温よりはるかに低い海水は気持ちが良い。夏の夜の涼である
 しばらく涼を楽しんでから、ずぶ濡れのまま広い砂利浜を歩き、月明かりも差し込まない森を抜け、昼間は明るいが、夜はやはり闇の墓地に出る。そして小光子はいつも、墓地の中心部にある水を使わせてもらい、生臭い手を綺麗に洗うのだ。この日も道具を置き、水を使った。と、その時、水音にまじって、「カタカタカタッ」と音がしたような気がする。?さすがに通い馴れ、想像力の乏しくなってしまった小光子でも、この状況では、やはり「ギクッ」とする。真夜中の誰もいない筈の真っ暗な墓地の中での事だ。音の方向に眼を向けても、暗くて良く見えない・・。
その時、ふと、俄かに吹いてきた微かな風を背中に感じた。ヘッドライトの焦点を合わせて、さらに音の方向を見ると、風の通り道にある墓なのだろう、墓の塔婆が揺れて、、「カタカタカタッ」と音を出している。少し涼しくなった背筋、にわかに吹いた風に濡れた下半身も、これまた涼しく、まさに、夏の夜の涼となった。墓地の精霊が蒸し暑い夏の日に、乾いた声で「さようなら、また来いよ!」と言ってくれたような気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
若干、背筋がゾクッとしてますが今日の暑さを和らげていただきました。(笑)
楽しい地磯釣行でしたねぇ!
しかし、帰りは・・・(恐)です。
紀伊太郎
2007/07/25 17:32
久々に「小光子ワールド」を訪れました。当地の気温、現在36度です。緑陰で昼寝をしたくなります。なんとも涼しげなお話をありがとう。
summer breeze
2007/07/26 10:35
紀伊太郎さん、今晩は!仲の良いご夫婦のようで、微笑ましくあり、気楽にコメントを入れたくなります。小光子の話は、どうも長くてダメなのは分かっています。分かっているのですが、ついつい、伝えたい事が多くて、いまだこの歳になっても自分を制御できないでいるのです
小光子
2007/07/26 21:24
小光子さん 出遅れsakaponで 申し訳ないです
この時期にしての絶好釣 おめでとう御座います。
南紀の滅多に出向かない特別な、お得意地磯のご投稿とイメージしました。
耐暑修行に近い今の時期の磯、夜釣りは賢い選択で何処か幻想的な釣り風景ですね。
sakaponは夜釣行の覚えが無いので、より興味をもって拝見しました。で 腕もあるのでしょうが、釣果も昼よりはずっといいように思えます。未経験ですので その食わせっぷりなどもまたアップお願いします。

sakapon67
2007/07/26 22:06
昨日テレビで世界の怖いお化け屋敷ナンバースリーを放送していた。もちろんナンバー1は日本のもので人が人を怖がらせるものだったが、ナンバー2のイギリスのものは、実際に起こった悲惨な殺人事件の現場や、過去に行われた過酷な死刑の現場等の再現をしたものだった。
どこの国でも、生身の人間が一番怖いということか・・・。

釣りの話にもどると、私は女だから夜釣りだとこっそりトイレができるところがいいかも・・・。
彩の風
2007/07/27 09:35
sakaponさん、梶加にはよく行かれるようなのに「通し」は、なさらなかったのですか?
今の時期は昼間はエサトリがひどくて釣りにくいのに比べて、夜はかなり、エサトリがマシになる。これが利点でしょうか。それでも南ハタンポなどのエサトリは厄介ですが・・・・。また、釣れるお魚さんが違うのでこれもまた、楽しい。しかし、これから、チョット釣りにいけないかも・・。
小光子
2007/07/28 11:50
summer breezeさん、疲れているようですね。風博士は秋の風が恋しくなっているのでしょうか・
小光子
2007/07/28 11:59
彩の風さん、想像力の豊かな人は架空のものを恐れる。現実注視方は人間が恐い。しかし、どちらの人も「暗闇は恐い」。それは、つまり、良く分からないことは「恐い」と言う事でしょう。となると、分かりやすい小光子は恐くないですね!
小光子
2007/07/28 12:02
小光子さん、訪問ありがとうございます。
私はイシガキ鯛初めて釣りましたが、同じ場所で釣ってる人はいるみたいです、さっそく釣友に話したら、以前に釣ったことがあるそうです、数は居ないようですがこれからいつもより太い仕掛けにすると言ってました。
クロ菊
2007/07/29 13:18
何時もながら良い釣果出されていますよね。
うらやましい限りです。

台風や海荒れで海底や磯の地形が変わることは良くあることですが、夏でよかったですね。
冬なら凍死ものでしたよ。
しかし、通い道が墓地とは・・・
ひんやりとした海水で体を冷やし、墓地の異音で肝を冷やし、夏の暑さもどこかへ吹き飛びましたね。

こちらの波止や磯は夏休み状態。
私も釣りは休み状態・・・というより行けない日々です。
ひろじぃ
2007/07/29 17:28
ハハハハ、ひろじいさん今晩は!
小光子はいつもバカばかりやっています。
また、夏の夜のお魚さんと会いに行きたいと思っているのですが、いついけるやら・・・・?
小光子
2007/07/29 22:05
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
いつも訪問ありがとうございます。

この前聞いた話ですが、イシガキ鯛は大きいのは居ないようです、28cmの釣った人がいるそうですが、黒鯛の40cmオーバーと思ったそうです、今いるのは幼魚でこれから南に下っていくんですかね、最近は黒鯛も一休み、釣り場であがっても1〜2枚。黒師はフカセから落とし込み沢山居ます、その他ルアー、根魚の人、散歩の人等たくさんおり、なかなか本命とめぐり会えません。オオガイは沢山居ます(笑)
何かの機会に来られるときはご連絡下さい。
お待ちしてます。
クロ菊
2007/07/31 21:54
すみません仕掛けですが、落とし込みでは1号。テトラ前打ちでは2号ハリスはそれしか用意してません、どちらもグランドマックスです、落とし込みで1号切られたらその時はかなりの大物でしょうね。
☆) ̄Σ ̄) グハッ!!ってなりそう。
クロ菊
2007/07/31 22:00
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
小光子さん、好きだな〜(笑)
実はこの前のブログは私も作成してるうちに酔っ払って寝てしまい。起きたときは翌日になってたため、日付を入れたんです〜(笑)
ハリスですね、実はあの時1回良い手ごたえがあって、ハリス切れがありました、餌のカニが無くなってきたので、半分付けて釣ってたので飲み込ませたのか?良い手ごたえでハリス切れになったので、1.5号の仕掛けにしようと思ってました。ただ気になるのは満潮時間に釣れるので潮時が変わった今後どうなるか・・・・?
イシガキ鯛の型も良くなってきたので、色々釣方考えます。アドバイスありがとうございます。
でも、本命の黒鯛も釣りたいですね。
クロ菊
2007/08/07 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の夜の涼(下) 小光子の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる